知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:違い


      「レバニラ炒め」とは、レバーとニラを炒め、塩や醤油などで味付けをした中華料理である。
      この料理は「ニラレバ炒め」とも呼ばれる。
      近年では一般的に「レバニラ」と呼ばれることが多いようだが、本来は「ニラレバ」が正しい呼び方だという情報がある。
      この料理は中国から入って来たもので、漢字では「韮菜炒牛肝」や「韮菜猪肝」のような表記になる。

      「韮菜」はニラを、「牛肝」や「猪肝」はレバーを意味する。つまり、中国語では「ニラ→レバー」の順であり、中国から日本に伝わった時点では「ニラレバ」の方が順序としては正しいと言える。
      その後、日本では「レバニラ」とも呼ばれるようになるが、これは赤塚不二夫(あかつか ふじお、1935~2008年)のギャグ漫画『天才バカボン』の影響によるものだという説がある。

      『天才バカボン』の初出は、1967年(昭和42年)発行の『週刊少年マガジン』であり、その後、1971年(昭和46年)にテレビアニメ化がされた。
      バカボンのパパは「レバニラ炒め」が好物であり、その当時は「ニラレバ炒め」と呼ばれていた料理を、作品の中で「レバニラ炒め」と何度も呼んでいる。

      例えば、アニメ放送のタイトルに「ごちそうはレバニライタメなのだ」があり、その他にもバカボンのパパの台詞として、「レバニライタメ知らないとはお前それでも日本人なのか?」などがある。
      そして、当時の若者を中心として「レバニラ」の呼び方が広まっていったとされる。

      現在ではGoogleの検索エンジンで「レバニラ」と「ニラレバ」をそれぞれ検索してみると、「レバニラ」の方が多くヒットする。
      また、中華料理チェーン「餃子の王将」では「ニラレバ炒め」、「大阪王将」では「レバニラ炒め」というメニュー名になっており、店によってもその呼び方は異なる。

      その他、フリー百科事典「Wikipedia」ではタイトルが「レバニラ炒め」となっており、「コトバンク」では「レバ韮炒め」が主なタイトルとなっている。
      このように「レバニラ」と「ニラレバ」に料理としての違いはないが、その呼び方が「ニラレバ」から「レバニラ」に変化してきたという歴史がある。



      【【バックナンバー】「レバニラ」と「ニラレバ」の違いは?】の続きを読む


      》》》》》見かけと価格はうらはら!

      「あれ、どっちがお得なんだろう?」

      世の中、値上げラッシュの時代です。お菓子業界もその例外ではなく同じパッケージに見えても中身の量がどんどん変わっていきます。ステルス値上げ横行のせいで経済学のプロでもうっかり買い物で間違えてしまう、気を抜けない時代がやってきました。

      【関連記事】鈴木貴博氏連載『得する経済学』バックナンバー


      ■パッケージは様々

      でん六

      さて、子どもの頃から食べていたお菓子って、還暦すぎた今でもちょくちょく食べたくなるんです。昔ながらの準チョコレート菓子のピーナッツチョコは東京ではでん六、正栄、第一製菓の3社のものが多いですね。味はそれほど変わらないはずなのになぜか私はでん六ピーナッツチョコが大好き。

      そのでん六ですが、自社パッケージになっているものと、コンビニスーパーのPB商品として売られているものがあります。そしてひとつひとつのパッケージがそれぞれ微妙に大きさが違います


      関連記事:イオン「ブラックフライデーめんたいこ」にパッケージ詐欺疑惑 確かめてみると…

      ■普段は「イオン」で買っているのだが…

      私の場合の買い方です。普段何も考えないときにはイオン系列のスーパーで売っているトップバリュピーナッツチョコを買います。1パック90円(税抜、以下同)ですが、スーパーのPB商品なのでなんか一番安い気がするというのが理由です。

      懐具合に余裕があるときはセブンイレブン100円のPB商品セブンプレミアムを買うときもあります。経済評論家は先入観で、「コンビニで買うのは割高だ」と思っているので、普段から買い物の際には厳しい目で見るのです。

      でもこのふたつの商品、重さが微妙に違いますイオンのは72g入りで、セブンのは75g入り。なぜ大きさが違うのか? 理由があります。人間は細かい計算が苦手で、計算しないで直観的に買い物するのです。


      ■計算してみたら…正しかった

      これは行動経済学で「ヒューリスティック」と呼ぶ経済行動で、人間は必ずしも正しい答えではないが、経験や先入観によって直感的に「まあ正しいだろう」というものを選ぶ傾向があるのです。

      私がセブンで買わずにイオンで買うのは「まあ直観的にそっちの方が安いだろう」と思っての行動です。で、厳密に計算してみるとわかるのですがたいがいのケースではその判断が正しい。100gあたりの価格に直してみるとイオン125円でセブン133円ですから、やっぱりスーパーの方がコンビニよりは安かった。


      ■でも計算してみると…安くないことが!

      で、ある日こんなことがありました。激安で知られる業務スーパーでん六ピーナッツチョコが78円で売っていたのです。私の中のヒューリスティックが「買え!買え!」と叫んでいます。で、すぐに手にとってレジで支払ったのですが、手に持った感触でちょっと軽い気がしました。

      パッケージを見ると「エコノミーパック」と書いています。日本語に直すと経済的(?)って意味ですが、いったい誰にとっての経済的なのか? じっくり見ると中身が少ないことに気づきます。1パック60g! これはでん六から見て経済的なパッケージになっている!簡単に言えばステルス値上げと同じです。

      ちゃんと計算してみたら100gあたり130円。これならイオンの90円のパッケージの方が安かった。ヒューリスティックはしばしば間違えるので、人間、こういったミスが多いのです。


      ■「一番高く見えるパッケージ」が一番安かった

      その後こんなことがありました。東京・吉祥寺のロヂャースででん六チョコが154円だったのを見て、「これは安くないなあ」と私のヒューリスティックが心の中で叫んだのですが、実はこの通常パッケージ128g入り。ちゃんと計算したら100gあたり120円とこの高そうな袋が実は一番安かった! 人間の直観はこうして毎回間違えるものなのです。

      こういった失敗を避けるにはこの記事でやったように毎回スマホの電卓をたたくといいのですが、それって面倒くさいですね。商品パッケージによって内容量がさまざまなのは実に困ったものです。

      Sirabeeでは、経済評論家で戦略コンサルタントでもある鈴木貴博(すずきたかひろ)さんの連載コラム【得する経済学】を公開しています。街角で見かけるお得な商品が「なぜお得なのか?」を毎回経済理論で解説する連載です。

      今週は「でん六」の定番チョコを題材に“お得なパッケージの見分け方”をお話しします。

      ・合わせて読みたい→元パティシエ「これだけは本当にコンビニ超えた味」 ファミマのお菓子が神すぎる

      (取材・文/Sirabee 編集部・鈴木貴博

      スーパーに潜む「ステルス値上げ」「ステルスお得」商品 その判断基準は…


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【スーパーに潜む同じパッケージに見えても中身の量がどんどん変化してる!】の続きを読む


      実は別物の「バイキング」と「ビュッフェ」 ホテルの朝食で採用されている理由とは
       ホテルやレストランでよく聞く「ビュッフェ」と「バイキング」。「結局どちらも食べ放題でしょ」なんて思っていませんか? 実は明確な違いがあるそうです。
      (出典:Hint-Pot)


      🤔実は別物の「バイキング」と「ビュッフェ」
      👉ビュッフェとバイキングは形式が違う! 
      ★ビュッフェは、セルフサービス形式の食事です。本来は好きなものを自由に取り、取った分だけの支払いをする仕組みのことで、食べ放題とは限りません。
      ★バイキングは、食べ放題サービスの食事形式を指し、料理の提供形式は定められていません。

      ■ホテルの朝食にビュッフェやバイキングが多い理由とは? 
      ホテルの朝食でビュッフェやバイキングスタイルが多い理由の一つに、人件費の削減があるといわれています。
      一度にまとまった量を調理することで調理にかかる時間を減らすことができ、さらに食事の提供をセルフサービスにすることでお客様に配膳する人員の確保も不要になるためです。 
      他にも、朝食がビュッフェスタイルなら、朝に時間がないお客様も自分で時間をコントロールできることが理由の一つとして挙げられます。



      【実は別物の「バイキング」と「ビュッフェ」 ホテルの朝食で採用されている理由とは?】の続きを読む


      『舞いあがれ!』と『ちむどんどん』の決定的な違いは 黒島結菜と福原遥の「足と耳」の差
      …とてもまっすぐな朝ドラ『舞いあがれ!』『舞いあがれ!』はまっすぐな朝ドラである。ヒロイン舞(福原遥)は子供のころから飛行機が好きで、いまはパイロット…
      (出典:堀井憲一郎)


      『舞いあがれ!』と『ちむどんどん』の決定的な違い

      🤔黒島結菜と福原遥の「足と耳」の差 
      👉黒島は「アシガール」で福原は「耳ガール」黒島結菜の役はいつも元気だった。
       2017年に主演したNHKドラマ『アシガール』が印象が強い。
      黒島結菜が『アシガール』だったのに対して、福原遥は『声ガール!』(2018年朝日放送のドラマ主演)だったのがわかりやすく対称的である。 
      黒島と福原の違いはつまり「足」対「声」ということである。 足は身体性の象徴である。足のガールはいつも元気で明るい。 耳は「聞くこと」を象徴している。聞くことはつまり内面に直結している。 耳のガールは内省的で、慎重だ。 
      ここが両者の大きな特徴だろう。そしてそれは『ちむどんどん』と『舞いあがれ!』の違いでもある。

      【『舞いあがれ!』と『ちむどんどん』の決定的な違いは 黒島結菜と福原遥の「足と耳」の差】の続きを読む


      2016年2月28日時点オリジナルよりアーカイブ。2013年7月24日閲覧。 ^ “ウインナー、フランクフルト、ボロニアの違いは何...” (日本語). お問い合わせ | 丸大食品. 2021年10月2日閲覧。 ^ “【ソーセージとウインナーの名前の違い】フランクフルトやボロニアソーセージ!呼び名の違い
      29キロバイト (3,830 語) - 2022年10月28日 (金) 08:30


      ソーセージは、ひき肉に調味などをして、腸などのケーシングに詰めたものの総称です。

      ウインナーは、正式名称がウインナーソーセージで、ソーセージの内の一種であり、羊の腸や直径20mm未満のケーシングに詰めて、加熱したものです。

      ソーセージには他にもフランクフルトソーセージやボロニアソーセージなどいろいろな種類があります。


      👉「ソーセージ」とは、"腸詰め"のこと
      一般的には、塩漬けされた肉を挽き、これを香辛料等によって味付けして腸に詰め、乾燥、または燻製することによって作られます。ソーセージの語源は諸説ありますが、salsus(ラテン語で「塩漬けされた」の意)が語源だという説が有力なようです。

      👉「ウィンナー」は、そのなかの一種
      つまりは「ウィーン風」という意味。正式には「ウィンナーソーセージ」と呼ぶそうです。では、どんなソーセージがあり、どんな違いがあるのでしょう?ここでは、日本農林規格(JAS規格)にはその基準がこう記されています。
      日本農林規格等に関する法律(JAS法)に基づくJAS制度は、食品・農林水産品やこれらの取扱い等の方法などについての規格(JAS)を国が制定するとともに、JASを満たすことを証するマーク(JASマーク)を、当該食品・農林水産品や事業者の広告などに表示できる制度です。 


      【知ってた?ソーセージとウインナーの違い】の続きを読む

      このページのトップヘ