知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:読み方


      ♦ヒント
      素人は「しろうと」。玄人は「くろうと」。


           【全人】
              ↓

              ↓

              ↓

              ↓
           <正確は>
      正しい読み方は「ぜんじん」「またうど」「まとうど」です。 

      「全人」の全は「完全の全」を表しますので、簡単に言えば「完璧超人」のことです。

      全人の”全”は「すべ(て)」「まった(く)」「ぜん」、”人”は「ひと」「じん」「にん」(連濁により「びと」)と読むことができますが、全人を「ぜんにん」と読むのは間違いです。

      ♦因みに(連濁とは、2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語の語頭が清音から濁音に変化する現象のこと)

      ただ全人は「ぜんじん」「またうど」「まとうど」のどれで読むかによって、意味が異なるので注意が必要です。
      また全人の”人”の読み方は連濁により「びと」と読むことはできますが、もともとそれ単体では”全”は「まと」、”人”も「うど」という読み方をすることはできません。
      全人は現在では読むことはありませんが、古くは「またびと」と読まれていました(「また」という読み方は、「まった(く)」を略したもの)。
      そして全人のように「またびと」ではなく、「またうど」「まとうど」と変化して読むのは、日本語の音便(おんびん)のひとつである”ウ音便”と呼ばれているものです。
      👉(音便とは、”発音しやすくするために、言い方を変えること”です)
       ウ音便とは、”語中・語尾の「く」「ぐ」「ひ」「び」「み」などの音が、「う」の音に変化する現象のこと”を言います。
      ・全人(またびと) → 全人(またうど) → 全人(まとうど)
      全人であれば上記のように、「び」の音が「う」の音に変化して、そこからさらに発音しやすいように変化して「まとうど」と読まれるようになりました。 

      🤔例えば、ウ音便には他にも「玄人(くろうと)」や「仲人(なこうど)」などがあります。 
      ・ 玄人(くろひと) → 玄人(くろうと)(”玄”という字は「くろ」と読むことができます)
      ・ 仲人(なかびと) → 仲人(なかうど) → 仲人(なこうど)
      玄人(くろうと)のように単純に「う」の音に変化するものだけでなく、全人(まとうど)や仲人(なこうど)のように「う」の音に変化した後に、さらに発音しやすいように変化するものもあるため注意しましょう。

       


       




       


       




      【『全人』なんて読むの?】の続きを読む

      👉「果物時計草」は、トケイソウ科の果物の名称です。

      🤔アメリカ大陸の亜熱帯地域が原産で、日本でもメジャーな果物ですが、この漢字なんと読むかわかりますか?

        【果持時間草】
           ↓

           ↓

           ↓

           ↓
           <正解は>
       【パッションフルーツ】
      「果物時計草」の由来は、時計草の一種で果物を実らせることからつけられました。
      「果物時計草」を「パッションフルーツ」と読むのは、当て字です。

      【『果持時間草』なんて読むの?】の続きを読む


      😅密集している、という意味ではありません!


           密密
             ↓

             ↓

             ↓

             ↓
           <正解は>
          【ひそひそ】
      ♦因みに「みつみつ」でも正解です。こちらの意味は「きわめて秘密なこと」。

      「密密(みつみつ)に話をすすめてください」など、「ひそかに」「内々に」という意味で、「混み合っている」という意味合いではないことに注意が必要です。

      【『密密』なんて読むの?】の続きを読む

      👉「態態」の意味は次の通り。

      そのことだけのために、特に行うさま。特別に。とりたてて
      例えば「忘れ物をして態態取りに戻った」

      簡単。もう分かってしまいましたね。

          【態態】
            ↓

            ↓

            ↓

            ↓
          <正解は>
         【わざわざ】
      「態」には「すがた」「さま(様子)」という意味がありますが「わざと」という意味もあります。ずばり二つ重ねて使うことで「わざわざ」という意味を表すのですね。

      【『態態』なんて読むの?】の続きを読む

      👉「熟熟」は、深く考えたり痛切に感じたりするさまや、注意してものを見るさま、物事に熱心に集中するさまを意味します。

      🤔この言葉ですが、なんと読むでしょうか?

            【熟熟】
            ↓

            ↓

            ↓

            ↓ 
           <正解は>    
           【つくづく】
      「煮る」を意味する「孰(ジュク)」の下に火を表す部首を添えた「熟」は、よりいっそう煮えることを意味し、この 「熟」という字には、深く考えたり、物事に集中するという意味があります。
      つまり「熟熟」と重ねることで、それをさらに強調しているのですね!

      【『熟熟』なんて読むの?】の続きを読む

      このページのトップヘ