知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:東京


      ファッションショー(英: fashion show)とは、服飾作品発表、あるいは、流行創出や販売促進などを企図し、モデルに服を着せて観衆に提示すること。イベントとして大きくなると、日本ではコレクションと呼ばれることが多いが、英語では数に渡る所に着目して「ファッション・ウィーク」特に約1週間 にわたって開催されるものを指す。
      27キロバイト (2,941 語) - 2022年8月13日 (土) 18:09


      1927年(昭和2年)9月21日、東京・銀座の三越呉服店で日本初のファッションショーが行われた。

      一般から図案を募集した着物のファッションショーで、初代・水谷八重子(みずたに やえこ、1905~1979年)ら3人の舞台女優がモデルとなった。

      このファッションショーは三越の6階にある三越ホール(現:三越劇場)のこけら落としイベントの一つとして開催された。

      ファッションショーは9月21日~23日の3日間にわたり実施され、連日大盛況だった。

      当時のパンフレットには着物姿のモデルの写真の他に、着物で日本舞踊を披露する様子も写っており、日本で初めてのファッションショーという斬新な試みは当時大きな話題となった。

      【今日9月21日は『ファッションショーの日』】の続きを読む


       (鶏肉の惣菜専門店)
          < 鳥大>
      ▶予約・お問い合わせ  ☎03−3905−1414

      ▶交通手段 
      埼京線十条駅西口徒歩3分
      十条銀座商店街中ほど

      十条駅から294m

      ▶営業時間 

      10:00~20:00

      ▶定休日

      日・祝(連休等は不定休)

      営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

      🐓チキンボール
      ミートボール位の大きさで豆腐も入っているので、硬くなくフワッとした食感が平均して味わえます!
      なによりも、リーズナブル価格なのでオヤツやお酒のオトモにも最適です!


      【【ソウルフード】『十条商店街チキンボール』】の続きを読む


      タクシーは旅客意思によって運行内容が決まり、輸送人数も小規模、即ち柔軟性が高い特徴を持つ。 馬が移動交通手段中心を担っていた時代では、馬車は、人や荷物輸送手段として多く用られていた。馬車を所有する者中には運賃を収受することで、収入を得る者が現れ、タクシーの
      22キロバイト (2,761 語) - 2022年7月30日 (土) 05:58


      1984年(昭和59年)に東京乗用旅客自動車協会(現:東京ハイヤー・タクシー協会)が制定し、翌1985年から実施。

      全国乗用自動車連合会(現:全国ハイヤー・タクシー連合会)が全国統一キャンペーンとして実施している。

      1912年(大正元年)8月5日、東京・有楽町の数寄屋橋にあったタクシー自動車株式会社が日本で初めてのタクシーの営業を開始した。

      日本初のタクシーはT型フォードであり、6台で事業を開始して以来、2012年(平成24年)で生誕100周年を迎えた。

      【今日8月5日は『タクシーの日』】の続きを読む


      ビヤホール「アサヒ軒」が開かれたが最初。その2年後1899年(明治32年)8月4、東京府京橋区南金六町5番地(現在東京都中央区銀座8丁目)に、日本麦酒醸造株式会社(現在サッポロビール)が「恵比寿ビヤホール」を開きれ、初めて「ビヤホール名称が使われた。これを記念して8月4
      5キロバイト (572 語) - 2022年1月25日 (火) 07:12


      ビアホールチェーンの「銀座ライオン」を経営する株式会社サッポロライオンが1998年(平成10年)に制定。

      1899年(明治32年)8月4日、東京・銀座の新橋際(京橋区南金六町五番地 現:銀座八丁目)に、日本初のビアホール「恵比壽(ヱビス)ビヤホール」(銀座ライオンの前身)一号店が開店した。

      ビヤホールの持つ、明るい雰囲気、親しみやすさを多くの人に味わってもらうことが目的。

      記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

      【今日8月4日は『ビヤホールの日』】の続きを読む


      👉香港ミニチュア展
      ビクトリアハーバーを再現したミニチュア展開催!

       香港の街並みに東京で出会える「香港ミニチュア展」が、2022年7月28日8月7日に東京・丸の内の「KITTE」1階アトリウムで開催されます。入場は無料。

      【フォトギャラリー】クントンやバンブーシアターを再現したミニチュア作品

       香港ミニチュア展は、香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部が主催する、香港特別行政区の設立25周年を記念したイベントの一つです。

       注目となるのは、「100万ドルの夜景」で知られるビクトリアハーバーを750分の1スケール(3.5×1.5×1メートル)で再現した、香港以外では世界初公開となるミニチュア作品。40棟の摩天楼の明かりに加えて木造帆船「ダックリング号」、九龍半島の南端と香港島を結ぶ「スターフェリー」が海上を進む様子など、香港の象徴的な風景を再現しました。

       この他、会場には日本初公開となる25点の作品を含めた、大小さまざまな40点の作品を展示します。開催期間は2022年7月28日8月7日、観覧時間は各日11時21時、初日のみ17時開場です。

      ビクトリアハーバーを再現したミニチュア(画像:香港特別行政区政府 駐東京経済貿易代表部)


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【「100万ドルの夜景」などをミニチュアで再現!香港ミニチュア展】の続きを読む

      このページのトップヘ