知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:日本


      「ガチャ」方式 … 一般的には「ソーシャルゲーム」、略して「ソシャゲ」と呼ばれることが多いです。 
      一度のゲームプレイは5分前後で終了し、日常の空いた時間でサクッと楽しむことができます。
      その一方、ゲームを進める・強くなるためには、ガチャから出てくるアイテムが重要になるため、「ギャンブルと似ている」と指摘されることも多いです。
      モバプリの知っ得[192]



      【ゲームの「ガチャ」は日本だけ? 】の続きを読む


      料理番組(りょうりばんぐみ)は、料理を題材としたテレビ番組、ラジオ番組である。 出演者が料理を作る事を主としている。現在放送されている料理番組は、概ね以下ような種類に大別できる。 プロ料理人や料理得意な人が料理を行い、料理作り方を説明することに重点を置いた番組番組を見た視聴者が同じ料理
      14キロバイト (1,702 語) - 2022年11月7日 (月) 01:21


      1937年(昭和12年)1月21日、イギリスのBBCテレビで、料理番組の元祖と言われる『夕べの料理』(Cook's Night Out)が放送を開始した。

      初回の放送内容はオムレツの作り方だった。この番組を担当したマルセル・ブールスタン(Marcel Boulestin、1878~1943年)は、世界で初めてテレビ出演した料理人となり、その後、何人ものスターが現れた。
      日本では1963年(昭和38年)の同じ日に日本テレビ『キューピー3分クッキング』の放送が開始された。通称は「3分クッキング」。
      この番組は2018年(平成30年)に55周年を迎え、日本有数の長寿料理番組となっている。 
      日本においてさらに長い歴史を持つ料理番組としてNHKの『きょうの料理』がある。
      この番組は1957年(昭和32年)11月4日に放送が開始された。そして、60年以上にわたり放送されており、「3分クッキング」と並ぶ長寿料理番組となっている。

      【今日1月21日は『料理番組の日』】の続きを読む


      日本の食卓から「梅干し離れ」20年で4割減に 食べなくなった人たちの本音
       日本の伝統的な食材のひとつである「梅干し」が、窮地に立たされている。総務省の家計調査によると、一世帯当たり(2人以上)の梅干しの年間購入数量は、2…
      (出典:マネーポストWEB)


      日本の伝統的な食材のひとつである「梅干し」が、窮地に立たされている。
      総務省の家計調査によると、一世帯当たり(2人以上)の梅干しの年間購入数量は、2002年には1053グラムだったが、2021年には658グラムまで減少しており、約20年でおよそ4割減っている計算だ。
      先日、梅干し製造問屋が業界の窮状をTwitterで訴えたことも大きな話題になった。

      ◆そもそも白米をあまり食べなくなった 
      ◆家族が喜ぶのは梅干しより鮭フレーク、キムチ
      ◆「ちゃんとした梅干しは高くて手が出せない」の声も


      【日本の食卓から「梅干し離れ」20年で4割減に 食べなくなった人たちの本音】の続きを読む


      日本は借金大国だというのはウソだと時々聞きます。

      🤔どういった理由でウソなのでしょう?

      日本の借金大国というのは財務省がいうところの赤字国債1200兆円のことなんですが、この数字がそもそもおかしい、すでに日銀には400兆円分の国債があるので、この部分を本当は分けて表示しなくてはいけない。
      こんな表記がまかり通るなら、米国は大恐慌の時にFRBから天文学的な金額の借金を背負って、破産しています(これが原因で通貨発行権を米国政府は担保に取られています)。
      これを含めると米国の財政赤字は今の10倍以上になりますが、そんな表記したことがないです。
      普通、国債で自国の中央銀行保有分は省くのが常識です。1200兆円というのが、単なる消費税導入のための脅しではないかと勘ぐってしまいます。

      こう言った事情で日本=借金大国というのは嘘だという人が出てきてしまうんです。
      実際に発行した国債は膨大な量なので、借金がないとは言いませんが、1200兆円を鵜呑みにできないことは間違い無いです。

      【日本は借金大国だというのはウソだと時々聞きます。どういった理由でウソなのでしょう?】の続きを読む


      「空飛ぶバイク」日本のスタートアップ企業が開発 初めての納車 ガソリン・電気を動力源に最高時速100キロ、40分間飛行可能
       日本で開発された“空飛ぶバイク”が16日に初めて購入者に納車されました。  このホバーバイクは、東京に拠点を置くスタートアップ企業が開発しました。
      (出典:テレビ朝日系(ANN))


        「空飛ぶバイク」
      日本で開発された“空飛ぶバイク”が16日に初めて購入者に納車されました。
      このホバーバイクは、東京に拠点を置くスタートアップ企業が開発しました。
      ガソリンと電気を使って6つのファンで空中に浮き、最高時速100キロで40分間飛行できます。
      購入者のSBCメディカルグループ・相川佳之代表
      「先のその未来の事業に対する投資という意味もあり、購入を決めました。」

      開発には5年を要し、1年前に発売しましたが、実際の納車は今回が初めてです。

      開発した企業は今後、自治体などと連携して、災害時の救助などに活用していきたいとしています。


      【「空飛ぶバイク」日本のスタートアップ企業が開発!初・販売&納車】の続きを読む

      このページのトップヘ