知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:中国


      干支の元祖本家・中国で干支の「ウサギの切手」が不評

      今年の干支は兎(うさぎ)。とは言っても日本以外は中国の春節(旧正月2023年1月22日)をもって干支が切り替わるのだが、それでもさまざまな国や地域で、新しい干支であるウサギデザインを用いた郵便切手が発表された。ところで「干支の元祖本家」であるはずの中国では、自国の「卯年切手」の評判がよろしくないようだ。大手情報/ポータルサイトの網易では、中国大陸の「卯年切手」は香港や台湾、さらに日本や韓国はおろか、異なる文化圏に属するの英仏の「卯年切手」と比べても中華の雰囲気がなく、強烈な「妖気」すら感じさせるデザインと酷評する文章が掲載された。以下は同文章の抄訳だ。

      香港や台湾、さらに日本の卯年切手も、伝統的な祝日のスタイルに基づいてデザインされている。つまりウサギの可愛さと喜びを際立たせている。また、いずれの切手も、ウサギのやさしさとかわいらしさを強調している。


      香港の切手

      香港の卯年切手のテーマは「瑞兆のウサギで福を手に入れる。新たな年を慶賀する」だ。香港の郵政当局がこの切手を発表したのは2022年12月19日で、発売は1月10日だ。ウサギの伝統工芸品が示されており、技術面では平板加圧印刷と銀箔プレス技術が用いられているので、視覚的に干支のウサギを輝かせて、祝賀の雰囲気を盛り上げている。


      台湾の切手

      台湾では12月1日に卯年切手のデザインが発表された。郵政当局は、図案のコンセプトは「富貴と円満、喜んで新春を迎える」と説明した。発表された卯年切手には複数の種類があり、それぞれウサギポーズが異なっている。座っているウサギを描いた切手は、新たな年を静かに期待することを表現している。飛び跳ねるウサギデザインは活気と生気を象徴し、大活躍ができる前途洋々たる新年を迎えることを示している。


      日本の切手

      日本と韓国での卯年切手も、中国大陸の「青ざめたウサギ」よりも、はるかにめでたさを表現しており、伝統的な祝日文化の雰囲気に合致している。韓国で発表された卯年切手は中華の伝統文化である「玉兎」のイメージも参考にしている。「玉兎」とは、月に住むとされるウサギのことだ。


      韓国の切手

      我々として恥ずかしく思ってしまうのは、欧州の国であるフランスや英国の卯年切手を目にした時だ。


      フランスの切手

      フランスの卯年切手は中華文化の雰囲気が濃厚だ。中国の伝説にもとづく「玉兎と月」のデザインも採用されている。そして、祝いの気分を強く感じさせるデザインだ。英国では12月中に卯年切手が発売された。切手全体から春節の祝賀ムードが漂ってくるデザインだ。


      英国の切手

      ここで中国の「青いウサギ」の切手を見ると、芸術上の独自の実験をしているようだ。デザインしたのは中国の国宝級芸術家である黄永玉氏だが、祝日の雰囲気も中華の伝統文化の息吹きも感じさせてくれない。

      ネットユーザーの反応を見ても、評判はよろしくない。あるネットユーザーは、「病気のウサギと言えるかもしれない。魔境に飛び込んだウサギと言えるかもしれない。(中略)干支の切手に登場するはずのめでたいウサギとは思えない」と書き込んだ。


      中国の切手

      さらに、「フランス人でさえ、切手に中華文化と祝日の雰囲気をどう表現するかを知っている。(中国で)今回の卯年切手の審査を担当した人の考え方が全く分からない」、「我々の邪門ウサギを見て、デザインにあきれかえった」、「見ているだけで腹が立つ。干支の卯年切手は人々を不愉快にするためにデザインされたのか?」と、さんざんに酷評されている。

      中国大陸の卯年切手は、台湾メディアにも批判された。あるユーザーは台湾での報道を引用して「向こうでも、モロに『妖なる雰囲気の兎』と言っている。強烈な妖気を帯びているのだ!」と批判した。あなたは、どう思われるだろうか。(翻訳・編集/如月隼人)

      中国では、ウサギの絵をデザインに使った自国の卯年切手の評判が悪いようだ。香港や台湾、さらに日韓英仏の卯年切手よりもはるかに劣り、「妖気」を帯びているなどとする批判が飛び交っている。


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【中国で干支の「ウサギの切手」が不評?「日韓英仏のものより劣る。妖気を帯びている」 】の続きを読む


      中国・武漢で感染爆発、死者急増 住民ら証言、ゼロコロナ政策崩壊
       【武漢共同】中国湖北省武漢市で12月に新型コロナウイルスの感染爆発が起き、感染者の死亡が急増していると、住民らが29日までに共同通信に証言した。習…
      (出典:共同通信)


         【武漢共同】
      中国湖北省武漢市で12月に新型コロナウイルスの感染爆発が起き、感染者の死亡が急増していると、住民らが29日までに共同通信に証言した。
      習近平指導部の「ゼロコロナ」政策が崩壊する中で流行が拡大した。
      コロナ発生を世界で初めて武漢当局が通知してから30日で3年。
      流行初期に都市封鎖を経験した市民らは再び難局に直面している。 
      中国「ゼロコロナ」を崩壊させた4日間の闘争 導火線になったW杯、当局の報復はひそかに始まった 市内の葬儀場には29日、遺影や遺灰を持った人や車が大勢集まった。
      医療関係者によると流行のピークは過ぎたもようだが、現在も重症者の増加で病床が逼迫。
      武漢の人口は約1300万人だが複数の住民は「体感で9割近く」が感染したと話している。



      【中国・武漢で感染爆発!死者急増 住民ら証言、ゼロコロナ政策崩壊】の続きを読む


      👉カラコルム・ハイウェイ (The Karakoram Highway: KKH) 
      中華人民共和国新疆ウイグル自治区最西部とパキスタンのギルギット・バルティスタン州(旧称:北方地域)をカラコルム山脈を横断して結ぶ道路である。
      途中、中国=パキスタン国境となっている海抜4,693メートル(15,397フィート)のクンジュラブ峠を通り、国境を横断する舗装道路としては世界一の高所を通る道路でもある。

      ■交通機関

      中国の新疆ウイグル自治区のカシュガルとパキスタンのススト(英語版)の間を1泊2日(タシュクルガンで1泊)のバスが運行されている(冬季を除く)。
      中国側は右側通行、パキスタン側は左側通行のため、国境付近でレーンが変わる。また、スストからギルギットの間は不定期のミニバスが運行されている。

      2006年3月に、中パ両国政府は、2006年6月1日からパキスタンのギルギットからカシュガルへの毎日のバスの便が開始され、ハイウェイを600キロメートル延長する道路工事が行われるであろうということを発表した。

      【世界一危ない道路『カラコルム・ハイウェイ』】の続きを読む


      中国・上海Z世代(1995~2009年生まれ)
      スイーツを使い切りカメラで撮る女の子たち、レコード限定でシティーポップをかけるDJイベント、「昭和米国物語」なる中国産ゲームがリリースされるというニュース、ツイードのスーツやコールテンのジャンパースカートが並ぶ古着店…。
      筆者の住む上海の日常にはいま、「日本の昭和」があふれている。
      「ただ、廃虚観賞、ヤンキー文化(タケノコ族、聖子ちゃんカット、なめ猫)、プロレスなどは彼らに刺さっていない。
      同じ昭和文化でも伝わるものと伝わらないものがあって、選別されていると感じますね」誰かに見せるためのもの、派手で映えるものよりも、自分の心の中や生活を豊かにする文化が選ばれているということだろうか。 
      休日、レコードに針を落とし、好きな本のページをめくる…。
      その時間と、そのときの心の動きは多分SNSには残せない。どの世代よりも忙しく、ストレスにさらされているという中国のZ世代の心のなかが、少しだけ見えた気がした。 
      (上海・萩原晶子)



      【中国「上海Z世代」に日本の昭和が人気な理由】の続きを読む


      中国、習氏が不動の地位獲得へ 党規約に「二つの確立」
       【北京共同】中国共産党が16日から開く第20回党大会で党規約を改正し、習近平総書記(国家主席)が不動の権力と権威を固めたことを意味する「二つの確立…
      (出典:共同通信)


         【北京共同】
      中国共産党が16日から開く第20回党大会で党規約を改正し、習近平総書記(国家主席)が不動の権力と権威を固めたことを意味する「二つの確立」の内容を盛り込む見通しとなったことが9日、分かった。
      複数の党関係筋が明らかにした。習氏の異例の3期目続投が確実視されており、党の最高規則でも地位を突出させる。

      👉中国の共産党はいわゆる私事のために組んだ徒党。
      🤔つまり、中国国民の代表ではなく、勝手に支配しているだけでは?
      それを可能にするのが人民解放軍と言う中国国民をあざむく様な名称の共産党の私軍だ。
      反対したり、民主化を求める人を弾圧し、閉じ込める為の軍隊である。
      天安門事件ではその本性を顕わにした。 これが正当に見せかけ?やってのけるところが危険で怖い。
      そんな共産党でも、個人による独裁国家と唯つ違うところがある。
      それはトップが代替わりすることだ。期限付きの権力への熾烈な競争は自浄作用とは言えないまでも、新陳代謝は行われてきたが、習近平は、どうだろう?
      過去の中国の国家主席の中でも極めて独裁欲が強く思える。
      ロシアのウラジミール・プーチン氏に続かない事を祈るばかりだ!



      【中国、習近平主席が不動の地位獲得へ 党規約に「二つの確立」】の続きを読む

      このページのトップヘ