知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:宇宙


    宇宙探査・防衛・外交・巡視・救難などあらゆる任務を行うのが惑星連邦宇宙艦隊であり、その宇宙艦隊の最新鋭艦が、船長のジェームズ・T・カーク(ウィリアム・シャトナー)、副長兼科学士官のスポック(レナード・ニモイ)、医療主任のレナード・マッコイ(デフォレスト・ケリー)らが乗り組む宇宙船U.S.S
    61キロバイト (5,404 語) - 2021年10月2日 (土) 04:39



    【スタートレックあらすじ】

    謎の巨大宇宙艦の攻撃により父を亡くした主人公カークは酒とケンカに溺れる荒れた日々を送っていたが父の知り合いに諭され宇宙艦隊アカデミーへの入学を決める。

    在学中のカークは、模擬演習で不正を行い聴聞会が開かれていたが、その最中に緊急救助要請が届きカークの同期生らは急遽バルカン星に向かう艦隊に召集される。

    謹慎が言い渡されていたカークだが、不正によりエンタープライズ号に潜り込むことに成功する。

    そこには聴聞会でカークを尋問した、後に唯一無二の友となるナメック星人みたいなバルカン人のスポックも副長として乗り込んでいた。

    そして艦隊の目の前にカークの父を殉職させた巨大宇宙艦ナラーダ号が現れる。

    その圧倒的な戦闘力によって艦隊は壊滅的な被害を受け船長はナラーダ号の船長であるロミュラン人のネロによって連れ去られる。

    ネロは人工的に重力の特異点を発生させることができる「赤色物質」を持っていてこれによりある惑星を破壊しようとたくらんでいた・・・
    🌎スタートレックとは違ってわずかな時間の“宇宙旅行”だが、シャトナー氏は「カーク船長」となってから半世紀以上の年月を経て、本当に宇宙に旅立つことになった。

    【90歳で夢をかなえた男『カーク船長宇宙へ』】の続きを読む


    HONDAホンダは30日、小型宇宙ロケットの開発に注力する方針を発表した。
    2020年代に打ち上げの実証実験を行い、将来的には人工衛星を載せることを目指す。
    「空飛ぶ車」と呼ばれる電動垂直離着陸機「eVTOL(イーブイトール)」や遠隔操作するロボットといった新技術にも取り組む。
     新分野への進出で技術力を向上させ、さまざまな移動サービスを手掛けて事業を拡大するのが狙いだ。
    これまでも本業の自動車以外に、二足歩行ロボットや小型ジェット機を開発してきた。
     小型ロケットでは、インターネットに接続して多様なサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」に人工衛星を活用する。
    🗾🌉🕛🕡🇧🇷🌎🇲🇸🌎🇲🇽🌏
    🚁因みに多少かけになるが
         👇

    空飛ぶ車の実現を信じているなら、5000ドル(約54万4000円)の手付金を支払って、2026年の発売を目指す「ASKA」を事前予約するといい!

    シリコンバレーの新興企業NFTは米国時間4月15日、ASKAを宣伝するショールームをカリフォルニア州のロスアルトスに開設した。
    払戻可能な手付金をここで払えば「ASKA Founders Club」に加入できる。
    手付金の5000ドル(第三者預託口座に預けられ、100%払戻可能)で、NFTの株式1株と、3~6カ月ごとに開催される近況報告会に参加する権利、1500台の販売を予定しているASKAの限定モデル(1台78万9000ドル=約8600万円)を優先的に購入できる権利が手に入る。
    NFTは、コンシューマー向けのeVTOL(垂直離着陸機)であるASKAのデザインを2019年に初公開した。
    ASKAは、離着陸場まで道路を自動車のように往復できる独特な設計となっている。
    折り畳み式の翼があり、最高時速150マイル(約241km)、航続距離250マイル(約402km)、6台のバッテリーを動力源とする6基のプロペラと、バッテリー充電用のガソリンエンジン2基を備えている。
    ASKAという名称は「飛鳥」に由来しているが、大型SUV並みの大きさ(4人乗りで翼長約15m)なので、本物の鳥と間違うことはないだろう。

    【空飛ぶ車「ASKA」2026年の発売を目指し、事前予約開始!】の続きを読む


    宇宙の日(うちゅうひ)は、国際宇宙年であった1992年に日本科学技術庁(現・文部科学省)と宇宙科学研究所(現・宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所)が制定した記念。公募により、毛利衛が日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して飛び立った9月12に定められた。 「宇宙の日」と10月4
    3キロバイト (292 語) - 2020年1月17日 (金) 23:58


    日本の科学技術庁(現:文部科学省)と文部省・宇宙科学研究所(現:国立研究開発法人・宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所)が1992年(平成4年)に制定。

    1992年は世界中が協力して宇宙や地球環境について考えようという「国際宇宙年」(International Space Year:ISY)だった。
    これをきっかけに記念日が制定され、日付は一般公募で決められた。

    1992年のこの日、宇宙飛行士・毛利衛さんが日本人として初めてアメリカ航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル・エンデバーに搭乗し、宇宙へ飛び立った。

    また、「1992」年の「92」が「きゅうじゅうに」であり、「9月12日」の数字を並べた「912」が「きゅうじゅうに」と読めることも選定理由となった。
    この「国際宇宙年」をきっかけに末永く宇宙の普及活動を行うことになり、以降「宇宙の日」を記念した記念イベントを毎年実施している。

    記念イベントとして、青少年向けイベント「ふれあいフェスティバル」や「作文・絵画コンテスト」を開催しているほか、JAXAなどが施設を一般に公開している。

    絵画コンテスト作品(2017年 小学生部門グランプリ) 画像元:朝日新聞デジタル また、この「宇宙の日」と国連が制定した10月4日~10日までの「世界宇宙週間」(World Space Week:WSW)を含む一ヵ月間を「『宇宙の日』ふれあい月間」として、集中して全国各地で様々な宇宙関連イベントを実施している。

    【今日9月12日は『宇宙の日』】の続きを読む

    このページのトップヘ