知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:舞い上がれ!


      朝ドラ「舞いあがれ!」のコテコテ演出 プロデューサーが明かす舞台裏
      …10月から始まったNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」は東大阪を舞台に、ヒロインの岩倉舞が空飛ぶ夢を追う物語だ。これまで多くの朝ドラで舞台…
      (出典:産経新聞)

         🛩舞いあがれ!

      コテコテ演出 プロデューサーが明かす舞台裏!

      ■飛行機から東大阪 そもそも東大阪はなぜ、舞台に選ばれたのか。
       ドラマの構想が練り始められたのは2年前。脚本を担当する桑原亮子さんの「飛行機が好き」という話から、空を見上げることに前向きなイメージを見いだし、ドラマのモチーフが決まったという。
       新型コロナウイルス禍という困難な状況にあって、視聴者への希望のメッセージになるのではとの思いもあった。
       巨大な飛行機は、無数の部品と、それを生み出す職人の偉大な技術でできている。
      空飛ぶ夢を追うヒロインの土台に職人の存在を重ねたいと、ものづくりの町である東大阪が舞台に選ばれた。

      ■東大阪の言葉とは 朝ドラから聞こえる大阪の言葉は、時代や舞台によって異なる。
      過去の朝ドラを振り返ると、「カーネーション」では大阪南部の泉州弁、「あさが来た」では中心部の船場(せんば)の言葉が飛び交った。 
      こうした地域ごとの言葉の違いは世代が若くなるにつれ薄れているとされ、「舞いあがれ」でヒロインの岩倉舞(福原遥)らは〝いわゆる大阪弁〟を使っている。 
      ところが、年配の登場人物は昔ながらの東大阪らしい言い回しにしていて、「関西の視聴者なら、その違いに気づけるかもしれない」(熊野CP)。

      ■東大阪のどこ? 浪速大学に進学したヒロインの舞だが、桜並木の横を歩きキャンパスにたどり着く。
      このシーンを撮影したときの様子はメーキング映像にもあり、後方で近鉄電車が走り、背の高いマンションが見えた。
      ロケ地は東大阪が誇るラグビーの聖地、東大阪市花園ラグビー場近くの恩智川沿いだ。
       川岸の菜の花が満開になると圧巻のフォトスポットだ。
      付近は住宅が多く、町工場が並ぶヒロインが暮らす景色とは趣が異なるが、映像の中のヒントから東大阪の多彩な景色を楽しむこともできる。

      ■陰謀渦巻く?浪速大学 舞が進学した「浪速大学」だが、ネーミングの理由は「大阪にある大学だと全国の視聴者に分かりやすいから」で、モデルになった大学はないという。
      撮影も大阪公立大学など、いろんなキャンパスで行われたという。 
      フィクションの世界でしばしば登場する浪速大学だが、その大学病院を舞台に医学界の腐敗を描いた山崎豊子氏の小説「白い巨塔」のイメージがどうにも強い。
      「舞いあがれ!」によって、浪速大学のブランド価値も上がるかもしれない。

      【朝ドラ「舞いあがれ!」のコテコテ演出 プロデューサーが明かす舞台裏】の続きを読む


      「舞いあがれ!」福原遥が演じる舞、お父ちゃんへ「行ってらっしゃい」笑顔で見送る写真を公開
       NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土曜午前8時)の番組公式が1日、インスタグラムを更新。主人公の舞を演じる福原遥(24)が手を振って父を見…
      (出典:日刊スポーツ)


         🛩舞いあがれ!

      NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~土曜午前8時)の番組公式が1日、インスタグラムを更新。
      主人公の舞を演じる福原遥(24)が手を振って父を見送る写真を公開した。

      番組公式は「お父ちゃんへ『行ってらっしゃい』。
      こんな笑顔で見送られたら、1日頑張れそうです」と笑顔で見送る福原の写真を掲載した。 

      この投稿に「今日も泣きポイント満載でした。舞ちゃんもおとうちゃんも夢に向かって突き進む、志しが同じじゃけん通ずるものがありますね。今日もがんばろう!!」
      「爽やかな笑顔の『行ってらっしゃい』でしたね お父ちゃん『おう!』でしたね いい場面でした」「お父ちゃんも夢を追いかけ、舞ちゃんも同じ熱い気持ちが燃えてきました~ 2人の夢が実現するように、願っています!!お父ちゃん、舞ちゃん頑張って」などといった声が寄せられている。


      【「舞いあがれ!」福原遥が演じる舞、お父ちゃんへ「行ってらっしゃい」笑顔で見送る写真を公開】の続きを読む


      <舞いあがれ!>第4週視聴率16.0% 思いが詰まったスワン号で記録飛行へ 舞は決断
       福原遥さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)第4週「翼にかける青春」(10月24~28日)の週…
      (出典:MANTANWEB)


         🛩舞いあがれ!

      福原遥さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)第4週「翼にかける青春」(10月24~28日)の週間平均視聴率(世帯)が16.0%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが10月31日、分かった。

      【『舞いあがれ!』第4週視聴率16.0% 思いが詰まったスワン号で記録飛行へ 舞は決断】の続きを読む


      <山下美月>「落ち着いた雰囲気」が“舞”福原遥との対比に最適 初朝ドラ「舞いあがれ!」で久留美役がはまった理由
       女優の福原遥さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、ヒロイン岩倉舞(福原さん)の東大阪の幼なじみ…
      (出典:MANTANWEB)


         ❥❥❥山下美月

      ーー落ち着いた雰囲気が
      “舞”福原遥との対比に最適 初朝ドラ✧
         🛩舞いあがれ!
      で久留美役がはまった理由

      ヒロイン岩倉舞(福原さん)の東大阪の幼なじみ、望月久留美を演じているアイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さん。
      朝ドラ初出演の山下さんは、第16回(10月24日放送)で、子役の大野さきちゃんから久留美役を引き継いで初登場すると、看護師を目指して学校に通いながらラグビーカフェでアルバイトをしている苦労人のしっかり者を体現。
      東京都出身だが関西弁のせりふも自然で、
      「女優として頑張ってる姿に感動」
      「関西弁、違和感ないね」
      「受け継ぎ方もすごくいい」
      と視聴者からも好印象を持たれたようだ。
      制作統括の熊野律時(くまの・のりとき)さんのコメントをもとに、山下さんの久留美役がはまっている理由を探った。

      舞と久留美は、小学校で一緒にウサギの飼育係を担当。
      長崎・五島列島で数カ月過ごしてすっかりたくましくなった舞が、東大阪に戻り、久留美を気にかけたことがきっかけで2人は心を通わせ、親友となる。 
      山下さんが初登場した第16回では、舞のもとに知らない番号から着信が入る。 
      それは携帯電話を買ったばかりの久留美からの電話で、舞は「うれしい! これでいつでも電話できるな」と大喜び。
      久留美は「ほな、またゆっくり連絡するな」と告げる……という、成長して、さらに仲良くなった2人の様子が映し出された。

      第17回(25日放送)では、大学で人力飛行機サークルに入った舞が、久留美のアルバイト先のカフェを訪れ、サークルの部費を稼ぐために「ここで働きたい」と告げる。
      すると、久留美はその場で店長に話をつけ、舞は即採用された。
      久留美は決断が早く、行動力があり、人から信頼されていることが分かるシーンだ。

      その後、同じく幼なじみの梅津貴司(赤楚衛二さん)の実家のお好み焼き屋に舞と久留美、貴司の3人で久しぶりに集まり、近況を報告し合う場面で、久留美は「看護の学校入って、やっと夢のスタートラインに立てた気がする。
      成績下がったら授業料の免除もなくなってまうし、勉強にバイトにお父ちゃんの心配。
      毎日くたくたやけどな。けど、そやからこそ負けられへんって思うねん! 将来、絶対ええ看護師さんになったる! めっちゃ燃えてんねん!」と熱く語り、夢を目指して勉強にバイトに頑張りながらも、父をも支えるしっかり者の面を垣間見せていた。
       
      ◇堅実な性格が地に足のついたキャラクターにぴったり 
      熊野さんは、山下さんと対面したときの印象を「非常に落ち着いている。
      話をされるときも非常に丁寧で、きちんと考えて話されている。
      堅実な部分がきちんとある方」と感じたという。 主人公・舞の「空を飛びたいという、一般の人からするとでっかい夢を持っている」のとは対照的に、久留美は「家庭環境もあって、苦労人でいろんなことがそんなに恵まれているほうじゃない。
      それでもきっちりと自立して生きていくという、地に足がついたキャラクター」として描こうとした。そこに「山下さんのすごく落ち着いた感じが、久留美に合っている」と感じ、オファーに至ったという。
       熊野さんは、2人の共演現場を見て、「(久留美と舞は)違った目線でお互いのことを見て、お互いにつまずいたりしたときに、気軽にアドバイスし合ったり、一緒になって喜んだり、悲しんだりできる(関係)。
      久留美は自分の事情もありながら、舞をある意味サポートしていく。
      ヒロインを演じる福原さんを支えていくという意味でも、役柄的にも存在的にも、落ち着いて一歩一歩、舞とは違う形で進んでいく人として、山下さんには演じていただいている」と感じた。

       ◇意識的に声のトーンを低めに 
      東京都出身の山下さんは、大阪弁をコツコツ練習したという。
      「大阪ことばでの演技が最初は難しかったので、ひとりでランチに行ってカフェの店員さんが話している声が聞こえるように、一番レジに近い席に座って聞き耳を立てたりしました(笑い)」「芸人さんの動画を見てツッコんだり、現場でカメラが回っていない時も舞ちゃん(福原さん)と大阪ことばで話したりしています」などと明かしている。
       熊野さんによると、山下さんは久留美のキャラクターを表すために、「意識的に声のトーンを低めの落ち着いた感じにしている」といい、明るくて柔らかい感じの舞と落ち着いてしっかりした雰囲気の久留美という対比がうまく表現されている。 
      熊野さんも「2人はすごくいい幼なじみの関係。どんどんよくなってきているなと感じています」と撮影が進むたびに手応えを感じているようだ。
       今後、山下さんが演じる久留美が、父の心配をしながらも自分の人生をどう切り開いていくのか。
      芯の強さを感じさせる山下さんの演技から、これからも目が離せない。

      【『山下美月』「舞いあがれ!」久留美役がはまった理由】の続きを読む



         🛩舞いあがれ!
      北海道帯広市でのロケの風景が公開された。

      8月下旬に撮影された航空学校編のロケで、“パイロットの卵”を演じる福原さんや、人気グループ「Snow Man」の目黒蓮さんらの集合写真も公開された。
      👉脚本はNHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」などで知られる桑原亮子さんが手掛ける。

      【舞いあがれ!帯広で「航空学校編」ロケ 福原遥、Snow Man目黒蓮らの集合ショットも】の続きを読む

      このページのトップヘ