知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:映画

      👉山田 真歩

      日本の女優。
      東京都出身。
      明星大学教育学部卒業。
      ユマニテ所属。 
      生年月日: 1981年9月29日 (年齢 40歳)
      出生地: 東京都
      身長: 153 cm
      配偶者: 一般男性(2014年 - )
      事務所: ユマニテ

      山田 真歩(やまだ まほ、1981年9月29日 - )は、日本の女優。東京都出身。明星大学教育学部卒業。ユマニテ所属。 ともに教師である両親のもとに誕生、自らも教師の道を進むべく明星大学教育学部へ進学し、教育学を専攻する。隣接する中央大学の演劇サークル「中央大学第二演劇研究会」に入会しケラリーノ・
      27キロバイト (3,452 語) - 2022年5月11日 (水) 20:57


      👉2009年、大学の演劇サークルの仲間から「自主映画を撮るので出てほしい」と誘われゴールデンウイークの5日間を利用して映画『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』(加藤行宏監督)に出演し、映画デビューを果たす。
      同作を観た入江悠監督により、2010年公開の映画『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』で主人公アユム役に抜擢される。
      また、短編アニメーション『機械人間、11号。』(2007年)では主人公の声優としても参加(第3回札幌国際短編映画祭最優秀国内作品賞受賞、第12回水戸短編映画祭準グランプリ受賞他)。

      2014年にNHK連続テレビ小説『花子とアン』に出演し、ヒロインと同期の女流小説家・宇田川満代役を演じて注目を集める。
      2015年公開の主演映画『アレノ』(越川道夫監督)では自身初となる激しい濡れ場を演じる。
      同作での演技により、第30回高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞する。



      【女優『山田真歩』が16日、フジテレビ系「ポップUP!」にゲスト出演。体当たりな役作りについて明かした。】の続きを読む


      綾瀬はるか・天然石がお似合い(笑)

      女優・綾瀬はるか(37歳)が、6月11日に放送された情報番組「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ系)に出演。映画「はい、泳げません」の撮影での苦労話について語った。

      映画「はい、泳げません」でスイミングスクールの熱血コーチを演じた綾瀬に、番組がインタビューを行い、「プールの撮影ってすごく大変だったと思うんですけど、ここすごく、苦労したよとか、何かありましたか?」と尋ねると、綾瀬は「なんかずっと(プールの)中に入ってることが多くて、寒くなっちゃうっていうのはありましたかね」と答える。

      さらに番組インタビュアーが「寒い時にこれが活躍したってものとかってありましたか?」と質問すると、綾瀬は「なんか、(温水の入った)バケツを用意してもらって、そこに入って、セッティング中、待ってました」と語った。


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【(笑)『綾瀬はるか』スイミングコーチ「はい、泳げません」】の続きを読む


      中島健人 (カテゴリ 経歴が年譜のみにっている人物記事)
      主演・一条楽(主演) 役(中条あやみとW主演) 桜のような僕の恋人(2022年3月24日公開、Netflix) - 主演・朝倉晴人(主演) 役 ガリレオヒット脳研(2009年11月14日 - 2011年8月13日、テレビ朝日) - 準レギュラー JMK 中島健人ラブホリ王子(2013年7月1日 - 9月16日、日本テレビ)
      52キロバイト (6,189 語) - 2022年5月22日 (日) 12:34


      👉あらすじ
      美容師の美咲(松本穂香)に恋をした晴人(中島健人)は、勇気を出して彼女をデートに誘う。
      目標に向かって頑張る美咲にふさわしい人間になるべく、諦めかけていたカメラマンへの夢を叶えるため再びカメラと向き合うことを決意する。
      しかし、美咲は「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症する。
      好きな人と同じ速度で歳月を重ねることができない、という現実を前に晴人と美咲が出した“二人の歩み方”とは…。
      🤔【映画評論家】藤川らるむの感想
      ・評価 2.5 
      2022/06/02 
      ファンタジー映画かとおもいきや本当にある病気で衝撃だった 兄ちゃんが不器用ながらも真っ直ぐで みていてこころいたい 。
      普通の幸せが欲しいだけなのになあ。





      【【映画】『桜のような僕の恋人』】の続きを読む


      👉上白石萌音、初主演映画での輝き!  
      2014年、萌音に大きなチャンスが舞い込む。
      映画『舞妓はレディ』での映画初主演の座だ。
      監督は周防正行氏。
      映画『Shall we ダンス?』(1996年)が代表作の言わずと知れた名監督だ。
      周防氏は、この映画は「萌音さんがいたから実現した作品だった」と振り返った。
      👉どうしても舞妓になりたい少女・春子が、京都の小さな花街にある茶屋を訪ねるも、申し出を断られる。
      しかし、その場に居合わせた言語学者が春子に興味を持ち、彼女が茶屋にいられるように取り計らう。
      見習いになった彼女は、舞妓を目指して厳しい環境の中で奮闘していく。
      👉主題歌
      小春(上白石萌音)「舞妓はレディ」
      公開同年の7月2日にはフランス・パリで開催されるJapan Expoに招待作品として出品。
      第38回日本アカデミー賞で最優秀音楽賞を受賞したほか、上白石がいくつかの新人俳優賞を受賞した。

      ミュージカル『舞妓はレディ』舞台版として、博多座の企画・製作により2018年3月に舞台化され上演された。



      【『上白石萌音』初主演映画での輝き 周防正行監督がオーディション時に見抜いた素質!】の続きを読む


      1946年(昭和21年)のこの日、日本で初めてキスシーンが登場する映画とされる、佐々木康監督の『はたちの青春』(松竹)が公開された。

      当時、映画製作も連合国軍最高司令部(GHQ)の検閲下にあった。GHQの部局の一つである民間情報教育局(CIE)のデヴィッド・コンデが、完成した脚本がその前に見せられたものと違うことを指摘した上、キスシーンを入れることを要求した。

      キスシーンは主演の大坂志郎と幾野道子がほんの少し唇を合わせただけだったが、当時の観客には刺激的で、映画は連日満員の大ヒットとなった。

      実はキスシーンにおいて主演の2人は唇にガーゼをはさんでいたという。

      日本で初めてキスシーンが登場する映画は、川島雄三監督の『ニコニコ大会 追ひつ追はれつ』であるという情報もある。

      これは『はたちの青春』より4ヵ月ほど早い、1946年(昭和21年)1月24日に公開された映画である。

      【今日5月23日は『キスの日』】の続きを読む

      このページのトップヘ