知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:誕生日


      いくつになっても夢がかなうことは素晴らしい!

      【この記事の動画を見る】

      今月2日、100歳の誕生日を迎えたアメリカ在住の女性が人生初めてのスカイダイビングに挑戦した。以前から「100歳になったらスカイダイビングをやる」と周囲に訴え続けていた女性は、「怖かったですね」と感想を明かしながらも長年の願いが叶い、喜びの表情に満ちていた。『WPEC CBS 12』などが伝えている。

      米フロリダ州インディアンリバー郡セバスチャン市で今月2日、レイモンド・サリバンさん(Raymonde Sullivan)が友人らと共にスカイダイビングに挑戦するため同市のスカイダイビングセンターSkydive Sebastian」を訪れた。

      先日、100歳の記念すべき誕生日を迎えたばかりのレイモンドさんは、以前からずっと「100歳になったらスカイダイビングやってみたい」と友人や家族に漏らしていた。このたび無事に100歳を迎えることができ、体力的にも問題がなかったことから挑戦することになったという。

      スカイダイビング当日、レイモンドさんは多くの友人や家族に見守られながらインストクターに専用器具を装着してもらい準備を進め、電動カート飛行機まで移動して上空へ飛び立った。機内での様子を捉えた映像には、一緒に飛行機に乗り込んだ友人らが大きな声を上げて盛り上がる中、硬い表情を見せ緊張している様子のレイモンドさんが映っていた。

      そしてインストクターと共に飛行機から飛び降りると、レイモンドさんは自由落下スピードに圧倒されている様子だった。しかしパラシュートを開いてゆっくりと降下している際にはインストクターから「誕生日おめでとう!」と祝福され、レイモンドさんは周囲の美しい景色を楽しむ余裕が見られた。そして無事に着地した後には、ラムコークを飲んでお祝いした。

      レイモンドさんは「この100年でいろいろなことをしてきましたが、スカイダイビングはやったことがなかったので『できるうちにやっておかないと』と思ったのです」と明かした。しかし「もう一度やってみたいですか?」と聞かれると「やらないですよ」と笑いながら答えており、今回の経験で満足したようだった。

      なお今回のレイモンドさんのように、死ぬまでにやりたいことを“バケットリスト”に加え、高齢になってから様々なことに挑戦する人は過去にも話題にのぼっている。米ミズーリ州では「逮捕されてパトカーに乗ってみたい」という102歳の高齢女性の願いが叶い、女性は「手錠をかけられたりして楽しかった」と嬉しそうに語っていた。

      画像は『WPEC CBS 12 2022年5月3日付「WATCH: Local lady celebrates turning 100 by skydiving」(WPEC)』のスクリーンショット
      (TechinsightJapan編集部 iruy)

      海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【100歳誕生日を迎えた女性がスカイダイビングに挑戦した!】の続きを読む


      鉄腕アトム』(てつわんアトム、日本で英題はMighty Atom)は、手塚治虫SF漫画作品及び同作を原作としたテレビアニメ、特撮テレビ番組作品名、並びに作品内主人公である架空ロボット名称である。テレビアニメ版で使用された主題歌曲名でもあり、同シリーズゲームのタイトル名にもなっている。
      158キロバイト (24,294 語) - 2022年2月23日 (水) 01:59


      漫画家・手塚治虫(てづか おさむ、1928~1989年)の人気漫画「鉄腕アトム」の主人公・鉄腕アトムの誕生日で、2003年4月7日とされている。

      漫画「鉄腕アトム」が光文社発行の月刊雑誌『少年』で連載が始まったのは1952年(昭和27年)4月7日のことである。

      原作の中でその半世紀後にアトムが誕生する設定となっていた。

      現実の2003年(平成15年)の誕生日には各地で関連のイベントが実施された。

      物語の中ではロボットのアトムが市民権を獲得するのに苦労するという話があるが、同日、アトムはお茶の水博士を世帯主として手塚プロの所在地である埼玉県新座市の市民として登録され、市役所の前でアニメキャラクターとしては初のアトムの特別住民票が配付された。
      ♦因みに、関連する記念日として、アニメ「鉄腕アトム」のテレビ放映が開始された1963年(昭和38年)1月1日に由来して、1月1日は「鉄腕アトムの日」となっている。

      【今日4月7日は『鉄腕アトムの誕生日』】の続きを読む

      ♥2人の想いが同じでありますように

      マリーゴールド」は、あいみょんのメジャー5枚目のシングル。ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル「unBORDE」から 2018年8月8日に発売された。 前作「満月の夜なら」から約3ヶ月半という短いスパンで発表されたシングル。 ジャケットアートワークと表題曲「マリーゴールド
      15キロバイト (1,183 語) - 2021年11月20日 (土) 12:14


      ★2人の想い出いが同じでありますように

            マリーゴールド
                         あいみょん

      【あの名曲が蘇る・120『あいみょん マリーゴールド』】の続きを読む

      【曲】『あいみょん ハート』

      今日3月6日はあいみょんさんの誕生日
      おめでとうございます!

              ハート
                 by あいみょん

      【今日は『あいみょんさん』の誕生日!】の続きを読む


      100~150人が集まりダンス、誕生日パーティで床が崩壊する恐怖の瞬間(米)<動画あり>

      踏んだり蹴ったり落ちたりパーティー!

      【この記事の動画を見る】

      米コロラド州アラパホ郡で先月26日、住宅1階の床が突然崩壊し地下へと崩れ落ちた。この家では当時、18歳になった男性のバースデーパーティが開催されており、約100150人の若者が集まっていたという。『Inside Edition』などが当時の衝撃的な動画とともに伝えている。

      事故が起きたのは先月26日午後10時頃で、70代の家主が18歳の孫のために誕生日パーティを開いていた。パーティの参加者は「家主の住所はSNSシェアされ、家の中には成人のほか、10代の若者ら100150人がいた」と述べており、キャパシティを超えてしまったようだ。

      複数のカメラが捉えた事故当時の動画では、崩壊した1階の狭い部屋に若者がひしめき合い、一斉にジャンプしながらダンスをするのが見て取れる。ある者は手を高く上げ、かなり盛り上がっているようだが、突然床が抜けて悲鳴があがる。

      15歳の参加者によると、床が崩壊する直前にバキバキと音がしたが、あっという間で何もできなかったという。またギャビン・ニーアさん(Gavin Neer)は「人生であれほど怖い思いをしたことはなかった。床に大きな亀裂が入り、その後はまるでスローモーションのように感じた。部屋の両端が崩れてV字型に床が落ち、1階にいた人たちは床を滑り落ちるかのように地下に落ちていった」と声を震わせた。

      さらに足首を怪我したグレイソン・ウェストさん(Grayson West)は「落ちた瞬間は本当に恐ろしかった。耳鳴りがして何も聞こえなくなり、自分の呼吸がどんどん荒くなっていくのが分かった。現場はガスの臭いが立ち込め、自分は地下の窓から這い出した。震えが止まらなかった」とパニックに陥ったことを明かしている。グレイソンさんは病院で足の緊急手術を受けており、現在は自宅で安静にしているという。

      なお現場にいち早く駆けつけたサウス・メトロ消防隊(South Metro Fire Rescue)は事故の翌日、Twitterでガス漏れがあったため対処したこと、当時住宅には100150人の若者がいたこと、病院に搬送された3人のうち2人が軽傷、1人が重傷だったことを報告(後の報道では8人)、インタビューでこのように述べた。

      「崩落した1階では当時、たくさんの人が音楽に合わせ飛んだり跳ねたりして踊っていた。あれだけの人数が一堂に集まって跳躍すれば、床へのインパクトは相当なもの。通常なら死者が出ていたケースだ。」

      ちなみに消防隊は床が崩壊した住宅の補強工事を行っているが、家主はやむなくホテルで生活しており、地域のコミュニティーがクラウドファンディングサイト『GoFundMe』を立ち上げて寄付を募っている。

      この事故には「死者が出なくて本当に良かった」「大人がいてなぜこんなに大人数を受け入れたの?」「きっと本人でさえ知らない人が来ていたのでしょうね」「パーティ会場を借りるべきだった」「近くの高校生だと聞いた。夜遅くにパーティなどしていないで勉強しろといいたい」「これは子供が悪い。友達を選ぶことよ」「家主が訴えられなければいいけど」「死者がでなかったのは奇跡的」「これはトラウマになるね」といったコメントがあがっている。

      画像は『7NEWS 2022年3月2日付「Devastating moment captured as floor collapses beneath dancing teens at Colorado house party」(Credit: Instagram / @mvj.3)(Credit: Instagram / @peyton.green_)』のスクリーンショット
      (TechinsightJapan編集部 A.C.)

      海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【【悲惨】底抜けパーティー・人数オーバー!】の続きを読む

      このページのトップヘ