知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:女性


    ドローンにシャワー浴びさせ撃沈!

    NO.10016521
    ドローンで露天風呂盗撮か 女性客不安、県内で摘発例なし 兵庫
    ドローンで露天風呂盗撮か 女性客不安、県内で摘発例なし 兵庫
     「露天風呂に入っている時、ドローン(小型無人機)で盗撮されたかもしれない」。神戸市垂水区のスーパー銭湯を利用した兵庫県明石市の女性(42)から神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」に相談が寄せられた。ドローンの法規制や盗撮被害の現状はどうなっているのか。同県警などに聞いてみた。

     無線で操縦するドローンは、偵察や空爆といった軍事目的で開発された。衛星利用測位システム(GPS)を使えば長距離の自動飛行も可能。中には1万円以下で購入できる機種もあり、一般にも普及が進んでいる。

     女性によると、10月下旬、露天風呂を利用していた午後9時台、暗闇の上空で緑と赤のランプが光っているドローンを発見した。5分ほど付近にとどまり、女性が注視していると横に飛んでいったという。

     「お風呂には10~20代の若い子もいたので、盗撮していたのなら腹が立つ」と女性。係員が近くにおらず施設には報告しなかったが、不安に感じた。

     施設の担当者は「そのような事案は聞いたことがなく、対策は特にしていない」と回答。女性は「ドローンは気軽に手に入り、盗撮しようと思えば誰でもできてしまう。危機感がないのでは」と指摘する。

     県警生活安全部によると、夜間や人口集中地区、空港周辺の飛行禁止などのルールは航空法などで規制。ドローンによる盗撮は県迷惑防止条例違反や軽犯罪法違反に該当する可能性がある。県内ではこれまで屋外の風呂などで「盗撮されたかもしれない」という相談は数件あるが、摘発事例はないという。

    【日時】2021年11月25日 12:00
    【ソース】神戸新聞

    【ドローンが露天風呂の女性客の頭上に出現!】の続きを読む



    ⬜では、別れない為の、夫婦円満コツは?

    ♥夫婦円満のために少しだけ気を配る、意識する
    夫婦関係は「たった一言を伝えることができるかどうか」といった、小さなことで円滑になったり、悪化したりもします。
    些細こと、小さいことでも接し方を意識して生活することができれば、その積み重ねで夫婦関係も良い方向に向かっていくこともあります。
     ♥相手の仕事(家事含む)を尊重する
    人は常にだれかに認めてもらいたいと欲しています。
    それはあなたも、あなたのパートナーも同じことです。
    日々頑張っている、相手の仕事や家事・育児への頑張りをお互いに尊重するようにしましよう。
    たった一言でいいんです。
    感謝の気持ちを相手に伝えてみましょう。
    相手に認められているという信頼感が夫婦円満のコツです。
     ♥相手にわかってもらうのではなく、わかってあげる
    相手を理解するためには努力が必要です。
    こう伝えれば相手はどう感じるか?相手はどう思うのか?
    夫婦の間でもこのような配慮をすることが重要になります。
    相手に理解を求めるのではなく、まずこちらから相手を理解できるように努力してみる。
    自分の考えを相手に押し付けずに、まずは相手の立場に立ってみてください。
    相手を変えることは大変だけれども、自分を変えることはすぐにできるはず。
     ♥できるだけ相手の意見を採用する
    パートナーから何かの提案があった場合は、できるだけ相手の提案を採用してあげるように心がけてみてください。
    自己実現や自尊心を持ちづけたい気持ちは、人間誰もが持っている本能です。
    相手を否定するのではなく、肯定的な態度で、相手を尊重する気持ちを持ち続けてください。
    これは夫婦関係だけでなく、円満な人間関係を構築する基本であると考えられています。
     ♥会話の量を増やす
    お互いを理解する一番の方法は、やはり会話をすることです。
    簡単にできると思ったあなたは、今日パートナーと交わした会話の量を思い出してみてください。
    思ったよりもその時間は短いのではないでしょうか。
    昨日パートナーがどんなことを考え、どんな一日を過ごしたかあなたは説明できますか?
    もっと相手の気持ちや、相手の愚痴や、相手の夢、相手の不安を聞いてあげてください。
    もっと、もっと夫婦の会話の時間を増やしましょう。
     ♥長期間の喧嘩はやめて、とにかく仲直りする
    喧嘩すると相手の嫌なところばかりクローズアップされてしまい、何もかもいやになりがちです。
    憎しみの感情で心にもないひどい言葉を相手にぶつけてしまうこともあります。
    しかし、よく考えてみましょう。相手は貴方が「この人」と選んだ人生のパートナーです。
    とにかく一旦仲直りして、相手のいいところを見つめるようにして下さい。人生の伴侶と決めた人、相手のいいところだけを見つめて仲良く暮らしていく努力が大切です。
    長期間の喧嘩で得をするひとは誰もいません。
    夫婦喧嘩はその日のうちに仲直りするように「努力」してください。
    遅くても次の日、仕事から帰宅した際には、仲直りできるよう「努力」することが大切です。
     ♥日々「ありがとう」を伝える
    相手がしてくれていることに、感謝する気持ちを思い出して下さい。
    パートナーが日々あなたに対してしてくれていることは、決して当たり前のものではありません。
    お互いに感謝の気持ちを「ありがとう」という言葉に出して伝え合うことができれば、ふたりの関係はもっと円満なものになるはずです。
     ♥相手の気持ちに共感する
    相手の気持ちに共感できるようにする。
    こちらはハッピーでも相手が悲しんでいたり、こちらが苦しんでいる時に相手の機嫌がいいような状況は、自然ではありません。
    相手の気持ちをもっと感じ取るように努力してください。
    相手が悩める時は、相手の気持ちを抑えつけることなく共に考え、共に感じることが大切です。
    ♥ 食事の時間をもっと大切にする
    おいしい食事を囲んだ家族の団欒の時間をもっと大切にすると、夫婦円満に役立ちます。
    『あなたが一番幸せに感じる時は?』
    世の中のパパさんにアンケートを取ったところ、食事の時間であるとの答えが多かったとのことです。
    できるだけ朝食と夕食は一緒にするように心がけましょう。
     ♥我慢せずに「喧嘩するほど仲がいい」
    昔から「喧嘩するほど仲がいい」と言われつ続けています。
    これは真実で、円満な夫婦のほどちょこちょこ小さな喧嘩をしているようです。
    言いたいことが言えずにお互いに相手に対する不平不満をずっと胸の内に秘めたままにしないようにしてください。
    不平不満を内に溜め込んでしまうと、相手への態度がわるくなったり嫌味なことを無意識に行ってしまうなど、夫婦関係がぎくしゃくする原因となってしまいます。
     ♥過度に束縛しない
    たまには違う環境に身を置いてみたり、お互いに趣味の時間を多少持つことで、夫婦関係にフレッシュな風を吹き込むことができます。
    趣味は、夫婦共通のものが理想ですが、各々違う趣味でも構いません。
    気分転換は、あなたが想像しているよりもずっと夫婦にとって良い効果を生み出します。
    「友人と遊びに行くのもダメ」などとパートナーの自由を過度に束縛することなく、相手に多少自由な行動と時間をもってもらうことも必要なことです。
    ♥ 金銭的な余裕をもっと増やす
    お金に対する不安やイライラが原因でパートナーと険悪になることは、良くないたちの悪い喧嘩の原因として、お互いに避けたいものです。
    簡単にはいきませんが収入を増やすと同時に支出を減らして、家庭の金銭的な余裕が増えれば、心にも余裕ができて無駄な喧嘩やイライラを避けることができるでしょう。
    喧嘩するほど仲が良いといいますが、お金に関する喧嘩はNGです。
    ♥夫婦喧嘩は、必ず男性側が折れるようにすることがコツです。
    円満な夫婦は、たまの喧嘩の際には夫が折れるケースがほとんどです。
    女性はやさしい、母性的な本能がある一方で、感情的だったり頑固な特徴もあわせ持っています。
    男性は、意地を張り合うよりも、折れて結果として夫婦仲が元に戻った方が得であると考える、「ことなかれ主義」な傾向があります。
    ♥ 日々の生活の中でささやかなプレゼントを
    男性として、わかってはいるものの実行できない事のひとつが、妻へのプレゼントではないでしょうか?
    今日の仕事帰りにお花でも買って、奥様にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
    奥様は旦那様に対して「お疲れ様」の一言と、栄養ドリンク一本のプレゼントだけでもいいんです。
    きっと効果抜群です。
    ♥ 同じ部屋で寝る
    結婚前のカップルの方などから言わせれば、当たり前の簡単な事のように感じるかもしれません。
    しかし、赤ちゃんができたり、旦那様の帰宅が遅かったりと、様々な理由から別々の部屋で寝ている夫婦が多いのが現実です。
    ただ、仲の良い夫婦はやはり一緒の部屋で寝ていることが多いのは間違いないので、努力してみてください。
    カタチから入れば、気持ちも後からついてくるかもしれません。




    【コレや!『バツ2以上の女性の共通点』】の続きを読む


    そりゃそうなるわぁ~。続かないカップルの原因4選!


    「ずっと一緒にいたいと思って大好きな人と付き合ったはずなのに、またすぐに別れてしまった」という経験がある人はいませんか?今回は長続きしないカップルの原因を学んで、ずっとラブラブカップルになるにはどうしたらいいのか考えていきましょう。


    異性との関わりに敏感すぎる

    どちらか一方でも、自分以外の異性の存在に敏感すぎると長続きはしません。女性の場合、彼の職場の女性が気になる、取引先の担当者が女性だったから不安という感情は誰しもがあるものですが、何もないのに浮気を疑うのはよくありません。
    一方男性の場合も、彼女が美容院にいったら担当したのが男性だった、同窓会で懐かしい男性の友人に会ったなど気になることはあると思いますが、追及しすぎると束縛する人だと思われてしまいます。「自分以外の異性とは関わってほしくない」という気持ちが強すぎるカップルはすぐに別れるといえるでしょう。


    いつも一緒

    「いつも一緒なのはラブラブだから長続きするのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、まったく周りの世界が見えず二人だけの世界に閉じこもるのは別れの原因になります。いつも一緒にいると話の話題もすぐになくなってしまい、刺激がなくなるからです。


    すぐに結婚と結びつける

    どちらかが「付き合う=結婚」と思っているケースも長続きしない場合があります。お互い結婚を前提に付き合いをしたのであれば、話題に上がっても違和感はありませんが、どちらか一方が結婚を意識して付き合った場合、結婚という言葉に重みを感じ耐えられなくなってしまうのです。


    恋人を最優先しない

    恋人以外にも家族や友達、同僚など自分にとって大切な人たちがいるのはわかります。しかし恋人が一番困っているときに最優先できないカップルは別れることが多いです。いずれ家族になったとき、他人ばかりにいい顔をする人なんだなと思われてしまうからです。いつも交際が長続きしないと悩んでいた人は心当たりがありましたか?ずっと一緒にいたいなと思う人が現れたときは、上記のことに気をつけてみてくださいね。(ハウコレ編集部)

    そりゃそうなるわぁ~。続かないカップルの原因4選!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【何が違う?続くカップル・続かないカップル】の続きを読む


    ■以前にポーラ文化研究所が、首都圏(埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県)在住の15~64歳の女性1,500名(5歳ごと150名ずつ)を対象に実施した、「女性の化粧行動・意識」に関する実態調査の結果を発表していた。
    □その中で、自分の顔に対してどれくらい好きか嫌いか尋ねたところ、、、、。
    ◇「非常に好き」「好き」「やや好き」と回答した『好き系』の割合は33.0%と、およそ3人に1人が自分の顔が「好き」なことがわかった。
    ◇対して「やや嫌い」「嫌い」「非常に嫌い」といった『嫌い系』の回答は28.7%で、『好き系』をやや下回る結果となった。
    ◇また、『嫌い系』の割合が最も高かった年代は「15~19歳(39.3%)」で、次いで「20~24歳(34.7%)」「25~29歳(33.3%)」と、若い層が高かった。

    ■続いて、自分の顔のどこが好きなのか、具体的なパーツを教えてもらった結果、「目(36.5%)」が断トツ1位で、全年代でトップとなった。
    ◇さらに「特にない(32.5%)」という人も多く、平均反応個数も1.95と少なかった。 
    ◇一方、嫌いなパーツは「鼻(35.5%)」がトップで、次いで「フェイスライン(33.5%)」「口(24.2%)」「眉(24.1%)」「肌(22.7%)」と続いた。
    ◇平均反応個数が3.23と、複数カ所あげられており、特に若い層で嫌いなパーツの箇所が多くなる傾向が見られた。
    ■最後に、メーク現実行者1,208名を対象に、自分で見ている素顔の印象から、メークによってどんな印象に変えたいのか調べた。
    ★「ソフトな顔立ち・落ち着いた印象」の素顔から、メークによって「ソフトな顔立ち・華やかな印象」を目指す移動が最も多かった。
    ◇また、各象限内にとどまる移動無しも全体の40.6%と多く、メークによる大きな印象の変化を求めない女性も多くいることがわかった。

    【『あの顔になりたい!女性・顔ランキング』】の続きを読む


    相性(合性、あいしょう)とは、二人ないし複数の人間が各々持つ性質や性格が合うかどうかのことである。転じて、機械部品などの物に対しても、組み合わせが良い・悪いという場合に相性という言い方をする場合がある。 相性の、元々の意味は陰陽五行思想の一端で、全ての事物が持つ属性が、相互に良い意味で影響しあってよ
    12キロバイト (1,900 語) - 2020年5月26日 (火) 04:48


    ♥匂いと相性♥

    ◇匂いの好みが違うことには、大きく分けて3つの理由があります。

    ■ひとつ目は、匂いの受け取り手の「生理的な状態の違い」です。

    ◇女性は、月経周期によって匂いの感度が変わり、特に排卵期に最も匂いに敏感になると言われています。

    ☆また、アポクリン腺から分泌される匂いは、同性では嫌な臭いと感じることが多いのに対し、異性では心地よく感じる傾向にあるんです。

    ◇性別によっても匂いの受け取り方が違うのです。

    ▶これに関しておもしろい実験があり、歯医者さんでおこなわれた実験です。

    ☆男性のわきの下から分泌される「アンドロステノン」という物質を待合室の椅子に振りかけたんです。その結果、男性はアンドロステノンがかけられた椅子を避ける傾向に、女性は好む傾向になったことが報告されています。

    ▶では、同性愛者の方は同性の匂いを不快に思ったりしないのでしょうか?

    ◇脳の性と体の性が違う場合は、不快と感じないかもしれません。詳しいことはわかっていませんが、人が発生する際、体と脳がともに変化して男女の違いが出てくる。しかし、脳の形成の段階で体の性とのギャップができてしまうと、匂いの感じ方も体の性とは異なる場合があると考えられます。

    ■次にふたつ目の理由です。

    ◇それは、遺伝的背景の違い。もともと人間には匂いを感じるためのレセプター(受容体)が400種類ほどあります。これらのレセプターの遺伝子の中には構造が人によって違うものがあり、その場合、同じ匂いに対しての受け取り方が変わってきます。

    ◇因みに、一卵性双生児は匂いの感じ方が、似ているかもしれませんが、違いが出るかもしれません。

    ■ここで3つ目の理由です。

    ◇やはり経験や学習によっても匂いの感じ方は変わります。比較的よくわかっているのは、胎児における匂い環境の研究です。妊娠中にお母さんがにんじんジュースを飲んでいると、子共はにんじん嫌いにならない可能性が高いという報告があります。

    ▶つまり、胎児のときの匂い環境が生まれてからの嗜好に影響するというのです。

    ■まとめ

    ◇主に「生理的な状態」「遺伝的背景」 「経験や学習」の影響を受け、人によって匂いの好みが異なる。

    【『匂いと相性』男女・同性愛者】の続きを読む

    このページのトップヘ