知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:男性


      男性の髪型 ⇒ きのこ・マッシュルーム玉ねぎ ≦ ダサい!

       男性専門の美容室を運営するPERCUT(東京都世田谷区)が、「女性が、男性の髪形でダサいと感じる特徴」に関する調査を実施。その結果を発表しました。

      重要な要素は「清潔感」?

       調査は2022年8月、女性を対象にインターネットリサーチで実施。609人から有効回答を得たものです。なお、回答者の年代は、20代120人、30代が121人、40代が121人、50代が126人、60代以上が121人となっています。

      「男性のどのような髪形が『ダサい』と感じるか」について聞いたところ(複数回答)、トップとなったのは「きのこヘア」。50.9%の女性が回答する結果となりました。次いで、「ロン毛」と回答した女性が49.3%となり、全体の約半数の女性が、男性の「きのこヘア」と「ロン毛」をダサいと感じていることが分かりました。

       フリー回答では「その人に似合っていない髪形」といった声もあり、顔の形や雰囲気に合っていない髪形を「ダサい」と感じる女性は多いようです。また、「前髪が長すぎて目にかかっている髪形」という回答からは、爽やかな印象で相手に不快感を与えない髪形が、女性から好まれることがうかがえます。人それぞれ自分のしたい髪形をするのは自由ではあるものの、女性から好感を抱かれる髪形には、「清潔感」が重要な要素として共通しているといえそうです。

       調査結果を受けて、同社は「男性の髪形で清潔感を出すためには『おでこが出ていること』や『毛量の少ないパキッとしためりはりがあること』が大事なポイントです」「男性は髪形を選ぶ際に、自身の骨格や頭の形にあった長さとシルエットを研究することで、自分に似合った髪形と出会うことができるでしょう」とコメントを寄せています。

      オトナンサー編集部

      実は「ダサい」と思われている?


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【女性600人超が答えた「ダサい」と感じる男性の髪型「ロン毛」を超えたトップは? 】の続きを読む


      最近何かと話題の「好きバレ」という言葉。

      意味は、好きな相手に自分の好きという感情がバレてしまうということですが、今まで経験したことがある人も多いのではないでしょうか?

      好きバレしてしまうとどうしても緊張してしまうという女性がいますが、その反面、好きバレしたにも関わらず男性からのなんの反応もなく困惑してしまうという女性もいます。

      しかし、男性が好きバレを無視してしまうのには、男性特有の意外な心理があるのをご存じでしたか?

      好きバレしたのに無反応な男性心理!

      【「いい加減気づいてよ」好きバレしたのに無反応な男性心理!】の続きを読む


      「女性がつい好意を抱いてしまう男性の褒め言葉」に共通している6つの特徴
      …―[恋愛戦略家・関口美奈子]―  恋愛戦略家の関口美奈子と申します。結婚相談所を運営しつつ、YouTubeで日々、恋愛心理を中心とした男女の恋愛観…
      (出典:週刊SPA!)


      😘「女性がつい好意を抱いてしまう男性の褒め言葉」

      特徴①
      「流れるように褒める」 まず1つめは 「流れるように褒める」ことです。
      普段の会話の流れでサラッと「へー、そうなんだね。そういうところ、かわいいね」という感じで流れるように褒めてあげると、女性は「えっ……」と時が止まり、ジワジワと喜びに変わっていきます。

      特徴②
      「隠された魅力を褒める」 2つめのポイントは「隠された魅力を褒める」。
      外見ばかりを褒めてしまうと「この人は表面で人を判断している」と思われる可能性があります。
      女性は外見だけでなく、内面磨きにも気を配ります。その内面を褒められて嬉しくない女性なんていません。

      特徴③
      「行動を褒める」 3つめは 「行動を褒める」です。相手の女性が行動できていることをたくさん褒めてあげましょう。
      頭で考えることは誰もができることですが、そこから行動を起こすというのはかなりの勇気と労力がかかるものです。
      しかし、多くの人は行動した先に待っている「結果」しか見てくれません。だからこそ「行動をする」というプロセスを褒めることに意味があります。

      特徴④
      「変化を褒める」 ここからは少しレベルの高い、いわば「上級者編」です。
      「承認欲求」までも満たしてしまう 変化を褒めることで、「褒められたい」という欲求に加えて、さらに「承認欲求」も満たすことができます。
       この両方の欲求を満たす効果は絶大です。早速今日から、気になる女性の「変化」に注目してみましょう!

      特徴⑤
      「マニアックな部分を褒める」 5つめは「マニアックな部分を褒める」です。
       細かなところまで見ていないとできないこのテクニック! たとえば、メガネのふちの裏や、バッグの裏生地など……本当によ~く見ないとわからないところにおしゃれのこだわりがある女性もいます。

      特徴⑥
      「共通の知人に褒める」 最後は「共通の知人に褒める」です。 
      過去に「自分の噂を他人経由で聞くほうが信憑性があった」という経験がある方は、きっと「なるほど!」と思っていただけるはず。


      【「女性がつい好意を抱いてしまう男性の褒め言葉」に共通している6つの特徴】の続きを読む


      妻の猫をそっくりな猫と交換した男性、

      未だ妻に気付かれていないことを告白

      投稿者の男性は、6年ほど前、当時付き合っていたガールフレンドの猫が、どうにも攻撃的で苦手だったため、別のそっくりな猫と入れ替えたというのだ。

      そのガールフレンドとは4年前に結婚し現在は一緒に暮らしている。

      だが、未だに彼女は猫が入れ替わったことに気付いていないという。

      😸猫は、元の猫の名前で呼ばれてちゃんと反応し、妻はそんな猫をとてもかわいがっていて、お行儀良い子ね、といつも褒めています。私が猫を交換したことに全く気付いていません。

      👉当時、投稿主のガールフレンド(現在の妻)は、黒猫を飼っていたが、その猫はとにかく攻撃的で投稿主をよく引っ掻き、常に威嚇の声をあげ、男性の持ち物に糞尿をしたという。
      彼女は、「私がもっとちゃんと躾けるから大丈夫」と主張していたが、私は彼女の猫にうんざりして嫌気がさしていました。

      このように綴る投稿主は、やがて思わぬアイデアを思いつく。
      ある日、1週間ほど彼女が家を留守にすることになり、私はその間猫の世話を頼まれたため、彼女のアパートへ行きました。

      やはり、猫は攻撃的で私を迷わず引っ掻きました。だから私は、「今度そんなことしたら、お前を追い出して、別の猫を飼うぞ!」と口にしたのですが、ふとその冗談を本気で考え始めました。
      そして彼は、翌朝地元にある動物保護施設へ向かい、彼女の猫とそっくりの黒猫を見つけ出し、引き取ったのだ。

      施設のその猫は、既にちゃんとトイレ訓練もされていて、人に慣れている感じでした。
      スタッフによると、元の飼い主が心臓発作で他界して施設に預けられたため、少し臆病になっているということでしたが、私にはとてもフレンドリーに見えました。

      少々神経質なところがあっても、そこも彼女の猫と似ていたので問題ないと思いました。 

      その猫をアパートへ連れ帰った投稿主は、彼女の猫を少し離れた町の別の動物保護施設へと引き渡した。

      この衝撃的な投稿を見たユーザーらは、ショックを受け、「私が妻でその事実が判明したなら、絶対離婚する」「いくらなんでも、他人の猫を許可なしに勝手に施設へ引き渡したらダメじゃないか」という声が相次いだ他、「元の猫は引き取り手がいなかったら安楽死させてしまったのではないか?」という心配がユーザーらの心に過ったようだ。

      😅それについて、投稿主は「私が猫を持ち込んだ施設は、引き取った猫を殺処分しないノーキルの施設でした」と追加で綴っている。


      【妻の猫をそっくりな猫と交換した男性、未だ妻に気付かれていないことを告白】の続きを読む


       )))宇垣美里(((

      “理想の男性像”質問に>>>
      >>>「すごくめんどくさいから…」

      現在の理想の男性像に関する質問には、宇垣は言ってる自身が噴き出してしまいそうな表情で、「そういうことを質問されるのがすごくめんどくさいから、『もう答えを書いちゃおう』ということで、書いたものになっているので、(『風をたべる2』を)読んで頂ければと思います(笑)」と茶目っ気たっぷりの回答で笑いを誘い、「結局は、“好きになった人がタイプだよね”という話です」と笑顔を見せた。

      『週刊プレイボーイ』で連載中のコラム「人生はロックだ!!」をまとめた1stフォトエッセイ『風をたべる』の発売から約3年半。
      大好評だった前作の続編として、10月26日(水)に『風をたべる2』を出版いたしました。

      青春時代の思い出から、彼女が愛してやまないモノたち、そして独特の世界観、本音で語った考え方など、今作も彼女の魅力がギュッと詰まっています。
      「脳内に住む6人の女たち」「働きたくない理由」「好きな男性のタイプの最適解」「男女の友情」「ギャルになりたいと思う理由」などなど、赤裸々に書き綴っています。

      また、グラビアパートでは、「旅」をテーマに、石垣島を中心にした離島で撮影。
      馬に乗って海に入ったり、プールで泳いだり、古民家でまどろんだりと、『風をたべる2』でしか見られない姿を披露。
      読み応え、見応え十分の作品になっています。

      ■宇垣美里(うがき・みさと) 1991年4月16日生まれ 兵庫県出身 2019年3月にTBSを退社、4月よりオスカープロモーションに所属。 
      現在はフリーアナウンサーとして、テレビ、ラジオ、雑誌、CM出演のほか、女優業や執筆活動も行うなど幅広く活躍中。
       TBSラジオ『アフター6ジャンクション』(月~金曜18時~/火曜担当)に出演 
      宇垣美里公式Isntagram【@ugakimisato.mg】 書籍公式Twitter【@kazewotaberu】  

      〜風を食べる 2 〜 より
      👉どこにも楽園はないから生きるためにはこの地で血みどろになってでも戦わなくてはならない。
      強いからって痛みをガマン必要はないはず。
      もう黙らない。私は私のためにしか生きない。絶対に。




      【『宇垣美里』“理想の男性像”質問に「すごくめんどくさいから」】の続きを読む

      このページのトップヘ