知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:料理


      「おせち」にキムチ、チーズ!? Z世代が選ぶ「理想のおせち料理トップ10」ランキング1位は?
      …モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「ONE MORNING」…
      (出典:TOKYO FM+)


        <<Z世代が選ぶ>>
      理想のおせち料理★TOP 10

      第1位:唐揚げ
      第2位:栗きんとん
      第3位:黒豆
      第4位:ハンバーグ
      第5位:数の子
      第6位:紅白かまぼこ
      第7位:伊達巻
      第8位:キムチ
      第9位:チーズ
      第10位:鯛の塩焼き

      【「おせち」にキムチ、チーズ!? Z世代が選ぶ「理想のおせち料理トップ10」ランキング1位は?】の続きを読む


      226人に聞いた「わが家のおせち事情」。「食べない」約2割は代わりに…
      …お正月といえば「おせち」ですが、近年はコロナ禍の影響もあり、それぞれの家庭のおせち事情も変化しているはず…。そこで今回は、ESSE読者226人におせ…
      (出典:ESSE-online)


      👉226人に聞いた

      「わが家のおせち事情」
      ・つくる 30人
       ・買う 80人 
      ・手づくりと市販を使い分けている 62人
       ・食べない 54人
      「おせちは食べない」と答えた人の多くが、その代わりに自分や子どもの好きなごちそうを食べるようにしているそう。

      【226人に聞いた「わが家のおせち事情」。「食べない」約2割は代わりに…】の続きを読む


      皆んな好き大好き!『たまご料理』

       キユーピー東京都渋谷区)とグループ会社のキユーピータマゴ東京都調布市)が、卵に対する意識や食べ方、トレンドを分析した調査報告「たまご白書 2022」では、「小学生以下の子ども・孫が好きな卵料理」も調べて発表しました。2位は「オムレツオムライス含む)」で、1位は「卵焼き厚焼き卵だし巻き卵含む)」でした。

      1位は「卵焼き

       調査は8月26日~同27日、全国の20~69歳の男女を対象にウェブアンケートで行い、2060人から有効回答を得ました。「たまご白書」の調査は2017年から毎年行い、今年で6回目です。

       回答者のうち、小学生以下の子どもまたは孫がいる人に、自身の子どもや孫が好きな卵料理を複数回答可で選んでもらったところ、「卵焼き厚焼き卵だし巻き卵含む)」が41.1%で1位、「オムレツオムライス含む)」が38.7%で2位、「目玉焼きベーコンハムエッグ含む)」が36.5%で3位でした。

       一方、子どもや孫が「好きなスイーツ」(卵使用)を選んでもらったところ、「プリン」が47.8%で1位、「パンケーキホットケーキ」が45.0%で2位でした。

      たまご白書 2022」には、回答者自身の「好きな卵料理」調査結果なども掲載しており、キユーピータマゴの公式サイトで見ることができます。

      オトナンサー編集部

      子どもが好きな卵料理は?


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【子どもが好きな卵料理、2位は「オムレツ」、1位は? 】の続きを読む


      🤔イタリア料理にトマトが欠かせない理由?
      トマトソースのパスタやピッツァなど美味しいイタリア料理にはトマトが欠かせない。
      イタリアでトマトが食べられるようになった一説について確認してみましょう!

      トマトの原産はイタリアではなく、南アメリカのアンデス山脈の高原地帯とされる。
      そして、16世紀にメキシコのアステカ帝国を征服したスペインのエルナン・コルテス(Hernán Cortés、1485~1547年)によって、トマトはヨーロッパへ持ち込まれた。

      現在日本で一般に普及しているトマトは直径が約8cmだが、当時のトマトは直径が約4cmで小さかった。その小さめのトマトは当時スペイン領だったイタリアの都市ナポリにも伝わった。

      ただし、当時のイタリアではそのトマトを食べる人はいなかった。それはヨーロッパの人々に恐れられていたマンドレイクやベラドンナという植物が原因だった。

      このマンドレイクやベラドンナは毒性が強い有毒植物で、食べると幻覚や嘔吐(おうと)などを引き起こし、場合によっては死に至る危険な植物である。
      これらの毒を持つ植物はトマトと同じナス科の植物だったことから、トマトも有毒で危険だと思われ、イタリアの人々が口にすることはなかった。

      その一方で、トマトは赤や黄色など色鮮やかであり、イタリアの富裕層の間で観賞用の植物として重宝された。そんな中で、お腹を空かせた一人の庭師が死を恐れず観賞用のトマトを食べた。
      これによりトマトが食べられると分かり、イタリアの中でトマト文化が広まっていった。

      ただし、その当時のトマトは皮が硬く、生では食べにくいものだった。そこで、品種改良を行うことで、皮や実が柔らかく水分を多く含んだトマトが作られた。

      また、ナポリがあるイタリア南部は温暖な気候でトマト栽培に適していた。こうしてイタリアでは美味しいトマトが栽培されるようになり、イタリア料理に欠かせない存在となっていった。

      ♦因みに、日本のトマトは甘く生で食べることが多いが、イタリアのトマトは酸味が強くパスタのトマトソースのように煮込むなど加熱して食べることが多い。トマトは煮込むことで味がまろやかで美味しくなる。

      また、日本で見られるパスタ料理で主にトマトケチャップを使って作られるナポリタンは、名前にナポリと入っているが、日本生まれの洋食でありイタリアのナポリが発祥ではない。



      【知ってた?イタリア料理にトマトが欠かせない理由】の続きを読む


      暢子はイタリア料理で修行したのになぜか、沖縄料理の店を出すと決心!
      さらにそんなタイミングでの妊娠、夫の退職という、まったく「ちむどんどん(胸がドキドキ)」しない展開に。

      「料理の知識が全くない男性3人が話し合いながら?」なんと、脚本を練り上げたそうです。
      そのせいで、料理への愛情や生活感がなく、女性キャラは薄っぺらになってしまったんでしょう。
      NHKはなぜ評判が悪いのか、検証して次に生かす必要はありますが、キャストに責任はない。
      『ちむどんどん』に出演していたからといって、評価は下がらないでしょう。今後の出演作に期待したいですね」
      👉ともあれ、朝ドラ次回作「舞いあがれ!」を待ちたいと、アサ芸プラスが報じている。


      【『ちむどんどん』関係者も嘆き「料理の知識が全くない男性3人が話し合いながら…」】の続きを読む

      このページのトップヘ