知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:雪


      ガソリンスタンドの屋根は、どうして平ら?🤔
      勾配屋根にして、傾斜をつけたら雨や雪が車上や、路面に落ちて、、。
      と、いう事だろうか?!
      ♦陸屋(フラット)なのは
      👉施設の老朽化により姿を消しているためと、ドーム型キャノピーの建築コストが割高で普及しなかったからです。 
      ガソリンスタンドの利益が圧縮されている現代では、低コストでガソリンスタンドを建築するため、デザインを統一し規格化することで、建築資材の大量調達を可能としています。
       平らなキャノピーなら、部材を組み合わせ短期間で安価に施工可能ですが、ドーム型はワンオフのため、施工期間が長くなり、延べ作業員数も多くなり、どうしても割高になります。
      これでは初期投資の回収期間も長期化し、ガソリンスタンド経営が軌道に乗るまで長期化してしまいます。 
      過去には、丸屋根や丸い事務所、給油場所には屋根が無いなど、さまざまな形態が見られたガソリンスタンドですが、現在では敷地面積に応じてサイズが伸縮しているだけ。
       日本全国どこに行っても変わらなくなってしまった風景は、このガソリンスタンドの画一化にも要因があるのかもしれませんね。

      【『ガソリンスタンドの屋根は、なぜ平ら?』】の続きを読む


      定気法による大寒の瞬間(世界時)と、日本・中国で大寒の日付は表とおり。日本における時刻はこの表9時間後となる。 グレゴリオ暦による17世紀から24世紀までの日大寒は表とおり。 2021年大寒は1月20。[更新] 365から超過分が毎年蓄積し、
      9キロバイト (594 語) - 2020年11月29日 (日) 23:25


      「大寒(だいかん)」は、「二十四節気」の一つで第24番目にあたる。

      現在広まっている定気法では太陽黄経が300度のときで1月20日頃。

      「大寒」の日付は、近年では1月20日または1月21日であり、年によって異なる。2022年(令和4年)は1月20日(木)である。 「大寒」の一つ前の節気は「小寒」(1月5日頃)、一つ後の節気は「立春」(2月4日頃)。「大寒」には期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「立春」前日までである。

      西洋占星術では「大寒」が宝瓶宮(ほうへいきゅう:みずがめ座)の始まりとなる。 「小寒」から「立春」前日の「節分」までの約30日間を「寒(かん)」や「寒中」「寒の内」と呼び、「大寒」はその真ん中にあたり一年で最も寒い時期である。この頃に各地で一年の最低気温が記録されることが多い。

      2021年(令和3年)11月時点で、「日本最低気温の日」は1月25日となっている。

      江戸時代の暦の解説書『こよみ便覧(べんらん)』では「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説明している。ただし、「小寒の氷大寒に解く」という言葉もあり、「小寒」に比べて「大寒」のほうが暖かい場合もある。

      この言葉は物事が必ずしも順序通りにいかないことの例えとして用いられる。

      武道ではこの頃に精神を鍛錬するための「寒稽古」が行われる。また、寒気を利用した食物である凍り豆腐や寒天、酒、味噌などを仕込む時期でもある。

      「大寒」の朝の水は一年間腐らないとされており、容器などに入れて納戸に保管する家庭もある。この他に、この日に産まれた卵は栄養価が高いなどと言われる。

      「大寒」の日付は以下の通り。

      2016年1月21日(木) 2017年1月20日(金) 2018年1月20日(土) 2019年1月20日(日) 2020年1月20日(月) 2021年1月20日(水) 2022年1月20日(木) 「大寒」に由来する記念日として、「甘酒の日」「血栓予防の日」「ぬか床の日」「シマエナガの日」がある。

      【今日1月20日は『大寒の日』】の続きを読む



      秋田犬(あきたいぬ)は、秋田県原産の日本犬の一種。国の天然記念物に指定されている。日本犬種のうち唯一の大型種である。 日本犬の最北系、中北系、南方系の3種のうち、秋田犬は最北系に属する大型である。もとは「大館(おおだていぬ)」と呼ばれていたが、1937年(昭和6年)7月に国の天然記念物に指定
      31キロバイト (4,436 語) - 2021年8月29日 (日) 10:27



      秋田犬の特徴のひとつに、飼い主以外にあまりなつかない性格が挙げられます。

      海外ではワンオーナードッグと呼ばれているんです。

      ただ秋田犬は、異常に雪が好きなのです。



       雪の中、お散歩から帰りたくないワンコの動かない様子が動画でTwitterに投稿され話題になっています。かわいいけど飼い主さんが寒い……!

      【画像:絶対帰りたくない秋田犬】

       吹雪の中で座りこんじゃったワンコ秋田犬の「津軽 秀丸(つがる ひでまる)」(通称:まる)くん。3歳の男の子です。まるくんは、暑いのは嫌いですが、寒いのは大好き! 雪の中でもずんずんお散歩に出掛けてしまいます。そして案の定、帰宅を拒否。まだまだお散歩していたいまるくんです。

       座りこんでしまったまるくん、飼い主さんがリードを引っ張っても断固として動きません。厚く積もった雪の上、さらに吹雪という状況ですが、むしろそれが良いとばかりの帰宅拒絶っぷり。

       飼い主さんが強くリードを引っ張り前足が一歩進むものの、さらに力んでしまうまるくん。後ろに広がる景色は白く覆われ、非常に寒いことが画面からも伝わってきます。モフモフに覆われたまるくんはまだ余裕があるようですが、飼い主さんはそろそろ限界かも……。

       リプライ欄や引用リツイートでは「雪の申し子」「かわいすぎる」「最高」といった声が寄せられました。まるくんの「ぐぬぬ」と踏ん張る表情は、とってもかわいいものですが、飼い主さんのためにもおうちに帰ってもらわないと困っちゃいますね。 

       まるくんは雪吹きすさぶ中でもおおはしゃぎしてしまうワンコ。冬のこの時期は、そんなまるくんの雪とたわむれる様子がたくさん見られます。もちろん雪がなくてもお散歩大好きなまるくん、いつもご機嫌でお散歩している姿は癒やされるばかりです。

       そんなまるくんの日々の様子は飼い主さんのTwitterアカウント秋田犬のまる」で見ることができますよ。

      画像提供:秋田犬のまる(@tsugaruhidemaru)さん

      吹雪の中の帰宅拒否


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【【秋田犬】雪、大好き、ワンだふる!】の続きを読む


      冬といえば?たくさん思い浮かべて!
      3人位で、せーの!
      皆、一致するまで!
      スタート!

      NO.7087743
      冬と言えば

      何?
      コタツ

      【冬と言えば?】の続きを読む




      ★ニワトリの鳴き声は日本人に聞こえるのは
      コケーコッコ!あたりかな。
      ところが、国が変われば鳴き声も違って聞こえてくるらしい!

      ★アメリカ(英語)⇒クックアドゥールドゥ
      ★フランス(フランス語)⇒コックェリコ
      ★中華人民共和国(中国語)⇒コーコーケー
      ★ロシア(キルリ語)⇒クカレクー
      ★スペイン(スペイン語)⇒クィクィリクィ
      ★インド(ヒンドスターニ語)⇒クックローロー
      ★ドイツ(ドイツ語)⇒キッキレキ
      ★イタリア(イタリア語)⇒ココリコ(キッキリキ)
      ★バルタン星(バルタン語)⇒クゥオーホッホ(ブォーホッホッホー)

      ニワトリの防寒対策 | 水鳥や雉類の飼い方や知識
      https://www.check-m.com/pet/yamatogunkei1230


      足元寒い!でも人間と一緒だから、へっちゃら🐔

      カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

       「3歩歩けば忘れる」とまで言われているニワトリだが、実際にはまったくそんなことはない。それどころか知恵と工夫ができるだけの賢さを持っている。

       この2羽のニワトリは冷たい雪の上を歩くのが嫌だったようで、飼い主のブーツの上に乗りながら移動することを学習しちゃったらしいんだ。

      【画像】 冷たいやろがい!ならこうすればええやん

      Chickens Hitch a Ride on Owner's Feet to Stay Out of Washington Snow

       アメリカワシントン州クリントンの郊外で暮らすサラ・ミシェル・ルドゥーさんは、飼育している6羽のニワトリを外で遊ばせようと雪の中に出した。

       趾(あしゆび)感じる雪のひんやり感に驚いたのか、ニワトリたちは一瞬石化したかのように動きが止まったという。

       その後4羽のニワトリは石化が解け、動き回って雪を楽しむようになったそうだが、茶色のバターナッツカボチャはどうしても嫌だったようだ。

       そこで見つけた雪のない場所。それはサラさんの夫のブーツである。

      1

       2羽はブーツの上に乗ったまま、「寒いからはよ、小屋に戻せや」とばかりに、ブーツを移動手段として使い始めたようだ。

       そうして2羽は雪を踏むことなく暖かい小屋に戻ることに成功。これにはサラさん夫妻もびっくりしたという。

       ニワトリの中にも人間同様、雪が好きなタイプと嫌いなタイプが存在するようだが、嫌いなものを回避するための方法を考え付く能力も人間同様なのかもしれない。

       
      画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

      雪は冷たくてあかん。人間の靴の上に乗り移動する方法を覚えたニワトリ


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【ニワトリは雪が苦手?人の靴の上に乗り移動すること覚えた!】の続きを読む

      このページのトップヘ