知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:昭和



      あの素晴しい愛をもう一度」(あのすばらしいあいをもういちど)とは、北山修が作詞、加藤和彦が作曲し2人の連名で発表した歌曲。1971年4月5日にレコード発売。1994年3月30日にはCDシングルも発売されている。「あの素晴らしい愛をもう一度」と誤って表記されることが多い。2002年のザ・フォーク・
      16キロバイト (1,619 語) - 2022年2月25日 (金) 07:57


      ◆昭和の名曲♪

      命かけてと 誓った日から
      すてきな想い出 残してきたのに
      あの時 同じ花を見て
      美しいと言った二人の
      心と心が 今はもう通わない
      あの素晴らしい愛をもう一度
      あの素晴らしい愛をもう一度

      赤トンボの唄を 歌った空は
      なんにも変わって いないけれど
      あの時 ずっと夕焼けを
      追いかけていった二人の
      心と心が 今はもう通わない
      あの素晴らしい愛をもう一度
      あの素晴らしい愛をもう一度

      広い荒野に ぽつんといるよで
      涙が知らずに あふれてくるのさ
      あの時 風が流れても
      変わらないと言った二人の
      心と心が 今はもう通わない
      あの素晴らしい愛をもう一度
      あの素晴らしい愛をもう一度


       あの素晴らしい愛をもう一度
               加藤和彦&北山修

      【『上白石萌歌』ちむどんどんで熱唱!あの名曲が蘇る・132『あの素晴しい愛をもう一度』】の続きを読む

      👉 2018年12月3日、「東京テレメッセージ」(東京都港区)はポケットベル(ポケベル)端末の「ページャー(マジックメール)」サービスを19年9月末をもって終了すると発表した。

      3日18時時点で1万件以上のツイートがされており、ツイッターでは「懐かしい」「まだやってたことに驚き」といった声が上がっている。

      》ポケベルが鳴らなくて♪》》》

       ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]が10代から20代を対象に、ポケベルの認知度について調査し、全体の2割が「ポケベルを知らない」と回答したと発表しました。

      【その他の画像】

       全国の15歳から29歳の男女300人を対象にしたネットリサーチ。対象者は「ポケベルを知っていますか?」と質問を受けて、3つの選択肢から回答を選びます。選択肢の内訳は「1.ポケベルを知らない」「2.ポケベルという言葉は知っているが、見たことはない」「3.ポケベルを知っており、見たことがある」となっています。

       全体で最も多い回答は「ポケベルという言葉は知っているが、見たことはない」で57%。「ポケベルを知らない」が20%なので、両者を合わせると77%がポケベルについてほとんど知らないという結果に。

       さらに男女別で分けると、女性よりも男性の方がポケベルを知らないということが明らかに。「ポケベルを知らない」と回答した人のうち、8%が女性・32%が男性でした。ポケベルを知らない男性の比率は、ポケベルを知らない女性の比率の4倍にも到達しています。この結果から、10代から20代男性のおよそ3人に1人がポケベルを全く知らないとわかります

       ポケベルポケットベルの略称で1980年代後半から1990年代前半にかけて流行。当時はスマホ携帯電話が普及しておらず、外出先での連絡などに使われていました。ポケベルメッセージは、数字しか利用できない・受信機能しか搭載していないので送信には固定電話公衆電話が必要といった利用条件があり、現在のスマホと比べると利用の手間がかかっていました。2007年にはNTTドコモポケベルサービスを終了し、特殊な用途を除き、現在はポケベルは使用されていません。

      20代男性は40%がポケベルを知らない


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【『昭和レトロシリーズ・Second time・ポケベル』】の続きを読む


      》》》》》昭和レトロの再来!

       羽田空港に日本初進出・米国発のラーメン自動販売機「Yo-Kai Express(ヨーカイエクスプレス)」が登場しました。

      【その他の画像】4種のラーメン

       「Yo-Kai Express」第1号機が設置されたのは、羽田空港国内線第2ターミナルの24時自販機レストラン内。注文後約90秒でできたてのラーメンが提供されます。

       メニューは「鶏 Yuzu Shio」(塩)、「東京 Shoyu」(醤油)、「九州 Tonkotsu」(とんこつ)、「札幌 Spicy Miso」(みそ)の全4種類。価格は各790円で、クレジットカードVisaMastercard)、交通系IC電子マネーnanaco楽天Edy)での支払いに対応。「お店に負けない本格的なラーメン24時365日楽しめる」とうたっています。

       手掛けたのはアメリカシリコンバレー自動販売機を製造するスタートアップ企業、「Yo-Kai Express」。ユニークな社名は日本の「妖怪」も由来となっており、「いつどんな場所でも人々を楽しませたい」という思いが込められているとのことです。

      Yo-Kai Express


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【カップルヌードルより早く出来るラーメン自販機登場!】の続きを読む

      【画像】『昭和のラジオ・懐かしい声!』

      昭和》》レトロ》》ラジオ》》》》》

      【『昭和レトロシリーズ・その38 ラジオ』】の続きを読む


      「ハムフライ」は秋田県由利本荘市のソウルフードであり、昭和時代には子供がおこづかい(当時10円程度)でおやつに買い求めていました。 

      学校の給食のおかずとしても馴染みが深く、由利本荘市民にとっては昔懐かしい味なのです。

      「ハムフライ」は簡単に言うと名前の通りハムをフライにした食べ物ですが、「本荘ハムフライ」にはきちんとした定義があります。

      ハムは豚肉100%のチョップドハムを使用します。ハムは由利本荘市製造のハム、または由利本荘市の豚肉を原料としたハムを使用します。

      このハムに小麦粉・卵・パン粉をつけて揚げます。揚げ油にもこだわりがあり、ラードもしくはラードが混合されている揚げ油を使用します。大きさは直径約10センチほどで、厚みがあるのが特徴です。

      ペラペラのハムカツとは違い、しっかりとハムの味が堪能できるフライです。

      「ハムフライ」にかけるのは地元の素材にこだわって作られた特製『本荘造 醤油ソース』です。

      ソースをかけなくても十分に美味しいのですが、このソースをかけるとまた一味違います。

      地元の醤油にりんごを加え甘みと酸味をプラスしたオリジナルのソースで、サクサクでジューシーな「ハムフライ」にぴったりです。
      ♦因みに、由利本荘市のソウルフード「ハムフライ」は気軽に食べ歩きができるので、観光客にも人気の地元グルメです。
      サクサク食感とハムの組み合わせはたまりません。1枚150円〜200円で、コンビニのハムカツサンドとは、また違った味で食べ応えがあり、何か懐かしい気持ちにもなり、お得な気分になれる「ハムフライ」はお勧めです。


      【【ソウルフード】由利本荘市のハムフライ】の続きを読む

      このページのトップヘ