知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:何故


      👉猫パンチは元々アメリカの俳優であるミッキー・ロークさんが、ボクシングに挑戦した時に、猫が撫でる様なパンチしか出せなかったのがスポーツ新聞に【猫パンチ】と書かれ、それが切っ掛けとなり猫パンチと言う言葉が誕生しました。 
      でも猫が本気で喧嘩する時は、爪を出してパンチしますので必殺パンチになります。
      その威力はと言いますと、もしそれが人間の肌に繰り出されたらミミズ腫れになるそうです。
      いくら可愛いからと言って猫パンチを侮ってはいけません。

      ◆猫パンチは大きく分けて3種類あります。
      【何これ?パンチ】
      【こっちに来ないでパンチ】
      【マジで怒っちゃうぞパンチ】
      の3つです。

      😸何これ?パンチ
      一つ目の猫パンチは、例えば自分の周辺を飛んでる虫に対して『何これ?何なの??』と興味津々であったり、猫が好きな猫じゃらしの様なオモチャで遊んでいる時、もっとたくさん遊びたいと言う気持ちで致命傷を与えない程度に攻撃する場合に使います。
      その時は爪を隠して猫パンチを繰り出しますので、人間に当たっても痛くない
      【へっぽこパンチ】です。

      😸こっちに来ないでパンチ
      二つ目の猫パンチの意味は、初対面やあまり慣れていない相手に対して少し引き気味で繰り出すパンチです。
      相手の様子を窺いながら、『あんた誰?こっちに来ないで~』と言う感じで、少し恐怖感がある時に牽制する意味で使います。
      言ってみれば防衛本能から出る猫パンチです。
      爪を出している場合もありますから注意して下さいね。

      😸マジで怒っちゃうぞパンチ
      これは本気で喧嘩するモードの猫パンチです。
      『俺は本当に怒ってるんだ』『俺を怒らすと怖いぜ』などの意味を持った最後通告パンチです。
      とにかくお互い猫パンチの応酬です。こんな時は爪がしっかりと出ていますので、当たったら結構痛いのではないでしょうか。
      それでも両者が引かない場合は【組んず解れつ】の大乱闘が展開されます。
      場合によっては流血戦になる事もあります。

      😸その他
      猫が驚いた時に繰り出す【高速猫パンチ】、これは見事です!
      北斗の拳ケンシロウ!
      アチャチャチャチャチャー




      【知ってた?『猫パンチの3つの意味』】の続きを読む


      LINEでのやりとりでトラブルの種にもなりがちな既読機能は、「既読スルー」などという言葉も生まれ社会問題にもなっている。
      しかし、既読機能を無くさないのにはとても重要な役割があるからである。
      震災や事故などの時、連絡が取れなくなったり、こちらからメールを送ったのに相手が読んだかどうか分からない状況になってしまう。
      そんな中でLINEを送ってそれが「既読」に変われば相手が読んでくれていることが分かる。
      LINEの「既読」が安否確認となり、相手の状況を予測できることから、いろいろな問題がある中で既読機能を残している。

      LINEが開発されるきっかけになったのは2011年(平成23年)3月11日に起きた東日本大震災で、この時、電話などがつながりにくい状況になったのを受けて、インターネットを通じて連絡が出来るようにと開発された。
      既読機能を無くさないもう1つの大きな理由は、「既読」によってコミュニケーションの活性化につながるからである。
      そもそもLINEは大切な人とやりとりをするためのツールとして生まれたサービスであるため、相手に確実に言葉が届いていることを示す「既読」の機能が付いている。



      【LINEの既読機能を無くさないのは何故?】の続きを読む

      👉ナン(饢、ペルシア語、ウルドゥー語、ウイグル語 نان nān ナーン、ヒンドゥスターニー語 nān / नान / نان ナーン、タミル語 நான் nān、英語 naan/nan ナーン/ナン)

      発酵後窯焼きされるフラットブレッドで、西アジア、南アジア、中央アジア、東南アジアの一部やカリブ海地域の料理でしばしば供される。

      日本のインド料理店ではカレーとナンのセットが定番となっている。
      しかし、日本のような大きいナンは本場インドにはほとんどない。
      インド人も日本のナンは大きすぎると指摘するほどで、インドのナンはもっと小さい。
      日本のナンが大きくなったのには、インド料理店同士の熾烈な争いの歴史があった。
      1968年(昭和43年)に本格北インド料理店「アショカ」が日本で初めてナンを提供したとされる。
      1980年代後半、インド料理店が日本で激増した。その時、他店との差別化を図るためにある店が少し大きめのナンを提供した。
      すると、その噂を聞きつけた他のインド料理店も同様にナンを巨大化させた。
      インド料理店同士の激しい競争の中で、日本のナンはどんどん大きくなっていった。

      しかし、当時ほとんどの店ではナンを焼くのにインド製の土釜「タンドール」を使用していた。
      このタンドールは中に大量の炭を入れるため、ナンを焼く面積が狭く、次第にナンの大きさも頭打ちになった。

      👉そこに、ナンを巨大化させるきっかけとなった日本製のタンドールが登場した。
      この日本製のタンドールは炭ではなくガスを使用したもので、従来の炭を使用するタンドールに比べて内部の面積が広く使えるようになった。
      これによりどの店でも大きいナンを焼けるようになり、日本のナンは大きいものが主流となった。

      🤔タンドールって?
      北インドからアフガニスタンにかけての地域で使われる、甕を伏せたような形の粘土製の壷窯型オーブン。
      炭または薪を窯の底で燃やして加熱し、480 ℃近い高温を維持するために入り口が狭く、通常は火を長時間炊きっぱなしにする。
      大きさは家庭用の小さなものから、人間の背丈より深い業務用の大きなものまで様々である。 



      【日本のインド料理店のナンが大きいのは何故?】の続きを読む


      ◆渡る世間はナベばかり!
      「渡辺」の漢字が多い理由
      名前の「わたなべ」の漢字には「渡辺」をはじめ「渡邊」「渡邉」など数多くあり、その数は50種類以上もある。

      「渡辺」さんは日本に100万人以上いるとされ、人数が多い名字ランキングで6位に入る。「渡辺」はもともと地名であり、その名前は「わたしのべ」に由来する。

      「わたしのべ」は川の向こう岸に船を渡す「船渡し」を意味し、「船渡し」を生業とする人が住んでいた場所が「渡辺」と呼ばれた。そして、その「渡辺」の土地に住んでいた人が「渡辺」の姓を名乗ったという説がある。

      その後、漢字が50種類以上にも増えた理由には諸説あるが、主に2つの説が有力とされる。1つ目は「分家が本家に気を使った」という説である。明治時代に戸籍を登録する際に、本家と分家の区別がつくように同じ漢字を使わないように分家が気を使った。

      もともと本家は「渡辺」とされ、後に分家が「渡邊」や「渡邉」を名乗るのようになった。しかし、次第に使える漢字がなくなり、文字の画数を増やしたり減らしたり、一部を変化させたりした。結果として多くの種類の漢字が生まれた。

      2つ目は「役人や当事者が書き間違えた」という説である。これは戸籍を登録する際に、役所の人または当事者が漢字を書き間違えたというものである。この説は「渡辺」と同じように「斎藤」の漢字の種類が多い理由でもある。

      このように「渡辺」の漢字が多い理由としては、「分家が本家に気を使った説」と「登録する際に書き間違えた説」の主に2つが挙げられる。種類の多い「渡辺」の漢字にはそんな過去の出来事を垣間見ることができる。



      【知ってた?『渡辺の漢字が多い理由?』】の続きを読む

      このページのトップヘ