知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:上白石萌音


      「ミノン アミノモイスト」
      のTV-CM「また来た、敏感モード」篇が放映中!
      上白石さんは、布製品を扱う専門商社に勤める社会人7年目の女性役。
      仕事が充実するとともに時々訪れる「敏感モード」に同商品が寄り添い、心も肌も前向きに生きる姿を熱演する。
      商品を通して、落ち込んでいる表情から自信に溢れていく表情に変わるシーンや、テーマ曲の包み込むような歌唱やナレーションもポイントとのこと。

      【「ミノン アミノモイスト」のTV-CM「また来た、敏感モード」篇が放映!】の続きを読む


      上白石萌音の「突発バストアップ」に騒然!

      変貌は「カムカム」直後に現れた✨✨✨✨ 

      上白石萌音が、9月14日放送の「世界くらべてみたら」(TBS系)に出演。
      その胸の膨らみが、視聴者の驚きを誘った。 
      実は上白石は、以前からファンの間では充実したバストの持ち主として有名。
      そのサイズはおよそ「Cカップ」とも言われていたが、「今回の放送を見る限りDカップ程度にまで大きくなっているように見えた」(テレビウオッチャー)という。いったいどういうことなのか。
      「昨年暮れから放送されていたNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の序盤での登場時は、子供を背負って前で縛るシーンなどでも、そこまで大きくなっているようには感じませんでした。
      となると、その後の今年2月から始まった舞台『千と千尋の神隠し』が影響しているのかもしれません。
      この稽古がかなり激しかたようで、マスクをしながら走ったり跳んだりのハードな動きで『何回か倒れると思った』とまで明かしていますからね。
      そんな中で無駄なお肉が落ちてウエストも絞られ、胸のボリューム感アップにつながったのかもしれません」
      (芸能ライター)

      【『上白石萌音』の「突発バストアップ」に騒然!変貌は「カムカム」直後に現れた』】の続きを読む


      ☆上白石萌音☆川栄李奈
      ☆黒島結菜

      ▷朝ドラ3ヒロインの“吸引力”比較?

      『朝ドラ』と『あさイチ』の親和性が高い上に、「朝ドラ受け」が接着剤の役割を果たしていることがわかる。 
      しかも『朝ドラ』のヒロインが、そのまま生で登場すると凄い。 
      最初の15秒での脱落者も1割を切る。普段の「朝ドラ受け」と比べても、最初の1分間の下落も半分ほどに圧縮される。
      彼女たちの吸引力が半端ないことがわかる。
      『朝ドラ』の後、『あさイチ』が始まると視聴率は急落する。 
      ただし博多華丸・大吉と鈴木奈穂子アナによる「朝ドラ受け」があると、下がり方が緩やかになる。
      ドラマを見ていた人々が内容によって見続けるからである。

      【『上白石萌音・川栄李奈・黒島結菜』 朝ドラ3ヒロインの“吸引力”比較?】の続きを読む


      ~敏感肌向けフェイスケアシリーズ「ミノン アミノモイスト」新TV-CM~
       👉上白石萌音さん出演!

      【〜敏感肌向けフェイスケアシリーズ「ミノン アミノモイスト」新TV-CM~上白石萌音さん出演!】の続きを読む


      👉上白石萌音

      “敏感モード”になる時「やっぱり…」

      ――「敏感モード」になってしまった時に、前向きになれるコツや、心がけていることは何かありますか?
      「ああ、もう敏感モードだな」と思うと本を読みます。一番手っ取り早い旅行だと思っています。
      全然違う世界に行けて何か知らないことを知ることができ、世界が広がって感性も柔らかくなるような感じがします。
       敏感モードの時の心が何か足りてないみたいなものが、ちょっとずつ埋まっていく感じがするので、本を読んでいる時間は敏感モードの時にとても大事です。

      ――普段のヘルスケアで気を付けていることがあれば教えてください。
      やっぱり保湿ですね。マスクをしてることは結構肌に影響してきちゃうので、1日、頑張った分をしっかり保湿で補って、お疲れっていう瞬間は大切です。
      あとやっぱりメイク前の保湿ケアもすごく大切で、その点「ミノン アミノモイスト」の乳液はなじみがよくて、メイク前にもうってつけという感じがします。

      【『上白石萌音』“敏感モード”になる時「やっぱり…」】の続きを読む

      このページのトップヘ