知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

    タグ:昭和レトロ


    沼津市(ぬまづし)は、静岡県の東部にある。伊豆半島の付け根西側に位置する。施行時特例の1つ。 駿河湾に臨む伊豆半島の付け根、愛鷹山の麓に位置する港町である。ただし伊豆国ではなく駿河国に属していた。 静岡県東部地域の中心都市であり、周辺自治体とともに沼津都市圏を形成している。
    91キロバイト (11,657 語) - 2021年11月9日 (火) 12:24


    ◆桃屋のパン

    ▷その歴史は東京オリンピックがかつて行われた昭和39年。

    □以来、沼津では欠かせないソウルフードとして多くの方に愛され続けている「桃屋のたれ付きパン」は一度食べると忘れられず、今や県外からのリピーターも多く訪れる。

    昭和レトロなこちらの外観からも容易にそのおいしさが感じられる。
    ショーケースにぎっしりと並べられた総菜パンはもちろん、フライも絶品だ。

    地元民がひっきりなしに訪れる「桃屋のパン」
    ◇因みに、こちらの店は、昔ながらのお惣菜屋さん。
    お惣菜の他、団子もある。
    パンはボリュームの割に安く、お得感がある。

    【【ソウルフード】『沼津市・桃屋のパン』】の続きを読む


    ノスタルジア (昭和レトロからのリダイレクト)
    識」に基づいたものとして高く評価し、失われた過去ヘ戻りたいというホームシックの念に基づいた『ALWAYS 三丁目の夕日』に代表される「昭和30年代ブーム」や「レトロブーム」とは対極にあると位置づけた。 作品の制作プロセス・内容は主に以下が挙げられる。一つは、第三者が「ノスタルジア」を想起し、その第
    56キロバイト (7,038 語) - 2021年9月11日 (土) 05:43


    昭和レトロシリーズ今回は👾ミニチュアの色々
    あの懐かしい○○が〜🎰
    🎨今・よみがえる!!!
    なんと、その答えは🎴
    📻セリア=100均だった❣

    【『昭和レトロシリーズ その34( ミニチュア)』】の続きを読む


    『昭和の映画絵看板』岡田秀則監修、貴田奈津子企画』について画像をまとめてみた


    ■映画がスターという地上の星たちのもので、スクリーンが銀の幕だったころ、
    絵看板は空に浮かぶ巨大な予告編だった。

    ▶通常の絵看板のほかにも、絵の一部を切り抜いて大きく際立たせた「切り出し看板」、さらに一部を立体に組み替えた「立体看板」、絵の一部が動く「動く看板」、車で移動する「街頭宣伝車」についても言及。



    【昭和レトロシリーズ その33(映画絵看板)】の続きを読む


    週刊文春』(しゅうかん ぶんしゅん)は、株式会社文藝春秋の発行する週刊誌である。 1959年4月創刊。日本の出版社系週刊誌では1956年創刊の『週刊新潮』(新潮社)と並ぶ老舗。「新聞・テレビが書かない記事」を書く週刊誌というスタンスをとる。 1977年5月12日号から、表紙の絵はイラストレーターの
    132キロバイト (21,084 語) - 2021年8月10日 (火) 19:08


    ◆「週刊文春」が8月26日発売号を最後に電車の中づり広告を終了する。

    ▶同誌は約51万7千部(日本雑誌協会調べ)と業界トップ。首都圏を中心に通勤時の風景として定着した「中づり」はなくなってしまうのか。
    ✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾
    やはり時代の流れだろうか?
    中吊り広告は景気判断にとても有用な手段。最近はスマホ、タブレットが車内では主流。
    満員電車なんかの時には、広告の記事タイトルを見ただけで内容を色々想像したりして。。
    基本広告料が、高すぎるから、景気いいとこしか出してないのは変わりない。
    今は、美容整形系が元気なようだ。
    《裏話》週刊文春の誌面の校了は火曜夜だが、中づりは日曜にほぼ完成させ、月曜夜に校了する必要がある。
    そのため火曜の時点で、重大な事件が発生したり、スクープをつかんだりした場合、誌面に入れられても中づりには間に合わなかったりするそうだ。
    やはり、スマホ〜パソコンに時代は移ったという事だろう。

    【【車内広告終了】『週刊文春』】の続きを読む

    このページのトップヘ