知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:ロボット


    人造人間 (人間型ロボットからのリダイレクト)
    、同作に登場するロボット「ヘクター」を「バイオノイド」と紹介している。用語辞典では、 SF アニメなどに登場する、人間に近い生体や心を持つ人造人間 人間の体をしているロボット と記載されている。 バイオロイドも1980年代から用いられている語で、初期の用例としては、1983年に発表され、1985年
    17キロバイト (2,435 語) - 2021年11月30日 (火) 14:11


    自己治癒能力、代謝ができるまでの生体ロボットの開発が進んでいるのだろうか?

    科学の進歩が浮き彫りになる度に、既にその当時から未来を察知していた、偉大なマンガ家の巨匠達が創り上げた主人公が、頭をよぎる。

    ★鉄腕アトム
    ★宇宙少年ソラン
    ★エイトマン
    ★ぴちぴちピッチ
    ★ムーミン・スナフキン
    ★ローゼンメイデン
    ★アンパンマン
    ★デビルマン
    ★妖怪人間ベムベラベロ
    ★ドラゴンボール(Z)
    ★おでんくん
    ★ドラえもん
    ★Dr.スランプあられちゃん
    ★金色のガッシュベル
    ★地獄少女類ガンムのガリィちゃん
    ★人造人間キカイダー
    ★ベーレンホイターの女
    かなり強引!という声も聞こえてきた😁


    【人造人間?『世界初生体ロボット』】の続きを読む


    《《〈ルンバの上にネコ〉》》

    部屋の状況を把握しながら、フローリングはもちろん、カーペットなどのホコリやゴミを吸引してくれる、お掃除ロボットルンバ』。

    駆動中のルンバの上に乗る猫の姿を、SNS上で目にしたことがある人は多いでしょう。

    ルンバに乗る猫が…?

    猫のぽてちくん、こゆきちゃん、おこめちゃんと暮らす、飼い主(@potechi_nikki)さん。

    飼い主さんはある日、ルンバに乗る、こゆきちゃんの姿を動画で撮影していました。

    体を倒してくつろぐこゆきちゃんにかまうことなく、部屋の隅々を掃除するルンバ

    広い場所から、狭いイスの下の掃除に差し掛かると…こゆきちゃんの様子をご覧ください。

    …微動だにしないッ!!

    ルンバが隅まで丁寧に掃除するたび、こゆきちゃんがイスの脚に頭をめり込ませています!

    しかし、ルンバの上が相当気に入っているのか、どれだけぶつかっても最後まで降りようとはしませんでした。

    動画には15万件以上の『いいね』と、たくさんのコメントが寄せられています。

    ・「絶対にどかないぞ」という、強い意志を感じます!

    ・憧れる光景。うちの猫にもやってほしい!

    ・頭がイスの脚にめりこんでも何事もなかったような顔!めっちゃ笑いました。

    ちなみに、こゆきちゃんはルンバの上に洗面器がないと乗らないのだそう。

    動画をよく見ると、小さな洗面器に体を埋めているのが分かりますね。

    部屋の隅々まで掃除するルンバと、何があっても動じないこゆきちゃんは、最高のバディなのかもしれません!


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @potechi_nikki


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ネコ乗っちゃた!】の続きを読む


    呼び込み君(よこみくん)は、群馬電機が販売するメモリー式の音声POP(音声ポップ、録音再生器)である。スーパーマーケットの総菜売り場などの個別の販売コーナーで販売促進するための商品案内の自動再生に、これまで使用されてきたカセットテープ式が耐久性に劣るため、これに代わるものとして2000年に開発され
    6キロバイト (815 語) - 2021年10月20日 (水) 16:41


    ◆スーパーなどで流れる「ポポーポポポポ」というメロディーが印象的な『呼び込み君』が、音声付きミニサイズとなって登場することが決定。
    ▶12月発売予定だが、現在予約が殺到するなど大反響となっている。
    ▶呼び込み君ミニ』は本物のディテールを手に取りやすいサイズで再現しており、中央のボタンを押すとおなじみのメロディが、約20秒間流れる。
    ▶実物の製造元である群馬電気に、「あの可愛らしい働き者を手元に置きたい」などという想いをぶつけたところ、快諾されて今回の開発に至った。

    【今・売れてます!『スーパーの呼び込み君ミニ登場』】の続きを読む


    メイドロボット
    【ましろ】は、どの段階で生物に変わるのだろう?
    日本国内のロボット市場は、2035年に10兆円規模になると予想されている。
    その要因として考えられているのが、製造業をはじめとした産業ロボット市場の拡大に加え、サービス分野への普及。 
    ここでいうサービス分野は、医療や介護・福祉、清掃、ホビーといった、いわゆる非産業分野を指している。当然、コロナ禍で苦戦している飲食店や喫茶店。
    バージョンアップした【ましろ】に会える日も近づいているのかもしれない!


    【手を繋ごう!『メイドロボットましろ』】の続きを読む


    ロボットアニメ(和製英語:robot anime)とは、ロボットを中心的題材としたアニメーションのこと。物語性のある作品であれば主人公格に据えたものをいう。多くは「メカアニメ」と呼ばれる上位カテゴリに含まれ、カテゴリ内の中心的一分野を形成する。 これを他と区別して語られるべきものとして捉えるのは2
    31キロバイト (4,115 語) - 2021年9月19日 (日) 03:25


    日本国内で製作されているロボットアニメは外国に輸出され、中には世界各国で放送されたものもある。

    地域によっては日本国内以上の人気を得たアニメもあり、1970〜80年代にかけて輸出された『UFOロボ グレンダイザー』(ヨーロッパでは「ゴルドラック」や「アトラス」などに改題されている)は、ヨーロッパ圏で高視聴率をキープした記録がある。

    1979年にフィリピンに輸出された『超電磁マシーン ボルテスV』は当時のマルコス政権打倒に貢献したとして、フィリピンで認知度100%の国民的アニメになっていると日本でも報道された。

    アメリカでも
    『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』(1984年)
    『アイアン・ジャイアント』(1999年)
    『シン・バイオニックタイタン (英語版)』(2010年)
    『ベイマックス』(2014年)
    などのロボットアニメが製作された。CGを多用した作品が多いのも特徴のひとつである。

    日本との合作も多く、そのうち
    『ロボテック』(1985年)は
    『超時空要塞マクロス』『超時空騎団サザンクロス』『機甲創世記モスピーダ』を
    『ボルトロン』(1984年)は
    『百獣王ゴライオン』と『機甲艦隊ダイラガーXV』
    を1つの作品に繋げて輸出したもので、独自に展開した派生シリーズの中でリブートの『ヴォルトロン』(2016年)は日本でも公開された。

    韓国においては
    『テコンV』(1976年)と呼ばれるスーパーロボットアニメを皮切りに、数々のロボットアニメが製作された。その中で『幻影闘士バストフレモン』(2001年)
    日本との合作で『無限戦記ポトリス』(2003年)などは日本国内でも放送された。

    他にも変身自動車トボト、ハローカボトなどがある。 中国や台湾においても『星原戦記アストロプラン (中国語版)』(2010年)
    『戦闘装甲鋼羽 (中国語版)』(2011年)
    『超限猎兵凯能 (中国語版)』(2013年)
    『重甲機神Baryon (中国語版)』(2018年)など数々のロボットアニメが製作されている。
    中には日本と中国が合作した『重神機パンドーラ』(2018年)
    中国・香港・マカオ・台湾が合作した『黎明之神意 (中国語版)』(2014)のような作品もある。

    ヨーロッパではオリジナルのロボットアニメこそ製作していないものの、1980年代にハンナ・バーベラ・プロダクションが製作した『マシンロボ』の北米展開版アニメなど、日本製作以外のロボットアニメを放送したことがある。

    【また観たい!『ロボットアニメ』】の続きを読む

    このページのトップヘ