知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:沖縄


      》》》知念里奈まるで変わってない!

      安室奈美恵さんやFolder5SPEEDなど、数々の有名歌手を輩出してきた沖縄アクターズスクール知念里奈さんも、沖縄アクターズスクール出身タレントとして、歌手として大活躍しました。現在は主に舞台女優として活動しています。そんな知念里奈さんも41歳となりアラフォーになりました。しかし、現在の姿が全盛期のころと変わらずにかわいすぎるとして話題になっているのです。

      知念里奈の現在がかわいい

      『DO-DO FOR ME』で歌手デビューを果たし、1997年、『第39回日本レコード大賞』最優秀新人賞を受賞した知念里奈さん。

      プライベートでは、中村健太郎さんとできちゃった結婚を発表し、長男を出産。

      その後離婚し、ミュージカル界のプリンスと呼ばれている井上芳雄さんと再婚、第2子を出産しました。

      長男は先日16歳となり、息子とのツーショット写真をインスタグラムで公開しました。

      それでは、長男とのツーショット写真をご覧いただきたいと思います!

      //www.instagram.com/embed.js

      まるで恋人同士のようなお二人です!

      親子とは思えない姿に、「カップルみたいに素敵な写真。」「子供っていうより、歳下の彼氏みたい。」「素敵すぎます。」と、ネット上にコメントが寄せられていました。

      41歳とは思えない若々しさが、親子というよりも恋人というよう杏雰囲気を感じさせているのかもしれません。

      現在の知念里奈さんがかわいすぎて年齢不詳レベルです。というのも、全盛期のころとほとんど変わっていないからなのです。

      それでは、昔の知念里奈さんの姿をご覧いただきたいと思います!

      昔とかわらない姿がヤバい!

      //www.instagram.com/embed.js

      向かって右に写っているのが、知念里奈さんです。

      15歳のころのお写真ですが、今とほとんど変わらない……それどころが、現在の方が若返っているようにすら感じてしまいます!

      現在の知念里奈さんも、昔の知念里奈さんもかわいすぎて、これからはどのように年を重ねていくのか楽しみな女優さんですね。

      知念里奈プロフィール

      芸名(読み):知念里奈(ちねんりな)
      生年月日:1981年2月9日
      出身地:沖縄県
      血液型:O型
      1996年デビューをした。
      女優として活動している。

      sourceタレント辞書



      画像が見られない場合はこちら
      知念里奈(41)現在の姿が年齢不詳、全盛期のころと変わらずかわいすぎてヤバい!


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【知念里奈(41)現在の姿が全盛期のころと変わらず!】の続きを読む



      ◆味もパッケージも昔のまま!

       コロナ禍で、レトルト食品には大変お世話になった。総務省統計局の調査によると、2020年レトルト食品国際生産量は38万8746トン(前年比1.4%増)と4年連続で過去最高を記録した。品目別では、カレー、食肉野菜混合煮(どんぶりの素)、つゆ・たれが過去最高の生産数を更新した。

      【画像】世界初の市販用レトルト食品「ボンカレー」が唯一変えなかったことは?

       われわれの生活に欠かせない存在となったレトルト食品。実は、日本発祥というのをご存じだろうか。1968年、大塚食品が世界で初めて市販用レトルト食品ボンカレー」を開発したことから歴史が始まる。今では当たり前のようにスーパーの棚に並んでいるが、この光景が「当たり前」になるまでにいくつもの技術革新があった。

      ●米国のパッケージ専門誌がヒント

       1964年カレー粉や即席カレールーのメーカーを傘下に置いたことがきっかけで、大塚食品はレトルト食品の開発に乗り出すことになる。しかし、当時から市場の競争は激しかった。類似商品を出したところで、生き残ってはいけない。

       打開策を考える中で、たまたま米国のパッケージ専門誌で「ソーセージの真空パック」を目にした。缶詰に代わる軍の携帯食として、お湯で温めるだけで食べられるソーセージとして紹介されていたのだ。

       「この技術とカレーを組み合わせたら、お湯で温めるだけで簡単にカレーが食べられるようになるかもしれない」と考え、すぐに商品開発が始まった。しかし、世界初のチャレンジだ。そう簡単にはいかない。

       まず、大塚グループが長年培ってきた点滴液の殺菌技術を応用して、レトルト釜を自分たちでつくってみた。カレーを入れたパウチをレトルト釜に入れ、食材内に含まれる微生物を殺菌するために高温処理をしたところ、中身が膨らみ破裂したという。

       破裂を防ぐための圧力をかけるが、温度と圧力の兼ね合いやパウチの耐久性、強度など複数の要素が絡み合い、開発は難航した。ポリエチレン樹脂とポリエステル樹脂の2層構造を採用したパウチを開発したことで、ようやく光が見え始める。十分な強度が保てたと思ったら、輸送途中にパウチに穴が空くなどトラブルが続いた。

       構想から4年がたち、1968年にやっと完成。しかし、1年ほどは販売拠点を阪神地区に限定していた。使用していたパウチは半透明だったため、どうしても光や酸素に触れてしまい、風味を保つことができず、遠方への輸送が難しかったのだ。賞味期限も夏場は2カ月、冬場は3カ月と、現在(13~25カ月)と比較してかなり短かった。

      ●賞味期限が2年に! 全国デビューを果たす

       阪神地区では販売を始められたものの、衝撃に弱いなど半透明パウチは多くの問題を抱えていた。全国展開に向けて、包材メーカーと協力し、ポリエチレン、アルミ、ポリエステルの3層構造パウチを採用。業界に先駆けて、光と酸素を遮断するアルミ箔を用いた「アルミパウチ」によって、強度や賞味期限が劇的に改善された。

       流通過程での破損も減り、大量陳列も可能に。賞味期限は2年に延びた。とうとう1969年に全国デビューを果たす。「よーし! 課題はクリアしたし、ガンガン売っていくぞ!」と意気込んでいたものの、発売当初の世間の反応は冷ややかだった。

       それもそのはず、消費者は「保存料を使っていない、3分で食べられるおいしいカレー」なんて「作れるはずがない」と思っていたのだ。また、値段もネックとなった。素うどん50円の時代に、”よく分からないカレー”に80円も払う消費者は少なかった。

       同社の製品部 伊藤征樹氏は当時の値段設定について「街の食堂のカレー100円程度でした。ボンカレーは、当時は高級品だった牛肉も使用していました。包材コストなども考慮したら、80円はそこまで高くない価格だったと思います。もちろん、”手軽に買える値段”でもなかったと思いますが」と話す。

       そこから営業活動や広告宣伝を通じて徐々に消費者に浸透させていく。1973年、年間販売数量1億食を突破した。78年には「ボンカレーゴールド」を発売。その後も、内容量を増やしたり、味のレパートリーを拡充したりと消費者のニーズに応え、ファンを増やしていった。

      電子レンジで「チン」して完成! 発売35年目でたどり着く

       賞味期限を延長させたことのほかに、技術革新でいえば電子レンジ利用ができるようになったことも見逃せない。発売から35年目に当たる2003年、商品のフタを開け、箱ごとレンジで2分間温めるだけで完成するレンジ対応パウチを採用した。

       湯せん対応のパウチはアルミ箔を使用していたため、電子レンジに入れると火花が出てしまい、使えなかった。パウチが爆発しないように、箱に空気を逃がすための穴をつくった。

       社団法人中央調査社によると、日本の一般家庭の電子レンジ保有率は90年に70%、2000年以降は90%以上に。そういった背景を考慮しても、湯せんから電子レンジ対応への移行は時代の要請だった。

       大塚食品の努力がなければ、今日、ここまでレトルト食品が浸透することはなかったかもしれない。つまり、特許を取得すれば、同社がこの技術を独占することもできたはずなのだ。

       「レトルトカレーそのものが、明らかに利便性が高い商品でした。自社で独占せずに市場の活性化を優先させたと聞いています」(伊藤氏)

      ●さまざまな技術革新 唯一、変えなかったことは?

       カレーの面白いところは、「国民食」という地位を確立しながらも形を変え、ブームを生み出し続ける点にあると思う。スープカレースパイスカレー、どろっとしたカレーなどその種類は多岐にわたる。

       大塚食品も発売当初から、原材料の変更などさまざまなアレンジを加えてきた。プチ贅沢(ぜいたく)が味わえる「ボンカレーGRAN」(現在は販売を終了)や動物性原料を使用しない「ボンカレーベジ」など、多様化する消費者ニーズに合った商品を世に送り出している。

       伊藤氏は「コロナ禍で生活様式が一変し、人々の価値観も大きく変わりました。どうしても家にこもりがちですが、そんな中でも食事を楽しんでほしいという思いで既存商品のリニューアルやサブブランドの立ち上げなどを進めています」という。

       何度も技術革新を起こし、アップデートを繰り返してきたボンカレーだが、唯一変わっていないことがある。沖縄で販売されるボンカレーは昔ながらのパッケージを守り続けているのだ。パッケージだけでなく、味も1968年に発売した当時のままだという。

       「沖縄の県民性が関係しています。ボンカレーの新商品も販売していますが、昔ながらのパッケージの方が売れるんです(笑)

      レトルト食品の歴史は大塚食品の「ボンカレー」から始まった


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【レトルト王・ボンカレー技術革新を重ねても唯一、”変えなかったこと”は?】の続きを読む

      ★沖縄が本土復帰50年を迎える2022年。 

      ★連続テレビ小説 第106作「ちむどんどん」

      ★沖縄に生まれ育ったヒロインと兄妹たち家族を描きます。
      ☺️今春からNHK「朝の連続テレビ小説」で沖縄北部やんばる地域を舞台にした「ちむどんどん」が、始まります。
      🙄アメリカ統治下の沖縄で生まれ育った4人の兄妹たちが成長していく50年の物語。
      🥳沖縄が日本に復帰したのは1972年5月15日。その日をもって27年間に及ぶアメリカ合衆国の占領統治時代が終わました。
      ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

      ヒロイン比嘉暢子役は沖縄県出身の黒島結菜(くろしまゆいな)さん。
      暢子は本土復帰となる1972年に高校を卒業すると、上京してレストランで修行に励み、そこである男性と運命の出会いをする。 
      彼女は沖縄料理に夢をかけ、東京の地で奮闘していく。
      放送期間: 2022年前期 - (予定)
      出演者: 黒島結菜; 仲間由紀恵; 大森南朋; 竜星涼; 川口春奈; 上白石萌歌; 宮沢氷魚; 
      撮影地: 沖縄県

      ♦因みに【ちむどんどん】は沖縄方言で「胸がドキドキする」という意味で、わくわくする気持ちを表す言葉です。


      【ワクワク『次回NHK朝ドラ・ちむどんどん』】の続きを読む

      岡部 啓一(おかべ けいいち、1969年5月26日 - )は、日本の作曲家、編曲家。兵庫県神戸市出身。有限会社MONACA代表取締役

      ちむどんどん』は、2022年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第106作として、同年春から放送予定の日本のテレビドラマ。沖縄の本土復帰50年を記念し、沖縄本島北部のやんばるを舞台としている。沖縄料理に夢を懸けるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の「家族」と「ふるさと」の物語。
      16キロバイト (1,565 語) - 2022年1月3日 (月) 05:02


      タイトルの「ちむどんどん」とは沖縄方言で「胸がわくわくする気持ち」の事。

       NHKは、2022年春からの放送を予定している連続テレビ小説『ちむどんどん』について、アクションRPGNieRニーア)』シリーズなど数多くのゲーム・アニメ作品に携わった音楽クリエイター集団「MONACA」所属の岡部啓一氏、高田龍一氏、帆足圭吾氏ら3名を音楽担当に起用すると発表した。

      (画像は2022年度前期 連続テレビ小説「ちむどんどん」音楽担当決定のお知らせ | 連続テレビ小説 | NHKドラマより)

       『ちむどんどん』は、映画サクラダリセット2017)やテレビドラマ時をかける少女2016)などの作品で知られる俳優の黒島結菜さんを主演に展開される連続テレビ小説の第106作である。本作は沖縄が本土復帰から50年を記念した作品。劇中では沖縄に生まれ育った四兄妹の次女として、料理のシェフを目指す「比嘉暢子(ひが のぶこ)」の奮闘が描かれる。

       今回の発表に関して、スクウェア・エニックスが展開する『NieRシリーズかかわりの深いゲームクリエイターヨコオタロウ氏は、自身のTwitterアカウントニーア踏み台にとうとうNHK朝ドラまで上り詰めましたよ……」と反応。その後、岡部さんはツイートへの返信でニーアが下駄を履かせてくれた」と冗談交じりに返答していた。

       連続テレビ小説『ちむどんどん』は2022年春から放送される予定だ。


      NHKオンラインの番組紹介ページはこちらMONACA(有限会社モナカ)公式サイトはこちらMONACA(有限会社モナカ)公式Twitterアカウント(@monaca_jp)はこちら


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【NHK、次期の連続テレビ小説『ちむどんどん』音楽担当が「MONACA」の岡部啓一氏ら3名に決定!】の続きを読む


      風邪と勘違いするほど
           沖縄の感染者半分が20代

      NO.10118103
      ワクチン2回接種でも症状「風邪かと思った」「こんなにきついとは」 沖縄のコロナ感染者47%が20代
      ワクチン2回接種でも症状「風邪かと思った」「こんなにきついとは」 沖縄のコロナ感染者47%が20代
      沖縄県内の新型コロナウイルス感染者は1日から11日までで8322人に上り、行動が活発な20代が3971人と全体の47%を占めている。ワクチン2回接種後に感染、発熱やせき症状が特徴で「風邪かと思った」と話す人も多い。患者増でPCR検査がなかなか受けられなかった人や、基礎疾患があるため入院した人もいる。症状が改善しても味覚・嗅覚に違和感を覚えるケースも出ており、引き続き警戒が必要だ。

      「ワクチンを2回接種したので大丈夫だと思っていた」。那覇市で自宅待機を続ける会社員(24)は、7日に感染が判明。喉の痛みやせき、39度以上の熱が3日間続き、苦しんだ。37度に下がった今も就業制限で出勤できず「症状がこんなにきついとは思わなかった」と話す。

       那覇市の会社員(21)は4日に喉の痛みを感じたが「風邪だと思った」と振り返る。翌日、同居する妹が発熱し、慌ててPCR検査を予約したが取れたのは6日後。抗原検査キットを薬局で買い、陽性反応が出たという。

       症状が改善しても違和感を覚える人もいる。

       南城市の大学生(21)は体調不良で県の相談窓口に電話したが全然つながらず、9日に一般のPCR検査を受けた。39度以上の熱と倦怠(けんたい)感が2日間続いた後、平熱に戻ったが「今も味覚や嗅覚の低下を感じている」と不安を明かした。

       東京の大学に通う男性(20)は成人式に参加するため昨年末に那覇市の実家に帰省し、年明け8日に感染が分かった。39度近い熱が出た後に症状は落ち着いたが、今も家族とは1階と2階に分かれて生活している。「大学入学後か..

      【日時】2022年01月12日 08:00
      【ソース】沖縄タイムス

      【沖縄のコロナ感染者の約半分が20代!】の続きを読む

      このページのトップヘ