知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:女性


      いくつになっても夢がかなうことは素晴らしい!

      【この記事の動画を見る】

      今月2日、100歳の誕生日を迎えたアメリカ在住の女性が人生初めてのスカイダイビングに挑戦した。以前から「100歳になったらスカイダイビングをやる」と周囲に訴え続けていた女性は、「怖かったですね」と感想を明かしながらも長年の願いが叶い、喜びの表情に満ちていた。『WPEC CBS 12』などが伝えている。

      米フロリダ州インディアンリバー郡セバスチャン市で今月2日、レイモンド・サリバンさん(Raymonde Sullivan)が友人らと共にスカイダイビングに挑戦するため同市のスカイダイビングセンターSkydive Sebastian」を訪れた。

      先日、100歳の記念すべき誕生日を迎えたばかりのレイモンドさんは、以前からずっと「100歳になったらスカイダイビングやってみたい」と友人や家族に漏らしていた。このたび無事に100歳を迎えることができ、体力的にも問題がなかったことから挑戦することになったという。

      スカイダイビング当日、レイモンドさんは多くの友人や家族に見守られながらインストクターに専用器具を装着してもらい準備を進め、電動カート飛行機まで移動して上空へ飛び立った。機内での様子を捉えた映像には、一緒に飛行機に乗り込んだ友人らが大きな声を上げて盛り上がる中、硬い表情を見せ緊張している様子のレイモンドさんが映っていた。

      そしてインストクターと共に飛行機から飛び降りると、レイモンドさんは自由落下スピードに圧倒されている様子だった。しかしパラシュートを開いてゆっくりと降下している際にはインストクターから「誕生日おめでとう!」と祝福され、レイモンドさんは周囲の美しい景色を楽しむ余裕が見られた。そして無事に着地した後には、ラムコークを飲んでお祝いした。

      レイモンドさんは「この100年でいろいろなことをしてきましたが、スカイダイビングはやったことがなかったので『できるうちにやっておかないと』と思ったのです」と明かした。しかし「もう一度やってみたいですか?」と聞かれると「やらないですよ」と笑いながら答えており、今回の経験で満足したようだった。

      なお今回のレイモンドさんのように、死ぬまでにやりたいことを“バケットリスト”に加え、高齢になってから様々なことに挑戦する人は過去にも話題にのぼっている。米ミズーリ州では「逮捕されてパトカーに乗ってみたい」という102歳の高齢女性の願いが叶い、女性は「手錠をかけられたりして楽しかった」と嬉しそうに語っていた。

      画像は『WPEC CBS 12 2022年5月3日付「WATCH: Local lady celebrates turning 100 by skydiving」(WPEC)』のスクリーンショット
      (TechinsightJapan編集部 iruy)

      海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【100歳誕生日を迎えた女性がスカイダイビングに挑戦した!】の続きを読む

      👉安野モヨコ(あんの もよこ)

      高校在学中『別冊少女フレンドDXジュリエット』掲載の『まったくイカしたやつらだぜ!』にてデビュー。

      安野 モヨコ(あんの もよこ、1971年3月26日 - )は、日本の漫画家。株式会社カラー取締役。東京都杉並区出身、多摩市育ち。血液型O型。関東高校(現・聖徳学園高校)卒業。別名義に安野 百葉子(読み同じ)。 夫は映画監督の庵野秀明。同じ漫画家の小島功は伯父にあたる。
      19キロバイト (2,331 語) - 2022年4月16日 (土) 23:13


      👉安野 モヨコ
      ♦代表作
      『シュガシュガルーン』
      『ハッピー・マニア』
      『さくらん』
      『働きマン』
      ♦受賞
      第29回講談社漫画賞児童部門(『シュガシュガルーン』)
      第23回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『鼻下長紳士回顧録』)

      🤔影響を与えた漫画家と好きな小説家は?

      やはりいろいろな漫画を描いてきた、手塚治虫先生だと思います。
      多くの漫画家がそうだと思いますが、子供の頃は鉄腕アトム、小学生くらいになるとブラックジャックをみて、大人になればブッタとか、どんどん成長と共に全ての作品にふれることが出来るというのは、やはり凄いなぁと思います。
      一番好きな小説家は内田百閒です。
      描こうとする物に丁寧にそっていくという書き方で、私も丁寧になぞるようなやり方をしてみたいと思ったのは彼の影響だと思います。

      🤔マンガ家を目指したきっかけは?

      マンガ家を自分の夢だと確信したのは、小学生3年か4年の時、10才くらいのときですね。
      学校で将来何になりたいですか?という課題があって、そういうのって幼稚園くらいのときからよく聞かれる質問だと思うのですけど、私のときは、クラスのほとんどの女子が保母さんだと答えてたのです。
      あとはケーキ屋さんになりたいって子がひとり。
      私、甘いもの苦手だし、自分も子供なのに子供と遊ぶってゆうのにも変だなって思ってしまって(笑)それで、考えたあげく花が好きなので、お花屋さんって答えが良いと思ったのです。
      ただ、それからずっと違和感があるというか、しっくりこなくて、なんだろうってぼんやりと毎日考えていたのですが、あるとき学校のお掃除の時間に、「あ、わたし漫画家になりたいんだ」ってふと思ったのです。
      その思いがとてもしっくりきて、それが私の目標なのだと初めて思った瞬間だったと思います。
      今でもしっかりと覚えているくらいの、衝撃的な瞬間でした。

      【大人気【漫画家】『安野モヨコ』】の続きを読む



      福井県の伝統工芸アイドル「さくらいと」初CD 新幹線開業や水ようかん…地元愛込めた5曲

       福井県の伝統工芸アイドル「さくらいと」が4月6日、初のCDとなるミニアルバム「かがやきストーリー」をリリースした。結成から約3年、地道に福井の伝統…
      (出典:福井新聞ONLINE)


      ♦伝統工芸アイドルさくらいと《《《

      【【画像】伝統工芸アイドル「さくらいと」】の続きを読む


      ヘッドのように毛髪を利用しないスタイルも髪形のバリエーションの一つとして認識されている。 ヘアスタイルを作るために髪を切り揃えることをヘアカット(散髪)と言うが、整髪する前基礎作りとして髪を切る場合や、カットだけで髪型を作る場合がある。 宗教、民族、所属する集団などによって髪型に社会的な役割と規制が設けられている場合がある。
      13キロバイト (1,910 語) - 2022年3月14日 (月) 10:40


      1872年(明治5年)4月5日、明治政府が「女子の断髪禁止令」を出した。

      この前年1871年(明治4年)に「散髪・脱刀勝手たるべし」との「散髪脱刀令」が出され、男性はそれまでの「丁髷(ちょんまげ)」から「ざんぎり頭」にするのが奨励された。

      しかし、これを受けて断髪をする女性が続出したため、「男性に限って許可した断髪を女性が真似てはならない」とする禁止令を発布した。

      このように「女子の断髪禁止令」が出された日に由来する記念日であるが、記念日を制定した団体やその目的などについては定かではない。

      【今日4月5日は『ヘアカットの日』】の続きを読む


      やはり笑顔でしょうか😚

      【グッとくる女性ランキングTOP25! 】の続きを読む

      このページのトップヘ