知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:ポップス


      カレン・アン・カーペンター(Karen Anne Carpenter、1950年3月2 - 1983年2月4)は、カーペンターズのヴォーカリスト、ドラマー。声種はアルトで、3オクター声域を持っていた。彼女美しさについては、ビートルズのジョン・レノンやポール・マッカートニーをはじめとした一流アーティストたちも絶賛している。
      14キロバイト (1,933 語) - 2022年4月20日 (水) 10:08


      「カーペンターズ」が所属する日本のレコード会社・ユニバーサルミュージック合同会社が制定。

      「遥かなる影」「雨の日と月曜日は」「スーパースター」「イエスタディ・ワンス・モア」「トップ・オブ・ザ・ワールド」「プリーズ・ミスター・ポストマン」など数々のヒット曲を持ち、世界的な人気を誇るポップス・グループの「カーペンターズ」。

      日付は「カーペンターズ」がメジャー契約を交わし、正式に「カーペンターズ」のグループ名で活動を開始した1969年(昭和44年)4月22日から。

      2009年(平成21年)で40周年を迎えた。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

      【今日4月22日は『カーペンターズの日』】の続きを読む


      トニーは、この曲を歌うとき、「ミュージシャンのボビー・ダーリン(Bobby Darin)だったらどう歌うのか」と考えて、歌っていた。

      ビルボード誌の集計では、「トニー・オーランド&ドーン」時代を含めて、ドーン最大のヒット曲となった。

      歌詞には元ネタがある。口頭伝承により内容に違いがあるが、概ね以下のような話である。刑務所を出所した男が故郷に帰ろうとしていた。男は出所前に手紙を出し「もし、自分の帰りが望まれるなら、木の幹に黄色いリボンを結んでおいてほしい」と頼んでいた。男は汽車に乗って故郷の近くまで来るが、勇気がなくて、車中で知り合った男に木を見てもらう。木の幹にはたくさんの黄色いリボンが結ばれていた。


      トニー・オーランド&ドーン(Tony Orlando & Dawn)、およびドーン(DawnもしくはDawn featuring Tony Orlando)はアメリカポップスグループ。「幸せの黄色いリボン」や「ノックは3回(Knock Three Times)」などを歌った。 トニー・オーランド(Tony
      5キロバイト (759 語) - 2021年9月21日 (火) 09:32


           「幸せの黄色いリボン」

      (原題:Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree)は、アメリカのポップスグループ・ドーン(Dawn featuring Tony Orlando)が1973年にリリースしたシングル。

      作詞はアーウィン・レヴィン(IrwinLevine)

      作曲はL・ラッセル・ブラウン
      (L. Russell Brown)


      Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree
              
               Dawn

      【あの名曲が蘇る・127『幸せの黄色いリボン』】の続きを読む

      ルー・クリスティはアメリカ、ペンシルバニア州出身のシンガー、ソング・ライター。

      Maybe, it's always maybe maybe maybe I love you

      My face keeps turning for the love light

      Maybe, it's always maybe maybe maybe I love you

      But I keep falling, stumbling out of sight


      She sold me magic, she sold me magic

      And all of the little things I needed everyday

      She sold me magic, she sold me magic

      And all of the little things I needed everyday


      たぶん、いつだって、たぶん、たぶん、愛してる

      僕の顔は愛の灯りにむけたままさ

      たぶん、いつだって、たぶん、たぶん、愛してる

      だけど僕は転んで躓いて見えなくなる

       

      彼女は僕に魔法を売りつけた、魔法を売りつけたんだ

      それと、毎日僕が必要としていたちょっとしたこと全部

      彼女は僕に魔法を売りつけた、魔法を売りつけたんだ

      それと、毎日僕が必要としていたちょっとしたこと全部

            
            She Sold Me Magic
                  Lou Christie 
               



      【あの名曲が蘇る・126『魔法  by  ルー・クリスティー』】の続きを読む



      (1976年、1978–1983年、1987–1990年) Mark Stoop - ドラム (1990年) 『アースファイアーファースト』 - Earth and Fire (1970年) 『アムステルダムの少年兵』 - Song of the Marching Children (1971年) 『アトランティス』
      8キロバイト (434 語) - 2020年5月24日 (日) 13:55


      ◆アース・アンド・ファイアー(Earth & Fire)は、クリス&ゲラルド・コェスター兄弟らにより結成されたオランダのロック・グループである。女性1人、男性4人の5人組。

      彼らは1970年代にヨーロッパの一部で人気を博し、オランダのポップ・チャートの上位に数曲がランクインした。 

      オランダ、ベルギーなどで成功を収めたものの、彼らの音楽はイギリスおよびアメリカではヒットを出すことができなかった。よく知られているヒット曲に「シーズン」がある。

      彼らの国際的な最大のヒット曲は「Weekend」であり、オランダ、スイス、ドイツ、デンマーク、及びポルトガルのヒットチャートで1位を獲得した。

         アムステルダムの少年兵
              アース&ファイアー

      》》》》》早くヨーロッパに平和を!


      【あの名曲が蘇る・125『アムステルダムの少年兵』】の続きを読む

      【曲】『故郷に帰りたい by ジョン・デンバー』

      故郷へかえりたい」(ふるさとへかえりたい、英: Take Me Home, Country Roads)は、アメリカ合衆国のポピュラー・ソング。日本語によるカバーなどでは、タイトルを「故郷帰りたい」、「カントリー・ロード」とすることもある。 ジョンデンバーの歌唱で1971年
      12キロバイト (1,078 語) - 2022年1月11日 (火) 04:21


      ◆北京オリンピック

      韓国人選手の一部の人が飲食店の食事が油っこくて口に合わないと嘆いているとか?!
      そんな方々からのリクエスト
       
           ジョン・デンバー
                故郷に帰りたい

      【あの名曲が蘇る・112『故郷に帰りたい』】の続きを読む

      このページのトップヘ