知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:犬


      🤔メスは右手を好み、オスは左手を好む

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       人間の場合、90%近くの人が右手を主に使う右利きだ。10~13%の人は左利きで、男性は女性よりも、左利きの割合が3倍多く、両利きの人はごく稀だという。

       比較的最近まで、利き手は人間に固有のものと考えられてきた。だが動物の研究が進むにつれ、利

      き手はあらゆる哺乳類の基本的な特徴である可能性が出てきた。

       しかし、これが動物ではどのように表れるのか、そしてこれが人間の利き手と同じようなものなのかははっきりしないが、犬の場合はどうなのだろう?

       よく使う利き手(利き前足)は存在するのか?もしあるなら、左右どちらの方が多いか?

      【画像】 犬に利き足はあるにはある

       オーストラリアクイーンズ大学の研究者らは、飼われている犬が、好みのほうの手(前足)ばかり使う"利き手"の証拠があるのかどうかを判断するために、さまざまな実験を行った。

       おもちゃを安定させる、容器の中にあるエサに手を伸ばす、体に巻きついた毛布や粘着テープなどを取り除くという行為を観察した。

       ほかにも、階段を降りるときに最初に踏み出す足や、お手を要求されたときに出すほうの手なども、記録された。

      ・合わせて読みたい→ねこねこ雑学。猫のメスは右利き、オスは左利きが多い(アイルランド研究)

       この研究は『 ScienceDirect』に発表された。

       これらの研究からわかったことは、多少の違いはあるものの、最近のメタ分析からすると、全体として両方の足を使いこなすものの、好みの片足を優先する傾向が強いことがわかった。つまり利き手(利き足)はあるということだ。

      iStock-1206644772

      photo by iStock

      犬の利き足に偏りはないが、シチュエーションで異なる

       しかし人間とは異なり、左右どちらを優先するかは、ほぼ均等に分かれており、犬の"利き足"は、集団というよりも個体に特有のものだという。

       重要なことは、研究結果は、実験中に犬が頻繁に使う足の違いを指摘していて、4本の足の使用は、その実験内容の複雑さの違いによるという。

       例えば、よく使われる円錐形の犬のおもちゃコングボール」を安定させる実験では、だいたい、左前足、右前足、両前足使った回数がほぼ同じだった。

      [もっと知りたい!→]天才犬には「遊び好き」という共通点がある

       対照的に、しつけの一環で繰り返し教え込まれる"お手"の実験では、両方というより、片脚が使われることが多かった。

      paw-548634_640

      メスは右手を好み、オスは左手を好む

       いくつかの研究から、性別の違いで使う足の好みが変わることが指摘された。

       メスは右手(右前足)を好み、オスは左手(左前足)を使うことが多い。こうした性差は、人間以外では飼い猫などほかの動物でも見られる

       オスとメスで、よく使う足が違う理由はまだはっきりしないが、ホルモンや脳の解剖学的構造の違いが、説明としてあげられている。

      10

      photo by iStock

      どちらの足をよく使うかで、犬の気持ちを知ることができる

       自分が飼っている犬が、どちら側の足を良く使うのか観察するのは面白い。

       動物目線の好みを把握することは、動物福祉の観点からも重要だといえる。どちらの足を使うのか、それを知ることで、動物が感じている気持ちを知ることができるからだ。

       人間と同じように、犬の左脳(体の右側を制御する側)は、ポジティブな感情の処理により関与している。体の左側を制御する右脳は、恐怖や不安など、ネガティブな感情により集中する。

       犬がどちらの足をよく使うのかを調べることで、その子が今、どのように感じているのかを推し量ることができる。

       例えば、普段は右足を良く使っているのに、左足を多く使い始めた場合、ネガティブな感情を経験している可能性がある。

      4

      photo by Unsplash

      犬の利き足を見極めることが動物福祉につながる

       最近の研究では、犬が好んで使う足と感情的な反応との関係が明らかになってきた。

       左利きの犬は、右利きや両手使いの犬よりも悲観的であることがわかっている(この場合、認知バイアスの実験で、不明瞭な場所に置かれた空のエサの皿に近づくのが遅くなる)。

       一方、好みの足がとくにない犬は、録音された雷鳴や花火の大きな音により強く反応することがわかっている

       犬がよく使う足の違いと個性との間にはなんらかの関連があることを示す証拠も見つかっている。両刀使いの犬は、足の好みがはっきりしている犬よりも、攻撃性や恐怖を示す傾向が高い。

       こうした結果は、犬の訓練に影響してくる可能性がある。とくに、好みの足を評価する実験は、どの犬が盲導犬に向いているかを予測するのに役立つことがある。

      1

      photo by Unsplash

       その犬が優先する足を見極めることは、ストレスの多い状況で弱い犬を特定するのにも利用できる。

       例えば、左足を優先する犬は、右足好きの犬よりも、保護された犬小屋で強いストレスの兆候を見せることがわかっている。

       この段階では、動物福祉のリスクを測る尺度を決めるのに、優先する足の違いを調べる実験だけでは無謀だ。

       しかし、ほかの福祉実験や、尾を振る、嗅ぎまわる、毛の生え具合など、ほかの非対称性の基準と併用することで、有用なツールとなりえる可能性がある。

       例えば、犬は普通、飼い主の顔を見ると尻尾を左に振る(いい感情が強いことを示す)。しかし、自分よりも強そうな見慣れない犬を見ると右に振る(悪い感情を示す)。

       この分野での研究をさらに進めると、犬の認知に関する理解を深めることができるだけでなく、この人間の親友をよりかわいがり、感謝することにつながるだろう。

      References:Are dogs left- or right-handed? What the science says / written by konohazuku / edited by / parumo

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      犬に利き手はあるの?あるとすれば右利き、左利きどっちが多い?


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【犬に利き手はあるの?あるとすれば右利き、左利きどっちが多い? 】の続きを読む


      👉ワンコは赤ちゃんがお好き!

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       猫の赤ちゃんが生まれたよ!そこで2匹の犬たちの子猫を紹介。犬たちは飼い主の手のひらに乗った小さな子猫を興味津々に見ている。

       飼い主が子猫を近づけると、「はじめまして!」、「仲良くなりたいな!」とばかりに、子犬たちは顔を近づけ、子猫の誕生を祝福しているかのようだ。

      【画像】 生まれたての子猫と仲良くなりたい2匹の犬

      Tiny Kitten Introduced to Doggy Siblings

       この家に新たな命が誕生した。猫の赤ちゃんだ。飼い主はこの日、キャバリアキングチャールズ・スパニエル種の2匹の犬に猫を紹介した。

       とは言えまだ目も開いてない状態だ。慎重に手のひらに乗せて、犬たちに近づいていく。犬たちは今か今かと子猫が目の前に来るのを待っている。

      1

       もう子猫に夢中の犬たち。犬の近くまで子猫を近づけると、顔を近づけ、ペロペロとその体をやさしく舐める。

       はじめましてのご挨拶だ。これからずっとよろしくねと、犬たちは子猫にきちんと挨拶することができたようだ。

      [もっと知りたい!→]散歩に出かけた犬が、子猫を連れて帰って来た件(アメリカ)

      2

       この家では、子猫は生まれたときから犬と一緒に成長し、大親友になるという。かわいいかわいいの相乗効果が大きすぎて、セロトニンがダダ漏れしちゃったよ。

      3

       ちなみに「キャバリアキングチャールズ・スパニエル」はスパニエル種に分類されるイギリス産の小型犬だ。

       癒しのスパニエルと呼ばれるほどやさしい性格で、他の犬やペット、見知らぬ人に対しても社交的で、膝の上に乗ったり、スキンシップをしたりするのが大好き。

       絹のように美しい毛並みが特徴で、その名の通り、イリギス王室の、チャールズ1世、2世で愛されたことで有名となった。

      written by parumo

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      生まれたばかりの子猫を犬たちに紹介。早く仲良くしたくてワクワクが止まらない


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【生まれたばかりの子猫を犬たちに紹介。早く仲良くしたくてワクワクが止まらない 】の続きを読む


      優しく賢いワンコ!おばあちゃんが座る椅子の移動を!

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       おばあさんが庭でお掃除中、ずっとそばで見守っていた小型犬。ほうきを置いて、椅子に腰かけようとしていたその動きを見逃さなかった。

       おばあさんが椅子に座りやすいように、犬は椅子を押して、おばあさんがちょうど座りやすい位置にくるように調節したようだ。

       犬はおばあさんが間違って転ばないように機転を利かせたのかもしれない。すこしでもおばあさんの役に立ちたかったのかもしれない。だとしたらすごくやさしい世界だ。

      【画像】 おばあさんの椅子の位置を調整する犬

       おばあさんほうきをもって庭のお掃除をしていたようだ。毎日の日課なのかもしれない。犬はおばあさんのそばでずっと見守っている。

      1

       おばあさんほうきを置いて、ピンク色の椅子に腰かけようとした。

       その瞬間、犬は椅子を押して、おばあさんのお尻の位置に合わせて椅子の位置を調整しようとする動きを見せた。

      2

       小さな体で転がりながら、なんとかおばあさんがすぐに座れる位置に椅子を置こうとする犬。おかげでおばあさんはすぐに椅子に座ることができたようだ。

       犬は安心して、椅子に腰かけたおばあさんにじゃれつきはじめる。

      4

       もしかしたらこのおばあさん、以前、椅子に座ろうとして転んじゃったことがあるのかな?

       犬はそれを覚えていて、おばあさんのことを守ろうとして椅子を動かしはじめたのだとしたら、めがしらが熱くなる物語だ。

      Grandma lemme help

      written by parumo

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      やさしいぬ。おばあさんが転ばないよう椅子の位置を移動させる犬


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【やさしい犬。おばあさんが転ばないよう椅子の位置を移動させる犬! 】の続きを読む


      幼い姉妹が、自宅の前庭から続く森に遊びに行き、迷子になってしまった。
      その時、片時もそばを離れず姉妹を守り抜いたのは、飼い犬のゴールデン・レトリバーだった。
      行方不明から4時間後、森を捜索していた救助隊は、気配に気づいた犬が鳴き声をあげたことで居場所を突き止めることに成功し、姉妹と犬は無事に保護された。


      【森で迷子になった少女姉妹を救ったのは飼い犬のゴールデン・レトリバー。片時もそばを離れず守り抜く】の続きを読む


      散歩で、おもちゃを自慢したいワンコ、あてが外れる!

       お気に入りのおもちゃを自慢するためお散歩に持って行く大型犬の動画がInstagramに投稿され「本当に、人間と同じ感情なんですね。早く自慢できるお友達に会えますように」「お友だちを探すキョロキョロも健気でキュンキュンです」と話題となっています。動画は記事執筆時点で39万5000回再生を突破し、1万1000件を超える“いいね”を獲得。

      【画像】おもちゃを自慢したいドーベルマン

       話題となっているのはドーベルマン男の子ハーヴィー」くんです。ハーヴィーくんは、飼い主さんと、保護猫の「アネラ」くんと一緒に日本からアメリカに移住し、現在はハワイに住んでいます。

       お散歩に出掛けるハーヴィーくん、お気に入りのおもちゃを口にくわえて“絶対に持っていく”と離しません。前にお友達のワンちゃんが、散歩にぬいぐるみを持って来ているのを見て、ハーヴィーくんも自分のおもちゃを自慢したくて持ち歩くようになりました。いつもの公園に到着すると、早速お友達を探しますが……?

       「あっちにいるかな……? それともこっち……?」と、おもちゃをくわえたままキョロキョロとあたりを見回すハーヴィーくん。しかし、今日はお友達の姿が見当たりません。30分近く誰かが来るのを待ってみましたが、お友達ワンコどころか、知らないワンコにさえ出会えなかったので、諦めてお家に帰ります。「せっかくお友達に見せようと思ったのに……」と残念な気持ちがにじみ出ちゃう帰り道です。明日また来てみよう?

       よっぽどつまらなかったのか……家に着くとなんと! ハーヴィーくんはずっと離さなかったお気に入りのおもちゃをエントランスで“ポイッ”。拾って渡そうとする飼い主さんにも背を向けてしまいました。「あなたのおもちゃでしょ?」→「なにそれ知らない」というやりとりが人間の親子のようで、ハーヴィーくんはすねた子どもに見えてきます。エレベーターのドアが開くと、知らんぷりのままスタスタと先に行ってしまいました……。

       飼い主さんいわく、「毎日のようにこのぬいぐるみを持って行きたがるけど、これを持っていくと絶対に誰にも会わないというジンクスができてしまった」そうで、今日も誰にも会えなかったのは、飼い主さん的には想定内だったのだとか。そして、ハーヴィーくんがおもちゃをエントランスでちゅうちょなく捨てるのも毎回のことで、そのたび飼い主さんが拾って持ち帰ることになり、一時は持ち出しをNGに……。

       それでもハーヴィーくんは毎日懲りずに持っていきたがるので、試しに5日連続持って行くのをOKにしてみたところ、驚くことに「5日間誰とも会わず」という結果となりました。ハーヴィーくん……“すねてポイ”することをやめたら、その流れが変わるのかもしれませんよ!?

       動画には「自慢したかったんだね~次はみんなにお披露目できると良いねぇ!」「ハーちゃんが嬉しそうに友達にぬいぐるみを自慢できる日までチャレンジしてほしい」「次は逢えるよ! あきらめないでね」と、ハーヴィーくんの健闘を祈るコメントが寄せられています。

       自慢したかったりすねたりと、感情表現豊かなドーベルマンハーヴィーくんが、ハワイの自然の中でご機嫌に暮らす毎日は、Instagram(@_anela.harvey_)やYouTubeチャンネルペットアメリカ移住 MYAHfamily」で見られますよ!

      画像提供:犬猫のいる暮らし in HAWAII(@_anela.harvey_)さん

      お友達は……


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【おもちゃを自慢したいドーベルマン、お散歩に持っていくも誰にも会えず…… 徹底的にスネる姿が人間の子どもみたいでかわいい 】の続きを読む

      このページのトップヘ