知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:販売

      👉スシロー七夕ちらし2022予約開始!

      “いくらの天の川”やまぐろ・えび・サーモンの短冊、星型たまごも、具だくさんで豪華なちらし寿司。

      👉回転寿司チェーン「スシロー」(本社:大阪府吹田市)から、「七夕ちらし」が登場。
      6月29日から全国で発売される。
      〈スシロー2022年「七夕ちらし」の具材〉
      しゃり、中具、刻みのり、錦糸玉子、まぐろ、サーモン、焼とろサーモン、きゅうり、えび、いくら、カニカマ、ねぎまぐろ、星型たまご

      テイクアウト(持ち帰り)限定販売で、1人前(桶サイズ約14cm角)税込620円、2~3人前(桶サイズ直径約24cm)税込1850円。
      各価格は容器代込み。一部店舗では価格が異なる。予約はスマホアプリやインターネット注文、店頭・電話で受け付ける。予定数に達し次第、受付終了。商品の受け渡し期間は6月29日から、7月7日の七夕当日まで。
      スシローでは「七夕当日は混雑が予想される」として、早めの予約を呼びかけている。



      【期間限定、スシローで毎年恒例の「七夕ちらし」が登場】の続きを読む

      ♦All for Cats
           for all Cats

      愛猫を世界一しあわせにしたい
        すべての猫をしあわせにしたい
          そのために、行動し続ける会社

      ▶会社名
      All for Cats株式会社
      ▶設立日
      2022年2月22日
      ▶本社オフィス
      〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-18-34
      ▶登記先住所
      〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮284-5
      ▶代表取締役
      川村知広
      ♦すべては猫のために。
      すべての猫をしあわせにするために。
      何卒宜しくお願い致します。



      【「猫の毛がつきづらい多機能Tシャツ」の先行販売を発表した。】の続きを読む


      怪しげなモモの販売をメリカリで!

      フリマサイト「メルカリ」に大量の桃を販売している外国人が炎上しております。原因としては出品している桃が、本人が生産したものではないのではないかという疑いです。現時点ではメルカリ側からの削除もされておらず「本人確認」も行われております。はたして、この桃は、買っても大丈夫なものなのでしょうか。

      問題の桃について

      既にツイッターなどで話題となっている「メルカリ」に出品されている桃。さっそく筆者も確認したところ、たしかに大量の桃が販売されていることが確認できました。

      プロフィールによると、出品者は日本人ではなく外国人。盗んだものではないと切実に訴えております。

      そもそも問題となっている原因は、昨今山梨県の農家で「桃」が大量盗難されているという問題。これを踏まえると、この桃も盗難品ではないかという疑いです。

      https://platform.twitter.com/widgets.js

      ただし、この商品が「盗難品」かどうかは判断は極めて困難です。見た目や状況だけでは判断しかねる部分も多い。とはいえ、SNSで多くの批判が殺到し、メルカリ側もこれを確認しているものと思われます。

      従って今後、メルカリ側で何らかのアクションが取られることかと思われます。

      盗難品として疑われる原因としては、生産者の質問回答コメントに、生産地が「山崎県」と記載されていたこと。通常ありえないほど青い桃であること、葉っぱがついた状態で販売されているということ、等があげられます。

      筆者も確認した所、生産地は「新津丘」なる場所が記載されていました。

      なお、出品者によると……

      1この桃はスーパーで売るに品質に達していないです。それはもし私たちは買わないとも農民も捨てる2農民から買うビデオを出られないですので。3色々な方も硬い桃が好きからこれは売ります。(中略)全部外国方なら悪い人がんがえないでください。日本語が下手ですけど。頑張って説明しました。

      引用:メルカリ

      との記載があり、盗難品ではなく、品質に達していない桃を出品しているという。

      はたして、この桃は本当に盗難品なのでしょうか、それとも本人の言うとおり、出荷品質に満たないものなのでしょうか。

      以前も謎の商品が出品され対策に迫られたメルカリ。今後の対応に注目です。



      画像が見られない場合はこちら
      メルカリで大量の桃を販売した外国人が炎上、その原因は


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【メルカリで大量の桃を販売した外国人が炎上!】の続きを読む


      👉ティッシュは1セット5箱で販売されていることが多い。

      ただ単にお買い得なだけではなく、5箱には他に理由がある。
      それはティッシュを1セット買った時に、ぎりぎり地面につかない高さが5箱分である。昔のティッシュは現在よりも1箱がひと回り大きかったが、そのサイズで女性が持った時に地面につかない5箱が一般的になったという説がある。

      そして、ティッシュといえば5箱というイメージが定着し、1箱のサイズが小さくなった現在も5箱売りが主流となっている。

      その他にも、当時のティッシュ1箱が約120円で、1セット500円以下の価格に設定するために5箱になったという説もある。

      ♦因みに、日本で初めて箱入りティッシュが発売されたのは1964年(昭和39年)のことである。

      その後、1984年(昭和59年)に1セット5箱のティッシュが王子ティッシュ販売(現:王子ネピア)より発売された。
      当時販売された現在よりもひと回り大きなティッシュの1箱の高さは8.3cm、1セット5箱だと41.5cmとなる。

      これがちょうど地面につかない高さである。現在のスリムになったティッシュの場合、同じ180組360枚の場合、1箱の高さは6.2cm、1セット5箱だと31.0cmとなる。

      さらに、上の画像の150組300枚のティッシュの場合、1箱の高さは4.5cm、1セット5箱だと22.5cmとなる。
      昔は現在より5箱で10.5cmまたは19.0cmも高かったことになる。

      また、当初は現在のようにビニールではなく、人がティッシュ5箱を紐で縛って、お客さんに渡していた。
      その後、販売店でビニールに袋詰めするようになり、さらに現在のように工場での機械梱包へと技術が進歩していった。


      【何故ティッシュが5箱で売られるの?】の続きを読む



      👉「キングジム」という社名は「キング事務用品」を短くした名称である。

      いつの頃からか「事務用品の王様を目指す」意気込みから名鑑堂の商う事務用品に「キング」を冠した「キング事務用品」という名称がブランド化していたのであるが、それならいっそのことこのブランドを社名にすればよいのではないかということになり、長すぎる名前を縮めて「キングジム」になったという。

      当初はボクシングジムと間違えられることもよくあったらしい。

      キングジム6月10日、小さく、可愛く、実用的なミニチュアサイズの文房具キングミニ』シリーズを新たに立ち上げ、3種類の文房具キングファイルクリップ」「キングファイルふせん」「ミニ保存ボックス」を数量限定で発売します。

      キングミニ』シリーズは、小さいだけではなく実用性も兼ね備えたミニチュアサイズの文房具シリーズ。誰もがオフィスで一度は目にしたことがあるおなじみのキングジム製品が、便利で可愛い手のひらサイズ文房具になりました。

      ラインアップは、累計販売冊数5億冊越えのロングセラー製品キングファイルモチーフにした「キングファイルクリップ」と「キングファイルふせん」、そしてキングファイルをそのまま収納できる保存ボックスの形をした「ミニ保存ボックス」の3製品となっています。

      キングファイルクリップ」は、オフィススタンダードファイルとして親しまれているキングジムロングセラー製品キングファイルの形をしたミニクリップ。つまみ部分を引き出してから挟むスライドクリップ形状を採用しており、枚数の多い書類も力を入れずに綴じることができます。

      キングファイルでもおなじみの、背表紙についた4色のスクエアパターンで書類の分類も可能です。サイズは約60枚の書類が綴じられるMサイズと、約90枚の書類が綴じられるLサイズの2サイズラインアップ。それぞれ赤・黄・緑・青のスクエアパターンが1色ずつ入った4個セットです。

      キングファイルふせん」は、キングジムロングセラー製品キングファイルモチーフのふせんです。小さなキングファイルの中にふせんが入っており、背見出しタイプインデックスタイプの2タイプラインアップしています。

      背見出しタイプは、キングファイルの背見出し紙と同じスクエアパターンデザインされており、書類や本の目印に最適です。インデックスタイプは、キングファイルインデックスイメージしており、緑・黃・白・橙・青の5色のふせんをファイルノートなどに貼って整理ができる仕様です。

      「ミニ保存ボックス」は、キングファイルをそのまま収納できるボックス「保存ボックス」をイメージした小さな収納ボックス。名刺がぴったり入るサイズなので名刺の収納はもちろん、デスク周りの小物の整理にもおすすめです。

      組み立て式のため、使わない時はフラットに畳んでおくこともできます。カラーは茶色と白の2色展開で、デスクの雰囲気や収納物によって色を選べます。

      可愛いだけじゃなく実用的なのもいいですよね! デスクに置いて癒やされてみてくださいね

      ■商品概要

      キングファイルクリップ:M 550円/L 748円

      キングファイルふせん:550円

      ミニ保存ボックス:396

      製品HP:https://www.kingjim.co.jp/sp/kingmini/

      (エボル)

      小さくてかわいい! キングジム、ミニチュアサイズ文房具3種発売


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【小さくてかわいい! キングジム、ミニチュアサイズ文房具3種発売 】の続きを読む

      このページのトップヘ