知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:赤


      ワインとも呼ばれる赤みを帯びた淡い色調ワインを指す。製法には、果皮薄いブドウを赤ワインのように醸造する方法や、赤ワインと同じブドウを白ワインのように醸造する方法、赤と白双方ブドウによる混醸、赤ワインの醸造途上で色素である果皮を取り除く方法などがあり、味わいも様々である。中には赤ワイン
      90キロバイト (13,326 語) - 2022年7月9日 (土) 09:23


      日本ソムリエ協会が1994年(平成6年)に制定。

      今日8月20日は「ワイン」をフランス語では「vin(ヴァン)」と呼び、この発音が数字の「20」を意味するフランス語の「vingt(ヴァン)」と似ていることから。

      なお、日本で一般的に使用される「wine(ワイン)」は英語である。

      上記のような内容を記念日に関する書籍やインターネットにて確認することができるが、現在の一般社団法人・日本ソムリエ協会の公式サイトでは毎月20日の「ワインの日」の情報は掲載されていないようである。

      一方で、ワインを販売・提供する店などでは、この日にワインの割引を実施したり、ワインに関する情報を発信するなどの取り組みを確認することができる。

      【今日8月20日は『ワインの日』】の続きを読む


      サインポールは、理容所を示す細長い円柱形の看板。赤・白・青の三色の縞模様(レジメンタル・ストライプ)が回転する。 語句そのものは和製英語であり、英語では barber's pole または barber pole と呼ばれる。 理容所であることを示すもので、3色のサインポール
      5キロバイト (710 語) - 2022年5月9日 (月) 08:12


      ◆サインポールは、理容所を示す細長い円柱形の看板。
      赤・白・青の三色の縞模様(レジメンタル・ストライプ)が回転する。
      語句そのものは和製英語であり、英語では barber's pole または barber pole と呼ばれる。
      理容所であることを示すもので、3色のサインポールは世界共通のマークであるといわれる。
      営業中を表すためにサインポールを回す。中に蛍光灯などの照明が入っているものもあり、閉店後は消灯する場合と、回転させずに明かりのみつけている場合がある。
      また、営業中でも予約客でいっぱいという場合には回転を止めることもある。

      日本のサインポールの模様は、右側に行くにしたがって上がる、いわゆる「Z巻き」が圧倒的に多い。

      ひねりを加えた形が、安土桃山時代にポルトガルから伝来した砂糖菓子の有平糖とよく似ていたことから有平棒(あるへいぼう)(またはアルヘイ棒)とも呼ばれる。

      👉サインポールの由来には諸説あり、かつ明文化された記録が存在しないため、由来の調査は困難である。
      よって、内容が異なる説があったとしても一概に違うとは言いきれない場合も存在する。

      ◇12世紀から近代のヨーロッパでは、理美容師が外科医を兼ねていた理髪外科医の看板として、赤は動脈、青は静脈、そして白は包帯を表した棒を使用した説。
      しかし、血管に動脈と静脈の2種類があることが発見されたのは17世紀の血液循環説からのもので、12世紀に血管を赤と青で分けて表示したということは、歴史上考えられないという指摘がある。

      ◇2005年7月20日に放送されたバラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』内のコーナー「ガセビアの沼」では、「サインポールは元々中世のイギリスで、当時の理容師が外科医も兼ねていたことから血液を表す赤と包帯を表す白の2色で生まれた」「理容師と外科医を別けるため理容所は赤白に青を加える動きもあったが定着せず」「その後アメリカで建国100周年を機に愛国心を反映して同国の国旗(星条旗)のカントンの色である青が加えられたものである」という説を紹介、全国理容衛生同業組合連合会の意見を根拠に、「赤が動脈、青が静脈を表している、というのはガセ」と結論付けた。

      ◇瀉血の際に使用した棒(患者の手に握らせる杖)が原型とする説。

      ◇1815年のワーテルローの戦いで、フランス国旗を巻き付けた棒が野戦病院に立てられたのが起源とする説。


      【名前知ってた?理髪店の前にあるアレ!】の続きを読む


      イタリアワインは、イタリアで生産されるワインである。 イタリアは温暖な気候に恵まれており、古代ギリシア語で「ワインの大地(エノトリーア・テルス/Enotoria Tellus)」と呼ばれている。(イタリア半島最初入植者が古代ギリシア人だったため) イタリア
      36キロバイト (941 語) - 2021年7月2日 (金) 04:50


      イタリア大使館とイタリア貿易振興会が2007年(平成19年)に制定。

      日付は第二次世界大戦終結後に行なわれた共和制移行を問う国民投票の結果を受けて、1946年(昭和21年)に国王ウンベルト2世が退位し、イタリア共和国が建国された記念すべき日であることから。

      美味しいイタリアワインの認知度を高め、そのニーズを掘り起こすことが目的。

      記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

      この日は、イタリアでは「共和国建国記念日」として祝日となっており、ローマでは祝典とそれに続く軍隊による盛大なパレードや音楽会などが開催される。

      イタリアワインについて イタリアワインは、イタリアで生産されたワインのことである。

      イタリアは温暖な気候に恵まれており、20州全てで赤・白・ロゼ・スパークリングのワインが生産され、それぞれの州で特徴のあるワインが作られている。

      生産規模はフランスとほぼ互角であり、ワインの生産量・海外輸出量において一位二位の争いを繰り広げている。

      イタリアワインの輸入・販売を行う日欧商事株式会社では、この日に合わせてイタリアの白ワインを解禁したり、「イタリアワイン・デー」祭を開催するなど、イタリアワインをPRするイベントを行っている。

      【今日6月2日は『イタリアワインの日』】の続きを読む

      👉与田さんのキャッチフレーズ

      〝ちっちゃいけど、色気はあるとよ〞も印象的!

      😁「いや、逆に色気がないねって言われることが多かったので、もはやネタなんですけど(笑)。色気……いつかは!

      与田 祐希(よだ ゆうき、2000年〈平成12年〉5月5日 - )は、日本のアイドル、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバー、『MAQUIA』、『bis』のレギュラーモデルである。福岡県福岡市出身。身長153 cm。血液型はO型。
      53キロバイト (7,163 語) - 2022年5月10日 (火) 09:55


      与田 祐希(よだ ゆうき、2000年〈平成12年〉5月5日 - )
      日本のアイドル、ファッションモデル
      女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバー
      『MAQUIA』、『bis』のレギュラーモデル。
      福岡県福岡市出身。
      身長  153 cm。    
      血液型  O型。

      👉嗜好

      好きな食べ物は焼き芋、もつ鍋、ケーキ、とんこつラーメン、お肉、フルーツ、クレープ、焼き鳥、おつまみ系、ジャガイモ、ブルーベリーヨーグルトスムージー。

      嫌いな食べ物は牛乳、キノコ類。

      好きな色は赤、ピンク系。 
      クリスマスカラーの赤と緑の組み合わせが好。

      好きな季節は秋。 
      理由は、暑いのと寒いのが苦手で、花粉症であるから。
      なお花粉症は幼稚園に通っていた2歳から3歳ころに発症して、小学生のころには目が痒過ぎて血が出る程だったとのこと。 

      好きな数字は9。
      好きな曲は井上苑子「夢」。
      好きな本は『LARME』。
      好きな映画は『世界の中心で、愛をさけぶ』。
      好きなファッションブランドはdazzlin、Supreme La. La.、yohji yamamoto。
      好きな言葉は「自分がされて嫌なことは人にもしない」。
      好きなテレビ番組は『乃木坂工事中』、『ミュージックステーション』。
      テンションが上がるのは絶叫マシーンに乗ったとき。
      【【画像】魅惑の『与田祐希』ドット・コム】の続きを読む


      一般的に「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」と言われるように、魚料理と赤ワインは相性が良くないとされる。

      個人の好みもあり一概には言えないが、これには科学的な理由が存在する。

      まず、赤ワインの特徴として渋みが強いことが挙げられるが、これは植物に由来する「タンニン(tannin)」という渋み成分が多く含まれるためである。

      タンニンはポリフェノールの一種で、特に赤ワインを醸造する時にブドウの皮や種、茎を長い時間漬け込むことで生成される。

      また、樽に使用されることが多いオーク材はタンニンを豊富に含み、ワインをこの樽で熟成させる間にもタンニンが増加する。

      鯛やヒラメのように淡い白身の魚にタンニンが多く渋い赤ワインを合わせると、ワインの味が勝ってしまい、魚の味が分かりにくくなる。

      また、ワインと魚料理には生臭くなる組み合わせがあることが研究結果により分かっている。

      それは赤ワインの鉄分と魚の不飽和脂肪酸が混ざった時で、生臭さの原因となる「ヘプタジエナール(heptadienal)」という物質が発生する。

      ワインの中の鉄分が魚の脂質の酸化を促進し、生臭い成分を発生させるというわけである。

      このように魚料理と赤ワインは相性が良くないと言われるのは、赤ワインには渋み成分が多いことと、魚と合わせて食べる際に生臭い成分が発生するためである。

      これらの理由から、渋みや鉄分の少ないワインを合わせることで、魚料理は美味しく食べられるとも言える。


      【魚料理に赤ワインは合わない・何故?】の続きを読む

      このページのトップヘ