知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:漫画


      けものフレンズ > けものフレンズ (アニメ) 『けものフレンズ』は、けものフレンズプロジェクトによる『けものフレンズ』を原案とするテレビアニメ作品。2017年1月より3月までテレビ東京ほかで第1期が放送され、2019年1月より4月まで第2期『けものフレンズ2』がテレビ東京ほかで放送
      307キロバイト (38,396 語) - 2022年4月27日 (水) 03:24


      👉けものフレンズ

      アニメ全12話の無料一挙放送!


      【「けものフレンズ」アニメ全12話の無料一挙放送】の続きを読む


      moris1022の2018年6月19日のツイート、2018年6月21日閲覧。 ^ “ショートアニメ『ゴールデン道画劇場』#10「カムイ大爆笑編」を1週間限定公開!!”. TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト (2018年6月19日). 2018年6月21日閲覧。 ^
      268キロバイト (40,277 語) - 2022年4月27日 (水) 15:00


      「ゴールデンカムイ」完結!
      8年間の感謝を込め、北海道の雪原に杉元&アシリパが登場。
      野田サトル「ゴールデンカムイ」が、本日4月28日発売の週刊ヤングジャンプ22・23合併号(集英社)にて完結。
      これを記念して、「THE SNOW COMIC」と題されたビジュアルが公開された。
      「THE SNOW COMIC」は北海道在住のスノーアーティスト・梶山智大協力のもと、約100m×70mという規模の巨大な絵を、人間の足で実際に雪を踏みしめることで描いたもの。
      同時公開された連載完結記念PVでは、試行錯誤を繰り返しながら絵を完成させていく様子が、壮観な神威岳、シマエナガやエゾシカら作中にも登場した動物の映像とともに届けられた。

      完成した「THE SNOW COMIC」をドローン撮影したグラフィック、そしてその映像を使用した広告が、東京の品川と新宿、北海道の札幌と帯広に掲出中。
      広告には「ふたりの足跡は、北の大地に刻まれている。」というキャッチコピーが添えられている。
      📖📖📖📖📖📖📖📖📖📖📖

      「ゴールデンカムイ」の単行本30巻は6月17日、最終31巻は7月19日に発売。
      なおとなりのヤングジャンプとヤンジャン!では、完結を記念した全話無料公開を本日4月28日23時59分まで実施している。
      最終話は10時に公開予定だ。また本日4月28日より、東京・東京ドームシティ内のGallery AaMoで展覧会「ゴールデンカムイ展」が開幕。
      同会場での開催期間は6月26日までで、その後京都、福岡などを巡回する。



      【『ゴールデンカムイ』完結!】の続きを読む

      👉安野モヨコ(あんの もよこ)

      高校在学中『別冊少女フレンドDXジュリエット』掲載の『まったくイカしたやつらだぜ!』にてデビュー。

      安野 モヨコ(あんの もよこ、1971年3月26日 - )は、日本の漫画家。株式会社カラー取締役。東京都杉並区出身、多摩市育ち。血液型O型。関東高校(現・聖徳学園高校)卒業。別名義に安野 百葉子(読み同じ)。 夫は映画監督の庵野秀明。同じ漫画家の小島功は伯父にあたる。
      19キロバイト (2,331 語) - 2022年4月16日 (土) 23:13


      👉安野 モヨコ
      ♦代表作
      『シュガシュガルーン』
      『ハッピー・マニア』
      『さくらん』
      『働きマン』
      ♦受賞
      第29回講談社漫画賞児童部門(『シュガシュガルーン』)
      第23回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『鼻下長紳士回顧録』)

      🤔影響を与えた漫画家と好きな小説家は?

      やはりいろいろな漫画を描いてきた、手塚治虫先生だと思います。
      多くの漫画家がそうだと思いますが、子供の頃は鉄腕アトム、小学生くらいになるとブラックジャックをみて、大人になればブッタとか、どんどん成長と共に全ての作品にふれることが出来るというのは、やはり凄いなぁと思います。
      一番好きな小説家は内田百閒です。
      描こうとする物に丁寧にそっていくという書き方で、私も丁寧になぞるようなやり方をしてみたいと思ったのは彼の影響だと思います。

      🤔マンガ家を目指したきっかけは?

      マンガ家を自分の夢だと確信したのは、小学生3年か4年の時、10才くらいのときですね。
      学校で将来何になりたいですか?という課題があって、そういうのって幼稚園くらいのときからよく聞かれる質問だと思うのですけど、私のときは、クラスのほとんどの女子が保母さんだと答えてたのです。
      あとはケーキ屋さんになりたいって子がひとり。
      私、甘いもの苦手だし、自分も子供なのに子供と遊ぶってゆうのにも変だなって思ってしまって(笑)それで、考えたあげく花が好きなので、お花屋さんって答えが良いと思ったのです。
      ただ、それからずっと違和感があるというか、しっくりこなくて、なんだろうってぼんやりと毎日考えていたのですが、あるとき学校のお掃除の時間に、「あ、わたし漫画家になりたいんだ」ってふと思ったのです。
      その思いがとてもしっくりきて、それが私の目標なのだと初めて思った瞬間だったと思います。
      今でもしっかりと覚えているくらいの、衝撃的な瞬間でした。

      【大人気【漫画家】『安野モヨコ』】の続きを読む


      moris1022の2018年6月19日のツイート、2018年6月21日閲覧。 ^ “ショートアニメ『ゴールデン道画劇場』#10「カムイ大爆笑編」を1週間限定公開!!”. TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト (2018年6月19日). 2018年6月21日閲覧。 ^
      263キロバイト (39,329 語) - 2022年4月7日 (木) 11:20

      『ゴールデンカムイ』は、野田サトルが「週刊ヤングジャンプ」に連載中の冒険活劇マンガ。
      明治時代後期の北海道を舞台に、網走監獄の死刑囚達が隠した莫大な埋蔵金を巡るサバイバルが描かれている。
      これまでに、TVアニメ第1期が2018年4月~6月、第2期が2018年10月~12月、第3期が2020年10月~12月に放送されるなど、コミックスに留まらないメディア展開も行ってきた。
      「週刊ヤングジャンプ」22・23合併号での最終回に向けて、WEBコミックサイト「となりのヤングジャンプ」およびアプリ「ヤンジャン!」にて全話無料公開が決定。
      4月7日から雑誌掲載済みの1~311話を公開し、以降312~314話は掲載誌発売時点で順次公開だ。


      【【漫画】『ゴールデンカムイが完結へ』】の続きを読む

      🤔【やんごとなき】とは?

      主に、高貴の身であるという意味の古語。 止むことがないという意味で、そのままにしてはおれない、それほどに尊い、高貴な身分である、といったような意味に派生した。


      やんごとなき一族』(やんごとなきいちぞく)は、こやまゆかりによる日本の漫画作品。『Kiss』(講談社)にて、2017年8月号から連載中。 江戸時代から400年以上続く名家に嫁いだ一般庶民の女性が表向きは豪華絢爛雰囲気を漂わせる一族の中で起こる醜い諍いや、未だに残っている男尊女卑の慣習などに翻弄さ
      19キロバイト (1,900 語) - 2022年3月29日 (火) 10:13


      👉やんごとなき一族
      4月14日放送 第1話 初回15分拡大 篠原佐都(土屋太鳳)は、母の良恵(石野真子)と2人で下町の大衆食堂『まんぷく屋』を切り盛りする女性。
      ある日、佐都はかねてより交際してきた深山健太(松下洸平)にプロポーズされ、それを受け入れる。
       佐都が健太の実家へ挨拶に行くことになった日、2人を迎えに、1台の高級リムジンが店の前に現れる。
      なんと健太は、江戸時代から400年以上続く名家で莫大(ばくだい)な資産を有する一族・深山家の御曹司だったのだ。
       健太の出自に驚き、彼の両親に気に入ってもらえるかと不安がる佐都に、健太はこれまで実家と距離をとってきた理由を正直に打ち明ける。
      そして、深山家当主である父の圭一(石橋凌)が佐都に会いたがっていることを伝えて安心させる。
       その後、2人は深山家に到着するが、圭一から命令された健太の母・久美(木村多江)によって、佐都は門前払いを食らい呆然(ぼうぜん)とする。
      圭一は、佐都が庶民であるという理由で2人の結婚を受け入れていなかった。
      上流社会の理不尽なしきたりや深山家内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)される佐都と健太。そしてここから、2人の奮闘の日々が幕を開ける!

      ♦やんごとなき一族
        いよいよスタート ❢

      【いよいよスタート!『やんごとなき一族』】の続きを読む

      このページのトップヘ