知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:健康


      ビール週1~2杯まで?  カナダの新指針が波紋 「少量でも健康に害」
       【ニューヨーク時事】「少しの酒は体に良い」。  この説を真っ向から否定する新たなガイドライン(指針)がカナダで発表され、波紋を呼んでいる。「少量で…
      (出典:時事通信)


      【ニューヨーク時事】
      「少しの酒は体に良い」。 
      この説を真っ向から否定する新たなガイドライン(指針)がカナダで発表され、波紋を呼んでいる。
      「少量であってもアルコールは健康を害する」と警告し、飲酒の機会が避けられない場合でも、ビールやワインなど週1~2杯程度に抑えるよう訴えている。

      ◇リスク4分類 カナダ薬物使用・依存症センター(CCSA)は今月、アルコール摂取に関する指針を12年ぶりに改定した。
      近年の研究で「年齢、性別、民族、アルコール耐性、生活習慣に関係なく、飲酒は全ての人にダメージを与える」と分かったためといい、「もし飲酒するなら、量を減らすのが好ましい」と呼び掛けた。 
      新指針では、飲酒によるリスクを、1週間当たりの消費量別に▽0杯▽1~2杯▽3~6杯▽7杯以上の4段階に分類。0杯は「リスクなし」で、妊娠中では「唯一の安全な選択肢」だという。
       1~2杯は「低リスク」で、「アルコールの影響を避けられそうだ」と指摘。「中リスク」の3~6杯は乳がんや結腸がんなどを発症する危険性が高まるという。7杯以上は「高リスク」で、心疾患や脳卒中の恐れが1杯多く飲むごとに高まると警鐘を鳴らしている。 
      CCSAは1杯を、ビール(アルコール度数5%)で341ミリリットル、ワイン(同12%)で142ミリリットル、蒸留酒(同40%)で43ミリリットルと定義。カナダ保健省に対し、販売される酒の容器に何杯分のアルコールが入っているかを明示する規制を導入するよう勧告した。 

      ◇低アルコール開発も CCSAによると、カナダに住む15歳以上を対象にした調査では、回答者の40%が週7杯以上飲酒していると答えた。今回の改定について、トロント近郊で公共放送CBCの取材に応じた通行人のウェイン・ホワイトさんは「97歳の祖父母は毎日ワインを飲んでいる。(指針には)同意しない」と反発した。 
      一方、CBCによれば、健康志向の高まりを受け、低アルコール飲料の開発も活発化している。父親とビール醸造所を営むギャビン・アンダーソンさんは、ノンアルコールビールなどの新商品を増やしているという。「目標は、ビールは好きだけど(アルコール)摂取量を減らしたい人向けのビールを造ることだ」と語った。



      【ビール週1~2杯まで? カナダの新指針が波紋 「少量でも健康に害」】の続きを読む


      に因んで名前が付けられている 扁桃体 - 同上 杏仁 - 本来はアンズの種子であるが、風味が似ているため、杏仁豆腐にアーモンドを用いたり、アーモンドチョコレートを杏仁巧克力と呼ぶなど、特に中国では混同されることがある 1月23 - アーモンドの日 アーモンドのおはなし - 江崎グリコHP アーモンド
      12キロバイト (1,401 語) - 2022年11月2日 (水) 11:41


      アメリカ農務省の監督下にあるアーモンド生産者・加工業者を代表する組織として1950年(昭和25年)に設立されたカリフォルニア・アーモンド協会が2008年(平成20年)に制定。

      今日1月23日は、アーモンド約23粒が日本人の成人女性の1日の摂取目安量であることから「1日23粒」で1月23日を記念日とした。

      アーモンド約23粒は約30gで、手のひら一杯分の量で、美容に欠かせないビタミンEが8.6mg含まれている。

      これだけで1日の必要なビタミンEをまかなうことができることから、美容や健康のために多くの人にアーモンドを食べてもらうことが目的。

      記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

      ◀◆▶アーモンドについて 
      アーモンド(almond)は、バラ科モモ属の落葉高木で、この木からアーモンドナッツが採れる。
      原産はアジア西南部。 現在では南ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどで栽培されており、アメリカのカリフォルニア州が最大の産地である。
      日本の輸入アーモンドの98.7%がアメリカから輸入されている(2013年のシェア)。
      日本では香川県の小豆島や鹿児島県湧水町、山形県朝日町などで栽培されている。 食品の中でもビタミンEが最も多く含まれている。
      ビタミンEは活性酸素による体細胞や血管の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、美容や老化の予防、老化物質AGEs(最終糖化産物)の排出に役立つ。
      また、豊富な不溶性食物繊維を含み、腸の働きを活発にして整腸を促してくれる。 
      ◆◆◆ 関連する記念日
      5月30日は「アーモンドミルクの日」、「ナ(7)ッ(2)ツ(2)」と読む語呂合わせから7月22日は「ナッツの日」、「ナッ(7)ツ(2)ミ(3)ルク」と読む語呂合わせから7月23日は「ナッツミルクの日」となっている。

      【今日1月23日は【アーモンドの日】】の続きを読む


      イースト・ロンドン大学の臨床運動生理学者ジャック・マクナマラ氏の解説によると、後ろ歩きは、普通に歩くよりもちょっと高めの負荷を脳と体に与え、よりいっそう健康になることができる、とても優れた運動なのだそうだ。


      【後ろ歩きは驚くほど健康にいい理由。脳と体に負荷がかかり普通にあるくより健康効果が上がる】の続きを読む


      🤔脳の健康を保つための3つの鍵とは?

      脳の健康を保ちたいなら、次の3つの要素が重要だ。

      ① 体を動かすこと

      ➁ 人づきあいをすること

      ➂ 何事にも好奇心をもつこと。新しいことを学び、新たな挑戦をすることをためらわないこと

      【科学者が教えてくれた、脳を健康に保つための3つ鍵】の続きを読む


      実際に納豆に含まれるプリン体はというと、100g中に約114mgとなっています。

      これは食品中のプリン体含有量の中では「少ない」の部類に入ります。
      勿論、納豆1パックです。
      特に、プリン体の多い食品は食べてはいけないのか?ほかに気をつけることは?など、すぐに実践できることを紹介しています。
      尿酸値が気になる人に参考にしていただけるでしょう。

      🤔痛風とはどんな病気?

      痛風は「吹いた風が体に触れるだけでも痛い」ということが名前の由来となったといわれるくらい、強い痛みを伴う発作が出るのが特徴の病気です。

      痛風の発作が起きると体の関節が熱をもって赤く腫れあがり、強い痛みが生じます。
      一番多く症状が出るのは足の指の関節で、はじめて発作を経験する人の90%はこの箇所に症状が出ます。

      痛みがピークのときには歩くのも困難なくらいの強い痛みがあるのが痛風発作は怖いといわれる理由のひとつでしょう。

      痛風は尿酸値が上昇して関節炎を引き起こす病気で、尿酸はプリン体が体内で分解されるときにできる物質です。

      🤔プリン体の多い食品は避けるべき?

      痛風の原因となる尿酸はプリン体が分解して作られる物質です。
      プリン体をとり過ぎると痛風になるというのはよく聞く話でもあり、痛風にならないようにプリン体の摂取量を控えたいと考えている人もいるでしょう。

      では、プリン体を含む食品はどのくらい食べてよいのか、まったく食べないほうがよいのかを説明していきます。

      👉プリン体はほぼ全ての食品に含まれる
      プリン体は、実は私たちが口にするほとんどの食品に含まれています。
      プリン体を含まない食品はほとんどないわけですから、極端に避けようとすれば栄養不足になってしまいます。
      プリン体の量に気をとられて栄養が偏るよりは、栄養バランスのとれた食事をすることのほうが大切でしょう。

      ただ、往々にしてプリン体を多く含む食品は高カロリーでコレステロールの含有量も多いですから、食べ過ぎることで動脈硬化や高血圧の心配もでてきます。
      カロリー過多で肥満になれば痛風のリスクも高くなりますから、とり過ぎには注意する必要があります。

      👉プリン体摂取量の目安は1日400mg以下

      尿酸は、摂取した食べ物から作られるものと体内の細胞の核酸からつくられるものがあります。
      1日につくられる約700mgのうち、食べ物からが約100mg〜150mg、体内の核酸からが約550mg〜600mgとされています。
      意外に感じるかも知れませんが、体内で作られる尿酸の方が、食べ物から摂取する量よりも断然多いのです。

      とはいえ、プリン体を多く含む食品を食べ過ぎればリスクが高くなりmいくらでも食べてよいわけではありません。
      1日に摂取するプリン体の量は400mgを超えないようにすることが望ましいとされています。

      食品100g中の含有量でみた場合、プリン体が極めて多い(300mg以上)のものには鶏レバー、まいわし干物、干ししいたけ、かつお節などがあります。
      また、極めて少ない(50mg以下)ですが、キャベツ、トマトなどの野菜、米飯、パンなどの主食類、牛乳、チーズなどの乳製品などにもプリン体は含まれています。

      これは100g中の含有量なので、含有量が多くても1回に食べる量が少なければ摂取量は少なくなります。
      含有量がきわめて多いとされる干ししいたけやかつお節を1回に100gも食べることはまずないでしょうから、さほど意識しなくてもよいことになります。

      プリン体の代表のように語られることもあるビールですが、含有量でみると100g中のプリン体の量は5〜6mgで、それほど多く含まれているわけではありません。
      ただ、アルコールを常飲すると尿酸値の上昇や痛風発作が出やすくなるということがわかっています。
      プリン体が多くないからといって、お酒を飲み過ぎることは控える必要があるでしょう。

      ♦さて、問題の納豆は痛風によくない?
      納豆が痛風によくないといわれることがあります。
      しかし、特別気にしなければならないほどのプリン体は納豆に含まれているわけでありません。
      では、なぜ痛風によくないといわれるのかですが、体によいイメージがある納豆にもプリン体が思った以上に含まれていることからいわれる場合があるのでしょう。

      実際に納豆に含まれるプリン体はというと、100g中に約114mgとなっています。 
      これは食品中のプリン体含有量の中では「少ない」の部類に入ります。
      また、納豆の1パック当たりの重さは一般的に50g程度ですので、1回に食べる量を50gとするとプリン体の摂取量は約57mgとなり、特別に心配するほどの量ではないことが分かります。

      参考までに、同じ大豆製品の豆腐のプリン体含有量は100gあたり約31mgです。
      冷ややっこ1人前は150g程度だと約47mgとなり、納豆1食分とさほど変わらない数値となります。

      ただ、納豆は魚の干物と組み合わせたメニューになることも多いと思います。
      干物はプリン体を多く含んでいますので、干物と納豆の組み合わせには注意が必要かもしれません。
      また、納豆が健康によいからと1日3食を食べるような人は、1日1〜2パック程度に控えるほうがよいでしょう。

      【マツコ・デラックスが痛風、気になる納豆のプリン体は?】の続きを読む

      このページのトップヘ