知☆得!納得!ネタ祭り

当サイトは「今日は何の日」のご紹介を日課にし、ニュース、お笑いネタ、その他ワクワクする情報をTwitter機能からまとめてみました。

      タグ:NHK



      NHK受信料》》》》》》賛否両論

      テレビ放送をめぐる環境は、インターネットの普及によって、大きな変化が起きている。NHKプラスTVerといった、放送番組のネット同時配信やアーカイブ配信も普及してきた。

      今後、若い人たちを中心に、テレビ受信機で放送番組を見ない人が増える可能性も高く、テレビを置く人に受信契約を義務付けているNHKの受信料をどうするのか、ということも論点になりそうだ。

      自宅にテレビを置いていても、「ほとんど見ないから払わない」という主張もかねてからあるが、現状の受信料制度のもとで、受信料を支払わなかったらどうなるのだろうか。あらためてまとめてみた。

      最高裁判決で受信料制度は合憲に

      NHKのホームページによると、2020年度末時点で、テレビ普及世帯が4650万件、受信契約対象世帯数(テレビ普及世帯数からテレビ故障等世帯数を引いた数)が4610万件、世帯契約数(受信契約数から事業所契約数を差し引いたもの)が3811万件、世帯支払数が3703万件となっている。

      これらのデータからNHKが推計した世帯支払率は、世帯支払数÷受信契約対象世帯数より、80.3%だった。すなわち、テレビを所有している世帯の約2割が、未契約も含めて、受信料を支払っていないということになる。受信契約対象であるにもかかわらず契約をしていない世帯は799万件にのぼる。

      NHKの受信契約は、放送法64条1項によって義務付けられている。2017年テレビを置く人に受信契約を義務付けた放送法の規定は合憲であると最高裁で判断されている。

      また、過去の判例では、ワンセグ放送を受信できるカーナビ携帯電話についても「協会の放送を受信することのできる受信設備」に当たるとされ、すでに世帯契約をしている場合を除き、受信契約の対象となっている。

      NHKがうつらないテレビを所有していたとしても、契約義務があるとする最高裁判決が2021年に出されている。

      ●支払督促申立ては11,534件

      では、契約義務がある、ということで、NHK側が契約を申し込んだ時点で自動的に受信契約が成立するかというと、そうではない。

      テレビを持っているのに契約を拒む人に対しては、NHKが個別に裁判を起こし、裁判所が契約の承諾を命じる必要がある。また、受信料を払っていなかった場合でも、罰則は科されない。

      契約しているにもかかわらず、受信料を滞納していた場合は、 NHKが支払い督促を申し立てると、裁判所から滞納者に督促状が届く。滞納者が2週間以内に異議申し立てをしなければ、裁判所による賃金などの差し押さえが可能となる。異議申し立てを行えば、通常の民事訴訟に移行する。

      NHKは、滞納者に対してはまずは訪問や文書によって支払いを促し、支払い督促は「最後の手段」だとしているが、2022年3月末時点での支払督促申立て総件数は11,534件にのぼっている。

      ●「ネット受信料」に総務省は否定的

      ネット配信なども広まっていく中で、受信契約のあり方はどう変わっていくのだろうか。

      NHKは、テレビを持っていない人や日常的に使用していない約3000人を対象に、専用のアプリやサイトを通じてサービスを提供する実証実験を4月22日から始めている。

      この取り組みに関連して、4月8日の総務大臣会見で、記者から「ネット受信料徴収につながるのではないか」という質問が出た。

      これに対して、金子総務相は「幅広く国民・視聴者の皆様からの御理解を得る必要があり、総務省としては、テレビを設置していない方を新たに受信料の対象とすることは、現時点で考えておりません」とコメントしている。

      確かに、ネット受信料を徴収するとなると、大きな反発が出るのは間違いない。一方で、既存のテレビ放送を想定した受信料制度だと、視聴環境の変化とのズレが生じる可能性もある。最高裁判決で受信料の制度が合憲となったとはいえ、環境変化に対する受信料の「あるべき姿」にたどり着くのは簡単ではないだろう。

      NHK受信料、払わなかったらどうなる? 突っぱね続けたら何が届く?


      (出典 news.nicovideo.jp)

      【NHK受信料、払わなかったらどうなる? 】の続きを読む


      姫野美南 (カテゴリ アナウンサーのスタブ項目)
      福岡放送局時代(2022年度 - ) #てれふく「大追跡!バリサーチ」(2022年4月15日・福岡県域) - MC 浅田春奈(秋田→名古屋) 荒木さくら(沖縄) 飯尾夏帆(大分) 神谷一鷹(宮崎) 川口由梨香(長野) 柴田拡正(富山) 島田莉生(山口) 園田遼斗(青森) 武田健太(長崎→福島) 藤原陸遊(松江→徳島)
      9キロバイト (823 語) - 2022年4月21日 (木) 12:43


      ♦飯尾夏帆アナ
      2019年に初任地としてNHK大分放送局に赴任。
      早くも大分ではトップクラスの人気を獲得しているようです。
      ◆プロフィール
      ♢名前:飯尾 夏帆(いいお かほ)
      ♢生年月日: 1996年5月2日 (年齢 25歳)
      ♢血液型∶O型
      ♢出身地:愛媛県新居浜市
      ♢最終学歴:岡山大学文学部
      ♢勤務局:NHK大分放送局
      ♢活動期間:2019年
      ♢特技
      競技ダンス
      ♢趣味
      ピアノ、書道、
      ♢テニス(軟式も硬式もできます)
      ♢モットー
      自分に厳しく 他人に優しく
      ◆アナウンススクールを受講
      飯尾夏帆アナは大学在学中、フジテレビが主催するアナウンススクール、「アナトレ」を受講されていました。
      NHKに同期で入局されている姫野美南アナ、宮本真智アナ、浅田春奈アナ、川口由梨香アナも同時期にアナトレを受講されています。

       


       

      【人気の女子アナ『飯尾夏帆』NHK大分放送】の続きを読む


      ✨ご出演おめでとうございます!
      5月、若い世代の声を聴き、スペシャルな放送で届けるプロジェクト
      【君の声が聴きたい】

      2020年のユニセフの調査で、日本の子ども・若者の「精神的幸福度」が先進38か国中、37位という結果となりました。
      もしも若い世代のみなさんが本当に幸せを感じられていないとしたら、それはどうしてでしょうか?
      そして、幸せを感じるためには何が必要でしょうか?
      このプロジェクトは、子どもや若者の声を特設サイトや1万人を対象にしたアンケート、取材により広く集め、その声に徹底的に耳を傾け、子どもや若者の幸せについて考えます。

      5月6日、7日の2日間は夜のゴールデン・プライムタイムを大型特別編成。若い世代に声を届けてもらい、笑顔になってもらうための仕掛けをたくさん用意しました。さらに、その後8日から14日の1週間にわたってさまざまな定時番組が、その声に向き合い番組を制作します。

      子どもたちや若者を笑顔にするためのヒントは彼ら自身の言葉の中にきっとあります。そして、大人はその言葉の価値に気づいてほしい。まっすぐな目で世の中を捉える彼らの言葉には、より幸せな社会を創るためのヒントも必ずあります。

      子どもには笑顔、大人には気づきが、あふれる9日間を目指します。
      「君の声が聴きたい」2Days

      キャプテン
      内村光良


      メンバー
      岡村隆史


      メンバー
      上白石萌音


      メンバー
      滝沢カレン


      メンバー
      神尾楓珠


      メンバー
      チョコレートプラネット
      松尾 駿、長田庄平


      メンバー
      和久田麻由子


      【【上白石萌音】大喜び「LIFE!」出演】の続きを読む


      放送記念日(ほうそうきねんび)とは、NHKが1943年(昭和18年)に制定した記念日。3月22。 NHKラジオ第1放送が、1925年(大正14年)3月22に東京都港区芝浦の仮送信所でラジオの仮放送を開始したことを記念して制定された(当時の様子はラジオを参照のこと)。 NHKではこの
      2キロバイト (245 語) - 2022年2月24日 (木) 04:35


      1943年(昭和18年)に日本放送協会(NHK)が制定。

      1925年(大正14年)3月22日、社団法人・東京放送局(現:NHK東京放送局)が日本初のラジオ仮放送を開始した。

      東京・芝浦の東京高等工芸学校に仮スタジオを設け、午前9時30分、京田武男アナウンサーの「アー、アー、アー、聞こえますか。

      JOAK、JOAK、こちらは東京放送であります。こんにち只今より放送を開始致します」という第一声が放送された。

      「JOAK」は、東京放送局のコールサイン(呼び出し符号)で、無線局を識別するための符号である。 

      元々は3月1日に放送を開始する予定だったが、購入予定の日本にたった1台しかない放送用送信機が、同じく設立準備中の大阪放送局に買い取られてしまった。

      そこで東京放送局は、東京電気研究所の送信機を借り放送用に改造して使用することにしたが、2月26日の逓信省(後の郵政省)の検査で「放送設備は未完成のため3月1日からの放送はできない」と判断されてしまった。

      既に3月1日から放送を開始すると報じており、また、大阪放送局よりも先に日本初のラジオ放送を行いたいということで、「試験放送」という形で逓信省の許可を受け、なんとか3月1日から放送を開始することができた。

      3月22日には逓信省から正式に免許を受けて仮放送を開始し、7月12日に愛宕山の放送局から本放送が開始された。大阪放送局はその年の6月1日から仮放送を開始した

      【今日3月22日は『放送記念日』】の続きを読む


      NHK朝ドラヒロインは、ほとんどが若い女性の半生記という朝ドラで、男性が主人公となった作品は幾つあるかご存知ですか?

      正解は10作。

      意外に多いですね?
      実は、第1作の『娘と私』(1961年)からして、男性が主人公(演じたのは、北沢彪)。

      その他は、第3作『あかつき』(1963年/主演・佐分利信)、第5作『たまゆら』(1965年/笠智衆)、第7作『旅路』(1967年/横内正)、第32作『ロマンス』(1984年/榎木孝明)、第33作『心はいつもラムネ色』(1984年/新藤栄作)、第35作『いちばん太鼓』(1985年/岡野進一郎)、第44作『凛凛と』(1990年/田中実)、第53作『走らんか!』(1995年/三国一夫)、『マッサン』(玉山鉄二)、そして記憶に新しい第102作『エール』(2020年/窪田正孝)です。

      こう見ると、どうやら1980年代中頃、朝ドラに「男性主人公ブーム」が訪れたようですが、90年以降は30年間で4作と圧倒的に女性優位。

      窪田正孝が制作発表会見で「僕は女性に間違えられているんじゃないかと思いました」と冗談まじりに発言するほどですからね。

      では、どうして女性ばかりが主演が多いのでしょうか?

      8時台には主婦層の視聴者が多く、昔は民放でも婦人ニュースやPOLA連続小説(再放送)がオンエアされておりました。

      戦後つよく逞しくなった女性をテーマにしてドラマをつくり、主婦が感情移入し視聴していたのではないでしょうか?

      男性が主人公の番組もいくつか有りますが、女性の比ではありません。

      もしかしたら、民放と視聴率を競っていた(?)時代の名残かもしれません?

      【なぜ?『NHK朝ドラヒロイン女性ばかり!』】の続きを読む

      このページのトップヘ