知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:ランキング

      👉実は『上白石呑んべえ』さんでした(笑)
      👉同ランキングは、大手広告代理店が実際に女優たちと仕事をしているテレビ各局のプロデューサー関係者など100名に、“本当にお酒が強い女優”をアンケート調査したもの。
      その結果、誰もが認める“酒豪”として名前が挙がった女優たちを発表しているのだが、上白石萌音が堂々のグランプリに輝いているのだ。
      彼女については、次のように関係者がコメント。

      「インスタライブでも、けっこうお酒をガブガブ。
      しかも、まったく表情が変わらない。『家系的に強くて乱れたことがない』って言ってました」


      【『上白石萌音』「吞んべえ女優ランキング」でグランプリ!】の続きを読む


      👉世界的な大ヒットとなり、日本でも第4次韓流ブームを巻き起こしたNetflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』。
      以前こちらの記事でも本作のストーリーや見どころについて紹介していますが、2019年にNetflixで配信されて以来、日本では今もなお人気作品ランキングのTOP10にランクインしているビッグ作品。
      シーズン2を望む熱い声援が鳴り止まぬなか、年始にはユン・セリ役のソン・イェジン(39)と、リ・ジョンヒョク役のヒョンビン(38)の交際が明らかに! 作中では“ドゥリ(ふたつのリという意味)カップル”と視聴者から愛されていただけあり、『愛の不時着』ロスを嘆くファンにとって、この上ないハッピーなニュースとなった。
      イェジンは自身のインスタグラムに上記の写真とともに「新年が明けましたね。
      初めて仕事ではなく、個人的な話で皆さんの前に立つことになって、なぜこんなに恥ずかしいのでしょう。
      うん…うーん…うーん…はい、そうなりました。ハハ…」と、熱愛発覚を受けて、文章からも伝わる初々しいコメントをアップ! 
      そんな世界中が憧れるふたりの交際を(勝手に)記念して、『愛の不時着』で結ばれるまでの互いのキャリアや、出会うまでの軌跡をリサーチ!
      共に順調にキャリアを重ねていくなかで、2018年に公開された映画『ザ・ネゴシエーション』で初共演! 
      イェジン&ヒョンビンのW主演ということや、ヒョンビンが初のヒール役を演じることで、注目を浴びていた作品。
      当時からお似合いだったふたりには度々熱愛説が浮上していたけれど、答えはノー。
      あくまで付き合うきっかけとなった作品は『愛の不時着』のよう!
      2019年配信の『愛の不時着』で、再び共演することになったふたり。
      イェジンが演じたユン・セリは、韓国の財閥令嬢でアパレルからコスメまで幅広く取り扱う『セリスチョイス』の社長。
      それ故セリのファッション&メイクへの関心度も急上昇! 一方ヒョンビンが演じたのは北朝鮮のエリート将校リ・ジョンヒョク。
      戦闘シーンであらわになる華麗な肉体美にも、世間が大注目!
      不朽の名作として受け継がれていくであろう『愛の不時着』。
      スイスで撮影された最終話のスペシャルなオフショットはヒョンビンのインスタグラムより。
      主演のふたりが本作を通して私生活でも結ばれたことで、『愛の不時着』ブームはまだまだ継続しそう! 
      結婚も間近!?という憶測が飛び交っているなかで、歴史に残る大ヒット作品を生み出してくれたふたりの末長い幸せを祈るばかり。





      【人気の韓国ドラマ・ランキング】の続きを読む



      》》》》アニメの敵が味方に!

      アニメでは敵として登場したキャラクターが、後に仲間として主人公に協力する展開はしばしばあります。主人公を散々苦しめた強い敵が味方になってくれるのは、なんとも頼もしいかぎりですよね。
      そこで今回は、最高にかっこいいと思う敵から味方になったアニメキャラは誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

      3位 マジュニアピッコロ2代目
      2位 ドーラ
      1位 ???
      全てのランキング結果を見たい方はこちら!

      1位は「ベジータ」!


      かつては戦闘民族サイヤ人の王子だったが、ドラゴンボールを手に入れて不老不死の力を得ようと主人公孫悟空が暮らす地球へとやってくる。激闘の末に孫悟空に敗れ、いったんは地球を去るが、後に悪の帝王フリーザと戦うため孫悟空やその仲間たちと共闘する。

      登場作品:ドラゴンボールZ

      2位は「ドーラ」!


      空に浮かぶ伝説の島「ラピュタ」につながる飛行石を手に入れようとたくらむ空中海賊・ドーラ一家の女性ボスで、飛行船タイガーモス号の船長。物語の鍵を握る飛行石の持ち主・シータを特務機関に奪われたパズーに彼女の救出を頼まれ、パズーと行動を共にする。

      登場作品:天空の城ラピュタ

      3位は「マジュニアピッコロ2代目)」!


      主人公孫悟空に倒されたピッコロ大魔王が、自らの死を前にして産み落とした分身。孫悟空を倒すために「第23回 天下一武道会」に参加し、クリリンや元々はピッコロ大魔王と一つの存在だったシェン(神)らと戦う。決勝戦では孫悟空と死闘を繰り広げ、敗北した。

      登場作品:ドラゴンボール

      アニメドラゴンボールシリーズの中でも屈指の人気を誇るキャラクター2人が上位にランク・インした今回のランキング。気になる4位~36位のランキング結果もぜひご覧ください。

      あなたが最高にかっこいいと思う敵から味方になったアニメキャラは、何位にランク・インしていましたか?

      ※画像はスタジオジブリ公式提供画像です。

      調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
      投票合計数:839票
      調査期間:2022年4月07日2022年4月21日
      最高にかっこいい!敵から味方になったアニメキャラランキング


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【アニメ、敵から味方になったキャラランキング 】の続きを読む


      👉スーパーやコンビニで、今や沢山の種類が販売されているレトルトカレー。
      その中でも昭和初期の憧れであった、銀座モダンを一皿に込めた明治「銀座カリー」シリーズは、その印象的なパッケージでご存知の方も多いのではないでしょうか?
      レトルトで、本格的な洋食店風のカレーが楽しめるということで、発売から30年近く経つ、今でも根強いファンは多いと思います。

      🤔まさかの秘密!
      そんなおなじみの「銀座カリー」ですが、以前に放送されたTBS系列の「ジョブチューン」という番組で、明治の担当者が衝撃の事実をぶっちゃけていました。

      この明治「銀座カリー」は、実在した森村鈴河商店というお店が考案した「銀座カレー」という商品を再現したレトルトカレーなのだとか。
      しかし、このモデルになったカレーは、昭和初期に提供されていたもので、開発者は誰も元となったカレーを食べたことがありまん。
      では、どうやって「銀座カリー」を開発したかのかというと、銀座や都内の洋食カレー店を食べ歩き回って、恐らくこんな味じゃないかという想像で作られた味なんだそうです!
      想像で作ったとはいえ、その味はお墨付き!銀座の老舗洋食店の店主さんたちに食べてもらったところ、「この味なら銀座カリーと言っていい」という言葉をもらっているそうです。
      「銀座カリー」といえば、1994年の発売当時からほとんど変わっていないロゴです。




      【レトルトカレー人気ランキング!2位は「カレーLEE」】の続きを読む

      👉『ポプマス』

      キャッチコピーは『彩(いろ)とりどり、はじける輝き。』


       バンダイナムコエンターテインメント4月20日スマートフォンアプリアイドルマスター ポップリンクス」を7月21日に終了すると発表した。終了理由は非公開。発表を受け、Twitterでは「ポプマス」が日本のトレンドに入った。

      【その他の画像】

       アイドルマスター ポップリンクスは、アイドル育成ゲームアイドルマスターシリーズキャラクターが、作品を横断して共演するゲームアプリパズルゲームクリアしてアイドルを育成したり、別作品のキャラクターを集めてユニットを作れたりする点を特徴としている。ダウンロード数は2021年2月時点で100万以上という。

       有料アイテムポップジュエル」の販売は6月21日に終了する。Twitterでは「各シリーズへの新規参入を促す価値はあった」とする声が出る一方、「本家のシリーズに課金したほうが良かったからユーザーにとって後回しになっていたのでは」などと指摘する声も出ている。

      アイドルマスター ポップリンクス


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【えっ!アイマスゲームの「ポプマス」が7月で終了!】の続きを読む

      このページのトップヘ