知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:ワクチン


    狂犬病ワクチンが開発された。これは狂犬病を発病したウサギ脊髄を摘出し、石炭酸に浸してウイルスを不活化するというものであった。パスツールは狂犬病の予防ワクチンだけでなく、既に感染した患者にワクチンを投与することで、早期なら発病の防止が可能であることも発見している。 狂犬病のワクチンとしては、動物
    52キロバイト (7,620 語) - 2021年9月20日 (月) 06:11


    ⬛アメリカとイギリスに本部を置く世界的非営利団体(NPO)である狂犬病予防連盟(Global Alliance for Rabies Control:GARC)が制定。

    □国際デーの一つ。英語表記は「World Rabies Day」。

    ▷この日は国連の記念日にも指定されており、また、世界保健機関(World Health Organization:WHO)や国際獣疫事務局(International Epizootic Office:OIE)、世界獣医学協会(World Veterinary Association:WVA)などいくつかの国際的保健機関に承認されている。

    ▷今日、9月28日は、狂犬病ワクチンの開発者であるフランスの生化学者・細菌学者のルイ・パスツール(Louis Pasteur、 1822~1895年)の命日にちなむ。

    ▷人や動物における狂犬病の影響やその予防法などについて、より多くの人に知ってもらうことが目的。

    ▷狂犬病予防連盟(GARC)は、2006年(平成18年)に発足された団体で、その活動の一環として、この国際デーの取り組みを始めた。翌2007年(平成19年)以降、世界の各国において毎年イベントが開催され、狂犬病の教育活動や犬への狂犬病の予防注射などが実施される。

    ▷日本では狂犬病臨床研究会が主催・厚生労働省が後援のシンポジウムなどが開催される。

    ▷狂犬病は、狂犬病ウイルスを病原体とする人と動物の両方に感染する感染症である。現在においても未だに多くの国で深刻な健康上の問題となっており、野良犬か愛玩犬かを問わず多数の犬がワクチン接種を受けていないアフリカやアジアなどの地域で主に発生している。

    ▷ なお、パスツールは「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」という言葉でも知られ、牛乳・ワイン・ビールの腐敗を防ぐ低温での殺菌法の開発なども行った人物である。

    ▷また、炭疽菌や結核菌、コレラ菌の発見者であるドイツの医師・細菌学者のロベルト・コッホ(Robert Koch、1843~1910年)と共に「近代細菌学の開祖」とされる。

    【今日9月28日は『世界狂犬病の日』】の続きを読む


    「AZD1222」は、開発が先行するファイザー=バイオンテック製ワクチン「BNT162b2」やモデルナ製ワクチン「mRNA-1273」と比較して、保管や輸送の面で扱いやすく、かつ、価格が安いという特長がある。いずれのワクチンも低温で保管する必要があるが、ファイザー=バイオンテック
    68キロバイト (8,016 語) - 2021年8月20日 (金) 21:36


    ❎厚生労働省は26日未明、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンで異物の混入が報告されたとして、約160万回分の接種を見合わせると発表した。

    ❌このうち何人に接種したかは分からないという。現段階で安全性の懸念に関する報告はないとしている。

    ▶異物混入が実際に報告されたのは390回分のワクチン。
    ▶東京、埼玉、愛知、茨城、岐阜の5都県8会場の自治体の大規模接種会場や職域で接種予定だったが、これについては実際に接種はしていないという。
    ▶それ以外のワクチンは同じ製造工程でつくられたため、念のため、接種を見合わせているという。
    ▶異物の成分はモデルナ社が調査している。ゴム片が混入するケースが他のワクチンではあるという。
    ◆厚労省は「ゴム栓をバイアル(瓶)に取り付ける際に、かけらが入るこむことが他のワクチンも報告されている」と説明した。
    ▶ワクチンはスペインで製造。混入は複数の会場で接種者が気付いて、輸入・販売を担う武田薬品工業に報告され、厚労省は25日に把握したという。

    【【えっ?ワクチンに異物混入!】】の続きを読む


    解熱薬(げねつやく、英:Antipyretics)は、発熱を弱める物質である。 多くの解熱薬は他の用途がある。最も一般的なイブプロフェンとアスピリンはどちらも主に鎮痛剤に使われる。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)には、解熱、抗炎症、鎮痛作用がある。 発熱には、感染症に対する身体の免疫系の反応の
    7キロバイト (876 語) - 2020年2月22日 (土) 03:02


    ♦誰もが不安!
    「接種後に解熱剤を飲んでOK?」―新型コロナワクチンのQ&A!
    ♂╮(╯_╰)╭┐(´д`)┌♀

    ♦谷口俊文先生(千葉大学医学部附属病院感染制御部・感染症内科 講師)の回答をまとめました。
    ▶質問
    これからワクチンを接種する予定です。接種後に熱が出た場合、解熱剤や痛み止めなどの薬を服用してもよいのでしょうか。服用する薬の種類に指定はありますか?

    ▶谷口俊文先生の回答
    新型コロナワクチンの接種後に熱や頭痛が出た場合には、解熱剤や痛み止めの薬を飲んでいただいて問題ありません。
    はじめの頃はアセトアミノフェン(一般名)が推奨されていましたが、ロキソプロフェンナトリウム水和物(一般名)やイブプロフェン(一般名)という成分が入っている薬でも大丈夫です。
    ❖アセトアミノフェン・エテンザミドの解熱鎮痛作用、ブロモバレリル尿素の鎮静作用により、発熱や頭痛を効果的にしずめます。
    ❖ナロン錠・ナロン顆粒は、発熱・頭痛・歯痛・生理痛等によく効く解熱鎮痛薬です。

    『ただし、1点だけ注意点があります。』
    ❌それは、ワクチン接種前に予防的に解熱剤や痛み止めの薬を飲むことはやめてほしいということです。
    『というのも、予防的にそれらの薬を飲むとワクチンの効果が薄れてしまう可能性が指摘されているのです』
    そのため、解熱剤などを飲むなら必ず「ワクチン接種後」に、「症状が出てから」服用するようにお願いします!

    ▶質問
    ワクチン接種後、効果はどのくらい続くのですか?

    ▶谷口俊文先生の回答
    これまでの研究結果から総合的に見て、新型コロナワクチンは接種してから少なくとも1年ほどは重症化を予防する効果や死亡を防ぐ効果が続くと考えられています。
    『ただし、感染予防効果や発症予防効果は接種してから時間が経過すると効果が低下してくることが知られています。』

    さらに最近の研究では、終生免疫(一度できた免疫が生涯にわたり続く)がつくのではないかという可能性が示唆されています。ただし、終生免疫の可能性についてはもう少していねいな研究がいくつか必要な段階です。

    【【解熱剤大丈夫?】『ワクチン接種後の熱に!』】の続きを読む


    接種開始済みから開発中まで、複数の方式・製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。 世界的に見て、2020年末や2021年初頭から複数の製薬企業の複数種のCOVID-19ワクチン接種
    295キロバイト (34,883 語) - 2021年7月31日 (土) 02:26


    先進国日本と、よんでもいいのだろうか??
    イスラエルは明日から既に3回目のワクチン接種が実行される。
    ▶◀▶◀▶◀▶◀▶◀▶◀
    日本の政治家は、完全にワクチン中毒になられてるのでは?
    それよりも病院や医師を早く増やして、体制を整えなければ!
    何故、治療薬開発にもっと資金を廻さないのだろう?
    感染増強抗体を持つようなことになると、一生?ワクチンを打ち続けなければいけない。
    ADEに関わるワクチンは打ちたくない!こんな調子だからこそ、自然免疫で防御できるよう、栄養のある食事をし、日々の運動や睡眠に心がけたい。

    【▶後手後手『ワクチン接種3回目を来年に!』】の続きを読む

    このページのトップヘ